埃及マカリイ全書


目次編集

こくしょうなるエギペトマカリイの伝 / 1p

聖マカリイの著書 / 26p

・ 講話

第一講話 預言者イエゼキリがしるせる現象のかい。 / 31p
第二講話 あんこくすなはち罪の国の事、及び神は独り我等より罪を除きて、我等をあくおうの奴隷たるよりすくる事。 / 44p
第三講話 けいていせいちょくわへいとによりたがいに誠実をもつて生存して内部の思念と戦ふべし。 / 49p
第四講話 「ハリステアニン」たる者は神と天使等より天のしょうさんをうけんとせばきんしんきんべんとをもつこのしんこうせざるべからず。 / 54p
第五講話 「ハリステアニン」とこのの人々との間の差異はおおいなりいつしんおのれにゆうし、心においても智においても地上のかいけいしばらるれど、いつてんあいこいねがひ、ひとり彼をもつそのことごとくの願望のしょきす。 / 77p
第六講話 神によろこばれんとほつする者は平安、沈黙、温柔及びえいもつて祈祷を行ふべし、こうせいに祈祷して衆人の誘惑とならざらん為なり。の講話には二問題をむ、すなはちほうえいかんは物質的製造なるか、イズライリの十二位とはいかなるものなるかとの二問題是なり。 / 101p
第七講話 ハリストス人に寛容なる事。此講話にもそこばくの問答を含む。 / 107p
第八講話 「ハリステアニン」は祈祷を行ふ時如何なるべきか、完全の程度、すなはち「ハリステアニン」は完全なる程度に達し得べきか。 / 112p
第九講話 神の約束と預言とは種々の試練と誘惑の時に応験する事及び独一の神に服従する者は悪者の誘惑より救はるる事。/117p
第十講話 神の恩籠のたまものは謙遜と熱心とをもつて守られて増殖すべく、高慢と怠惰とによりうしなはるべし。 / 126p
第十一講話 せいしんちからじんしんおいて火に似たる事、また心に生ずる思念を区別するが為に必要を有する者の事、モイセイがじゅとうくぎしてハリストスのしょうとなせるしじゃの事。此講話にはふたつの問答を含むいつはハリストスと悪なるサタナとの問答にして、いつは罪人とサタナとの問答なり。 / 130p
第十二講話 アダムがしんかいおかしゝ以前の情況、及びそののち彼は自己のけいぞうをも天に属するけいぞうをもうしなひし事。此講話にはもっとも有益なる問答そこばくを含有す。 / 142p
第十三講話 神は「ハリステアニン」よりいかなる結果を要求するか。 / 156p
第十四講話 おもひとを神にささぐる者は心の目をてらされんとののぞみと、神がかくごとき者等を聖徳と大なる清潔とにより機密に進ましめて、これにその恩寵を分与し給はんことの望みによりこれす事、又或る天の幸福をうけんを願ふ所の我等はなにさんを要する事、つひに使徒及び予言者等は窓に入る太陽の光線に似たる事。かつ此講話はサタナの地と天使の地の如何なるものなるかを教ふ、すなはち二者はるるあたはざるもの、又見るべからざるものなることを教ふるなり。 / 157p
第十五講話 此講話にはいかんせば霊魂が成聖とむてんと清潔とをもつその新郎の前にすなはちイイススハリストスの前に居るべきかといふに関する詳細なる教旨を包含す、また或るもっとも教訓となるべき若干の問題を含有す、たとへば復活においことごとくの肢体はおこるかといふに関する問題、及び他の多くの問題、すなはち悪の事、恩寵の事、自由なる任意の事及び人間の価値に関する問題是なり。 / 163p
第十六講話 しんに属する人々も原罪よりながるるわくかんなんとにぞくする事。 / 203p
第十七講話 「ハリステアニン」のれいしんてきふこうと光栄の事、ハリストスなくんばすくはれてえいせいあづかる者となるあたはざる事。 / 214p
第十八講話 「ハリステアニン」の宝の事、即種々なる方法をもて「ハリステアニン」を完全に達せしむるハリストスの事、及び聖神の事。 / 225p
第十九講話 おほいに進歩して成長せんと欲する「ハリステアニン」は己をすべてぜんふべし、その在るところの罪より救はれてせいしんてられんためなり。 / 233p
第二十講話 内部の人のしんたるハリストスはひとたましひいやし、恩寵の衣をもつてこれを飾るを得るなり。 / 241p
第二十一講話 「ハリステアニン」にはようたたかひあり、すなはち内部と外部のたたかひありて、外部なる者は世のうつさんより己を遠ざくるにあり、されど内部のたたかひは凶悪の諸神をもつやみれらるるねんと心中においたたかふにあり。 / 246p
第二十二講話 此の生命を去る者のようの状態。 / 250p
第二十三講話 高価なる王の真珠はおうしゅよりうまれたる者のみいただくをる如く、天の真珠も神の子にのみいただかしむるをべし。 / 251p
第二十四講話 「ハリステアニン」の状態は売買とはっこうに似たるあり、しょうは地上の利益をあつむる如く、「ハリステアニン」も此世に散乱したる思念を集めん。またはっこうはすべての混合物をさんあるものとする如く、罪なる醗酵もアダムの全族にとほる、しかれどもハリストスは天に属する恩寵の醗酵をとくしんなる霊魂に入るるなり。 / 253p
第二十五講話 此講話はハリストスをもつて固められんずんばいちにんあくしゃいざなひべからざるを教へ、神聖なる光栄を願ふ者の為すべき所を示す、またアダムのかいにより肉慾の奴隷に陥りし我等は洗礼の機密をもつすくはるべきを教へ、つひに涙と神聖なる火の力のだいなるを示す。 / 258p
第二十六講話 不死なる霊魂の価値、貴重、能力及び作用の事、彼がサタナに試みられ誘惑より救はるる事。此講話にはもっとも教訓となるべきそこばくの問答を添へたり。 / 267p
第二十七講話 此講話は「ハリステアニン」たる人の価値と位置とにつきてときはじめたる詳細の論説をふるなり、此講話は自由なる望に関して多くのもっとも有益なることを教へてこれに神聖なる智慧をみちみてるそこばくの問題を添ふ。 / 286p
第二十八講話 此講話においては霊魂の不幸を説きあらはしてこれをこくす、すなはち罪の故に主が霊魂にらざること是なり、またおんなむ所の者のうち彼よりだいなるものあらずといはれたるじゅせんイオアンの事を言ふ。 / 305p
第二十九講話 神は人間に恩寵の分配を成すにようの方法をもつてして、義なる審判において結果を促す。 / 310p
第三十講話 霊魂は神の国に入らんにはせいしんによりてうまれざるべからずして、其状態は如何なるか。 / 316p
第三十一講話 信者は己の智を変化しことごとくのおもいを神に集中せんを要す、神に対するすべてのつとめは実にこれにあり。 / 324p
第三十二講話 「ハリステアニン」の光栄は今はそのたましひにあり、されど復活の時には恩寵の量に準じ外にあらはれて身体を表揚せん。 / 329p
第三十三講話 不断熱心に神に祈るべし。 / 338p
第三十四講話 復活に於て「ハリステアニン」の身体が霊魂と共に照されて受くる所の光栄の事。 / 341p
第三十五講話 旧「スボタ」と新「スボタ」の事。 / 344p
第三十六講話 霊魂と身体とようの復活及び復活せし者の光栄の不同なる事。 / 346p
第三十七講話 楽園の事及び神的律法の事。 / 348p
第三十八講話 真の「ハリステアニン」と真の「ハリステアニン」の如何なるとを試み知らんには我等に多くの注意とりょうかいとを要す。 / 357p
第三十九講話 神が我等に神聖なる書を与へたるは何の為か。 / 361p
第四十講話 すべてのとくこうも又すべてのあくこうたがひに関連することたまきくさりける如くして、いつかかる事。 / 362p
第四十一講話 恩寵にも又悪習にもぜんぜん生長するたましひおくそこはなはふかし。 / 367p
第四十二講話 人を完全にみちびきあるひはこれをそこなふ者は外部に属するものにあらずして、内部に属するものなり、すなはちあるひは恩寵のしんなりあるひは凶悪のしんなり。 / 369p
第四十三講話 「ハリステアニン」たる人の進歩とその進歩のすべての力とは心に関係するを種々に描写す。 / 372p
第四十四講話 心のよくやまひとをりょうするハリストスは「ハリステアニン」たる人に如何なる変化革新を成し給ふか。 / 379p
第四十五講話 人をいやすをるはる芸術にあらず、又此世の富にも非ずして、ただハリストスのきたることこれなり。此講話においては人と神との最大関係を示す。 / 387p
第四十六講話 かみことばことばと神の子とこのの子とのあひだの差別。 / 393p
第四十七講話 ほうにありし事のかい。 / 398p
第四十八講話 神における完全なる信仰。 / 409p
第四十九講話 人もし他の世の福楽にあづかるを得ずんば此世の快楽を辞する充分の理由あらず。 / 414p
第五十講話 神はその諸聖人においせきおこなふ。 / 418p
こくしょうなる我等が父エギペトマカリイのしょかん / 423p

・ 説教

第一説教 心を守る事。 / 459p
第二説教 霊神上の完全。 / 480p
第三説教 祈祷の事。 / 493p
第四説教 忍耐と細心。 / 507p
第五説教 智を高尚にする事。 / 533p
第六説教 愛の事。 / 553p
第七説教 智の自由の事。 / 585p - 619p

出典編集

克肖なる神父埃及マカリイ全書 国立国会図書館 デジタルコレクション
この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:
 

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:
 

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。