作者:森鷗外

作者:森鴎外から転送)
作者索引: も 森鷗外
(1862年2月17日(文久2年1月19日) - 1922年(大正11年)7月9日)
森鷗外(もり おうがい)は、明治・大正期の小説家。東京大学医学部卒業後、陸軍軍医となる。陸軍省派遣留学生としてドイツで4年過ごした後、訳詩編「於母影」、小説「舞姫」、翻訳「即興詩人」を発表。『スバル』創刊後に「ヰタ・セクスアリス」「」などを発表し、「阿部一族」「高瀬舟」など歴史小説や史伝「渋江抽斎」等も執筆した。— ウィキペディア日本語版森鴎外」より。
森鷗外

小説編集

戯曲編集

詩歌編集

翻訳編集

史伝編集

随筆編集

日記編集

その他編集

外部リンク編集

 

この作者の作品は、1928年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。