メインメニューを開く

Wikisource β

Wikisource:収録方針

Purple question mark.png この文書はウィキソースの公式な方針あるいはガイドライン草案です。この文書には拘束力はありません。現在、内容に関してノートページで議論を行なっています。
収録方針
ウィキソースは、自由(フリー)な図書館として、歴史を通じて生み出された自由(フリー)な芸術的・知的作品を収集し、それらの作品に対して誰もが価値を付加できるようなコレクションをウィキという形で提示するために存在しています。このページでは、ある特定の作品がこの目標に合致し、ウィキソースで受け入れ可能かどうかを判断するための方針について概説します。

何を含めるか編集

ドキュメンタリーソース編集

ドキュメンタリーソースとは、起こった出来事を文章化したものです。これらの文章には憲法条約個人的手紙のやり取り日記が含まれます。より多くの出来事がかつてないほど大量に記録されるようになっており、またこのカテゴリには歴史的電話記録訴訟手続軍事作戦の記録のように、以前には存在しなかったものも含まれています。ドキュメンタリーソースは、損傷や欠落、不明瞭な部分がある場合を除き、完全な形で記録されなければなりません。ウィキソースにあるコピーが忠実な模写であることを第三者が検証するために、それらのソースには注意を払わなければなりません。

分析的作品と芸術的作品編集

分析的作品 (analytical works) とは、他のソースから情報を編纂し、その情報を分析した出版物です。主な出来事が終わった後に書かれたノンフィクション作品は、一般にこのカテゴリに分類されます。分析的作品と同様に、芸術的作品 (artistic works) も、査読 (peer review) を経ているか若しくは編集者によって管理されている (editorial controls) メディアにより出版される必要があります。自費出版はこれに含まれません。

フリードキュメント編集

ウィキソースを含むウィキメディア財団では知的著作権に対してとても注意を払っています。著作権違反を禁止しているだけでなく、第三者が作品を自由に再使用することを許可しない作品を認めていません。すべてのウィキソースの作品は商用利用のみならず、派生的な作品の作成も許諾しなければなりません。ウィキソースの著作権に関する方針(Wikisource:著作権)に合致しない作品は速やかに削除されなければなりません。著作権に関してはヘルプ:パブリックドメインを参照してください。

ソーステキストの価値を高めるために編集

ウィキソースは新しいオリジナルな作品を編集者が投稿する場所ではありませんが、既存の出版物の価値を高めるためにオリジナルな貢献をする方法がいくつかあります。完全に新しい作品はここではふさわしくありませんが、ウィキブックス等のプロジェクトでは受け入れられるかもしれません。

翻訳物編集

日本語版ウィキソースは、日本語で書かれたテキストしか収集していません。他の言語で書かれたテキストは、それに適した他言語版か、あるいは国際版ウェブサイトに置かれるべきです。しかしながら、日本語版ウィキソースは日本語に翻訳された日本語以外のテキストを収集しており、それには二言語によって書かれた文書が日本語を含む場合も含まれます。

翻訳物のうち、ウィキソースにおいて最も優先されるのは、過去に発行されたパブリックドメインの状態にある作品です。しかしながら、実際には他で翻訳されていない数え切れないほどの日本語以外のソーステキストが出版されています。また、補完的に様々な言語で翻訳することは、既に存在している作品を様々な意味でより良いものにします。ウィキソースはユーザによるウィキソース間の翻訳を許可しています。更に詳しい情報についてはWikisource:翻訳の仕方を見てください。又、翻訳された作品の著作権についてはWikisource:著作権を参照してください。

注釈編集

以前に出版された注釈付きの出版物が最も優先されますが、著作権上の問題や、内容の古さ、あるいは改善の必要性により利用できない場合もあります。これは近代以前のテキストでよく見られます(ancient and classical texts, medieval texts 参照)。

注釈には、ソーステキストそのものに関する批評的なデータ、語や節に関する脚注、参考文献、章分け、章名、導入、まとめ、索引、写真等、そのソーステキストに関する重要な情報が含まれます。いずれの場合においても、寄稿者による注釈は、元のテキストがクリーンな状態で入手できるよう、何らかの技術的な手段、もしくは原文の併記等の方法により、加えなければなりません。

テストのために準備されたものなど、教室での教育を円滑に進めるための指導用の注釈は、ウィキソースよりはむしろウィキブックスに置かれるべきことに注意してください(en:b:Wikibooks:Annotated texts参照)。

マルチメディア編集

テキストに加えられるマルチメディアコンテンツは、品質や見栄えを大いに改善することがあります。そのようなコンテンツには、その本に載っている、あるいはその本に関する著作権の切れた写真や挿絵だけでなく、寄稿者のオリジナルの録音や図、その他のコンテンツも含まれます。

注意:マルチメディアコンテンツについてはen:Wikisource:Image use guidelinesを参照してください。

先例により除外されるもの編集

先例には拘束力はありませんが、ウィキソースで受け入れられなかった出版物の種類について調べる価値はあります。この種の作品は合意の大きな変更が無い限りコミュニティに受け入れられませんし、(Wikisource:削除依頼での提案により)優先的に削除されます。同じような作品は削除申請される可能性が高くなります。ここにあるすべての作品は、上述された方針の常識的解釈に則っていなければなりません。

オリジナル作品編集

ウィキソースユーザによって作られた、若しくは、査読等による検証を経ていない作品はウィキソースに載せてはいけません。ウィキソースは作者が作品を出版するための手段ではありませんし、「新しい才能」を発掘するサイトでもありません。

注意: このルールにはいくつかの例外があります。詳細は#ソーステキストの価値を高めるためにを見てください。また、ウィキソースの寄稿者は自分のオリジナルな作品を自分の名前空間に載せることができる点にも注意してください(常識的な範囲で!)。

広告編集

ウィキソースはそれ自体が出版物ではない作品に関する広告を掲載しません。これは、最近出版された作品や、著作権のあるもの、パブリックドメインにあるものについての情報を含みます。広告にはいろいろな形態がありますが、最も一般的なものはコメントや外部リンクです。

匿名の作品編集

著作権の状態を判断するためには、原作者に関する詳細な情報が必要です。ほとんどのテキストには特定可能な作者(個人、グループ、政府など)がありますが、そのような情報が欠落したテキストもあります。匿名であっても歴史的価値の高いテキストはウィキソースでも受け入れますし、その中にはとても重要なものもあります。しかしながら、殆どの匿名のテキストは、一定の歴史的価値があり、かつ、著作権に関する方針(en)に照らして問題がないものを除き、ウィキソースに載せるべきではありません

未完成の作品編集

ウィキソースの使命は、出版された通りの形で作品を収集し、保存することにあります。このため、内容を改善したり充実させたりするために継続的に更新しなければならないような作品は、ウィキソースの範疇から外れます。

例:

  1. 発展・完結させるために作者が多くの寄稿者との相互協力を必要とする未完成のテキスト(Open-ended text)
  2. 多くのソースを持つ編集物(Compilations) や、より適切な情報が止むことなく加えられることにより常時更新される作品
  3. リスト(後述)

参考データ編集

ウィキソースは、出版された完全なソーステキストの一部でないような種々雑多な情報を収集しません。そのような情報は既刊でなく、多くの場合ユーザが編集したもので、内容が検証されておらず、ウィキソースの目標に合致しません。

具体的には、以下のものが含まれます:

  1. リスト
  2. 数学定数( の定数等)
  3. 暗号
  4. ソースコード

注意:より大きな出版物の一部として提供される参考データ(表や付録など)は除きます。

関連項目編集