メインメニューを開く

作者:芥川龍之介

作者索引: あ 芥川 龍之介
(1892年(明治25年)3月1日 - 1927年(昭和2年)7月24日)
芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。その作品の多くは短編である。また、「芋粥」「藪の中」「地獄変」など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。「蜘蛛の糸」「杜子春」といった児童向けの作品も書いている。— ウィキペディア日本語版芥川龍之介」より。
芥川 龍之介

著作一覧編集

外部リンク編集

 

この著作者は1927年に亡くなっているので、この作者の全ての著作物又は一部の著作物は、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者の没後50年以下(団体著作物にあっては公表後又は創作後)である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。