春秋左氏傳/002 桓公/11

↑前年 桓公十一年(紀元前701年 翌年↓巻の二 桓公春秋左氏傳

訓読文編集

【經】 十いう一年、春正月、齊人・衞人・鄭人、惡曹あくさうちかふ。夏五月癸未きび鄭伯ていはく寤生ごせいしゆつす。秋、七月、鄭の莊公さうこうはうむる。九月、宋人、鄭の祭仲さいちうとらふ。とつ、鄭にかへる。鄭の忽・でゝ衞にはしる。じう、宋公・陳侯・蔡叔さいしゆくくわいしてせつに盟ふ。公、宋公に夫鍾ふしよう[1]に會す。冬十有二月、公、宋公にかん[2]に會す。

【傳】 十一年(周ノ桓王十九年)春、齊・衞・鄭・宋、惡曹に盟ふ。
 楚の屈瑕くつかまさしん[3]に盟はんとす。鄖人うんひと蒲騷ほさう[4]ぐんし、將にずゐかうしうれう[5]ともに楚のたんとす。莫敖ばくがう[6]之をうれふ。鬭廉とうれん曰く、『鄖人、其かうに軍す。必ずいましめじ[7]二の字点ひゞに四いふ[8]いたるをおもんばからん。きみ[9]郊郢かうえい[10]やどり以て四邑をふせげ。われ鋭師えいしを以て、よる、鄖にくわへん。鄖は虞るこゝろありて其しろたのめば、鬮志とうしあることけん。し鄖の師をやぶらば、四邑必ずはなれん』莫敖曰く、『なんぞ師を[11]すことを王にはざる。』こたへて曰く、『師のつはりて、しうに在らず。しやうしう[12]てきせざりしは、君がけるところならん。軍をし以て出でたるに、またなんぞ濟さん。』莫敖曰く、『之をぼくせん。』對へて曰く、『卜は以てうたがひさだむるのみ。疑はずんば何をか卜せん』と。つひに鄖の師を蒲騷に敗り、つひに盟ひてかへれり。
 (桓公六年→)鄭の昭公せうこう[13]北戎ほくじうやぶりしや、齊人、將に之にまあはさんとせしを、昭公せしとき、祭仲さいちう、『必ず之をめとれ、君、内寵ないちよう多く、だいなるたすけなし。將に立つことをざらんとす。三公子こうし[14]みなきみたるならん』とひしかど、したがはざりき。
 夏、鄭の莊公卒せり。はじめ、さい[15]封人ほうじん仲足ちうそく、莊公に寵あり。莊公、けいたらしむ。公のため鄧曼とうまん[16]めとらせ、昭公をめり。故に祭仲、之を立つ。宋の雍氏ようしも、鄭の莊公にめあはせ。雍姞ようきつ[17]と曰ひ、厲公れいこうを生めり。雍氏のそう、宋の莊公に寵あり。故に祭仲をおびきて之を執へて曰く、『突を立てずば將に死なんとす』と。また、厲公を執へてまひなひを求めたり。祭仲、宋人と盟ひ、厲公をかへへりて之を立てんとす。
 秋九月丁亥ていがい、昭公、衞に奔り、已亥きがい、厲公立ちぬ。

編集

  1. 鄭の地。
  2. 魯の地。
  3. 貳、軫は國名。
  4. 鄖の邑。
  5. 皆國名。
  6. 楚の官名。即ち屈瑕也。
  7. 油斷あるをいふ。
  8. 隨、絞、州、蓼。
  9. 君は屈瑕をさす。
  10. 楚の地。
  11. 濟は益す也。
  12. 商は殷の紂王、周は周の武王。
  13. 昭公は忽なり。
  14. 三公子は子突即ち厲公、公子亹即ち昭公の次の公、子儀即ち子之、何れも其母寵あれば也。
  15. 祭は鄭の邑。
  16. 曼は鄧の姓。
  17. 雍は氏、宋の大夫。姞は姓。