春秋左氏傳/001 隱公/02

↑前年 隱公二年(紀元前721年 翌年↓春秋左氏傳巻の一 隱公

訓読文編集

【經】 二年春、公、じうせんに會す。夏五月、莒人きよひとしやうに入る。無駭、ひきゐてきよくに入る。秋八月庚辰かうしん、公、じうたうに盟ふ。九月、紀の裂繻れつじゆきたりてじよむかふ。冬十月、伯姫はくき、紀にとつぐ。紀の子帛しはく莒子きよしひそか[#ルビはママ]に盟ふ。十いう二月乙卯いつぼう夫人ふじん子氏ししこうず。鄭人ていひと、衛をつ。

【傳】 二年(周ノ平王五十年)春、公、戎に潛[1]に會するは、惠公のよしみおさむるなり。戎、ちかひふ。公、せり[2]
 莒子きよし[3]しやう[4]めとる。向姜しやうきやうきよやすんぜずしてかへれり。夏、莒人きよひと、向に入り、姜氏を以てかへる。
 司空無駭しこうむがい[5]きよく[6]に入り、費庈父ひきんぽ[7]、之をほろぼ[8]す。
 じうちかひひしかば、秋、[9]ちかふ。た戎のよしみおさむむるなり。
 九月、[10]裂繻れつじよ[11]來りてぢよむかふるは、けい、君が爲に逆ふるなり。
 冬、紀の子帛しはく[12]と莒子とみつ[13]に盟ふは、魯の故なり[14]
 鄭人、衛をつは、公孫滑こうそんくわつらん←隱公元年を討ずるなり[15]。(→隱公四年

編集

  1. 魯の地名。
  2. 戎狄は禮文備はらず、故に遂に盟を許さゞるなり。之を待つこと嚴なるを見る可し。
  3. 莒は國名。
  4. 向は國名。
  5. 魯の卿。
  6. 極は附庸の小國の名。
  7. 庈父は前に見えたる費伯也。
  8. 勝は滅す也。
  9. 魯の地。
  10. 紀は國の名。
  11. 紀の大夫。
  12. 裂繻の字。
  13. 莒の邑。
  14. 魯が莒と和するやうにせんが爲なり。
  15. 去年廩延を取りし亂を治むるなり。廩延の取らるゝや、鄭、之に報いて其南鄙を伐ちしが、未だ志を得ざりしかば、此に至りて罪を聲らして之を伐つ也。