春秋左氏傳/001 隱公/03

↑前年 隱公三年(紀元前720年 翌年↓巻の一 隱公春秋左氏傳

訓読文編集

【經】 三年、春、王の二月己巳きし、日之をしよくせること有り。三月庚戌かうじゆつ天王てんわうほうず。夏四月辛卯しんばう君氏くんししゆつす。秋、武氏の子、來りてを求む。八月庚辰かうしん宋公そうこう<くわ卒す。冬十有二月、齊侯せいこう鄭伯ていはく石門せきもんちかふ。癸未きび、宋の穆公ぼくこうはうむる。

【傳】 三年(周ノ平王五十一年)春、王三月、壬戌じんじゆつ平王へいわう崩ず。(桓王林嗣ギ立ツ。)ぐるに庚戌を以てす。故に之を(庚戌ト)書す。
 夏、君氏卒すとは聲子せいし[1]なり。諸侯にげず、しん反哭はんこつせず、しうとめあはせまつりせず[2]。故にこうと曰はず。夫人ふじんしようせず、故に、はうむると言はず、せいを書せず。公[3]の爲に故に、君氏[4]と曰ふ。
 鄭の武公・莊公、(周ノ)平王の卿士けいし[5]となる。王、くわくあり[6]。鄭伯、王をうらむ。王曰く、『これ無し』と。故に周・鄭二の字点こも/”\し。王子狐わうしこ[7]、鄭に質となり、鄭の公子こつ、周に質となる。王ほうぜしかば、周人、將に虢公くわくこうまつりごとあたへんとせり。四月、鄭の祭足さいそくひきゐておんむぎを取る[8]。秋、又成周せいしうくわを取る。周鄭、二の字点こも/”\にくむ。
 君子曰く『しんちうよりせざれば、質もえき無きなり[9]明恕めいぢよ[10]にして(事ヲ)行ひ、之をえうするに禮を以て[11]せば、質あること無しといふとも、誰か之をへだて[12]ん。いやしく明信めいいしんあらば、澗溪かんけい沼沚せうし[13]まう[14]も、蘋蘩ひんはん蘊藻うんさう[15]さいも、筐筥きやうきよ錡釜きふ[16]も、潢汙くわうを[17]行潦かうれう[18]みづも、鬼神きしんすゝく、王公[19]すゝむ可し。しかるをいはんや君子、二國の信を結ぶをや。之を行ふに禮を以てせば、又なんぞ質をもちゐん。ふう[20]采繁さいはん采蘋さいひんあり、[21]行葦かうゐ泂酌けいしやくあるは、忠信(ノ義)をあきらかにするなり』と。
 武氏[22]の子來りて[23]を求むとは、王未だ葬らざればなり。
 宋の穆公ぼくこう[24]むや、大司馬[25]孔父こうほ[26]を召して殤公しやうこうぞく[27]して曰く、『先君[28]與夷よい[29]てゝ寡人くわじんを立てたり。寡人あへて忘れず。し大夫[30]れい[31]を以て、首領しゆりやう[32]を保ちて以てぼつすることをば、先君、若し與夷をはゞ、其れた何のを以てかこたへん。ふ子、之を奉じて以て社稷しやしよくつかさどらしめよ。寡人死すといえどまたゆることけん』と。對へて曰く、『群臣ぐんしんは、ひよう[33]ほうぜんことを願へり』と。公曰く『不可なり。先君、寡人を以てけんなりとして、社稷を主どらしめたり。若し德[34]を棄てゝゆづらずば、是れ先君のきよはいするなり。豈に能く賢なりと曰はれんや。先君の令德れいとく[35]光昭こうせう[36]せんこと、つとめざるけんや。吾子ごし、其れ先君の功をつること[#「こと」は合字→今昔文字鏡かれ』と。公子(馮)をして出でゝ鄭にらしむ。八月庚辰かうしん、宋の穆公しゆつし。殤公、位に即く。君子曰く、『宋の宣公は人を知ると謂ふべし。穆公を立てゝ、其子之を[37]るは、めいを以てすればなるかな[38]商頌しやうしやうに曰く、「いんの・命を受くるはなり。百祿ろくを是れにな[39]」とは、其れ是の謂ひか』と。
 冬、齊・鄭、石門[40]に盟ふとは、[41]ちかひあらた[42]むるなり。庚戌かうじゆつ鄭伯ていはくの車、せいたふる。[43]
 はじめ衛の莊公齊にめとる、東宮とうきう[44]得臣とくしんの妹なり、莊姜そうきやうと曰ふ。美なれども子無し。衛人えいひと、爲めに碩人せきじん[45]するゆゑんたり。又、陳に娶る。厲媯れいきと曰ふ。孝伯こうはくを生む。早く死せり。其娣戴媯ていたいき[46]桓公くわんこうを生む。莊姜、以ておのれの子と爲せり。公子州吁しうく嬖人へいじんの子なり。ちよう有りて兵を好む。公、禁ぜず。莊姜、之をにくめり。石碏せきしやく[47]諫めて曰く、『臣聞く、「子を愛するものは、之にをしふるに義方を以てし、じやれず」と。驕奢けうしや淫泆いんいつ[48]りて邪にするところなり。四者の來たるは寵祿ちよろくぐればなり。將に州吁を立てんとせば、すなはち(早ク)之を(太子ニ)定めよ、若し猶ほいまだしならば、之をかいにしてわざはひを爲さん。夫れ寵せらるれどおごらず、驕れどくだり、降れどうらみず、憾れど能くとゞ[49]まるものはすくなし。かつ夫れいやしくしてたつときをさまたげ、わかくしてとしたけたるをしのぎ、遠くしてしたしきをへだて、新しくしてふるきを間て、小にして大をしのぎ、淫にして義を破るは、はゆる六ぎやくなり。君は義に、臣はおこなひ、父はに、子は孝に、兄は愛し、弟はけいするは、謂はゆる六じゆんなり。順を去つて逆にならふは、わざはひまね所以ゆゑんなり。人にきみたる者は、將に禍を是れつとめて去らんとす。しかるを之を速くは、乃ち不可なること無からんや』と。(莊公)聽かず。其子こう[50]州吁と遊ぶ。之を禁ずれども、(厚)かず。桓公立ちて、(石碏)乃ちらう[51]せり。→隱公四年

編集

  1. 隱公の母。
  2. 同盟國に告ぐること、正寢に反り哭すること、祖姑に祔することは夫人喪禮の三大事なり。
  3. 隱公。
  4. 公羊傳榖梁傳は、君氏を尹氏に作り、尹氏は天子の大夫なりと云ふ。
  5. 卿士は、王の卿の、政を執る者。
  6. 周王、鄭公の權を奪ひて虢に與へんとするなり。
  7. 平王の子。
  8. 取るは刈り取る也。
  9. 約信、中心よりせざるときは、質を取り替はすとも、何の益も無きなり。
  10. 明とは光明坦白にして毫も遮掩無き也。恕とは彼此相諒とする也。
  11. 禮を以て相要結する也。
  12. 間は離間する也。
  13. 沚は小渚なり。
  14. 毛は草なり。
  15. 四者皆草なり。
  16. 筐筥は竹にて作りたる器、角なるを筐と云ひ、圓きを筥と云ふ。錡釜は金屬の器、足あるを錡と云ひ、足なきを釜と云ふ。
  17. 潢汙はたまり水。
  18. 行潦は路上を流るゝ雨水。
  19. 王公は生きたる王公に非ず、死して祀らるゝ者をいふ。
  20. 詩の國風。
  21. 詩の大雅。
  22. 周の大夫の姓なり。
  23. 賻は喪を助くる物。香奠。
  24. 宋公和。
  25. 大司馬は官名。
  26. 孔父嘉。
  27. 屬は託する也、頼む也。
  28. 先君は穆公の兄宣公。
  29. 與夷は、宣公の子殤公。
  30. 大夫は孔父を指す。
  31. 靈は威靈。
  32. 非命に死せず病歿するをいふ。
  33. 穆公の子莊公。
  34. 德は恩德。
  35. 善美なる德。
  36. 光昭は、あきらかにする也。
  37. 饗くは、後を承くる也。
  38. 宣公が穆公を立つるの命、義に出でたればなるかな。
  39. 玄鳥の卒章。殷湯・武丁が天命を受けて王と爲るは、皆、義を以てす、故に天の諸の福祿を任荷す。
  40. 石門は齊の地。
  41. 盧は齊の地。盧の盟は春秋以前に在り。
  42. 尋は温むる也。
  43. 鄭伯、周・宋・衛と事有り、強齊に黨するに非ざれば、之に勝つに足らざるを以て、鄭伯、齊の盟に赴かんとするに急にして、危險を冒して濟水を渉らんとし、車仆れて水に墜ちたり。石門の盟に赴く時の事を追記したるなり。
  44. 東宮は太子。
  45. 詩の篇名。
  46. 娣は、其父母の家、他の女を以て嫁を送りて女の伴と爲す者。
  47. 衛の太夫。
  48. 驕慢奢靡亂淫放佚。
  49. 眕は限り止まる也。地を限りて、此より越えて進まざる義。
  50. 石碏の子。
  51. 老は退隠する也。