作者:カレル・チャペック

作者索引: ち カレル・チャペック
(1890年1月9日-1938年12月25日)
チェコのジャーナリスト、作家。— ウィキペディア日本語版カレル・チャペック」より。
カレル・チャペック

著作編集

散文編集

  • 輝く深さ- 兄ジョセフとの共著
  • 神の時代錯誤:
  • クラコノシュ庭園 – 兄ジョセフとの共著
  • 言葉の批判.
  • 恥ずかしい短編小説
  • 絶対的な工場.
  • ひび割れ.
  • 最も近いものについて
  • ヨーゼフ・ホロウシェクのスキャンダラスな事件.
  • オンラインで1つのポケットからの物語.
  • 他のポケットからの短編小説
  • 庭師の年
  • マルシース、またはオンライン文学の端.
  • オンラインアポクリフィーの本.
  • 一般的なことやズオンポリティコン
  • ホルデュバル
  • オンラインでハングアウト.
  • オンラインでの普通の生活.
  • 山椒魚戦争
  • 最初の束.
  • オンラインで行われたことを行う方法.
  • 作曲家フォルティンの生涯と仕事.
  • ジュベニリア

ドラマ編集

  • 愛のゲームの致命的な - 兄ジョセフとの共著
  • オンライン強盗.
  • R.U.R.
  • 昆虫の生活から-兄ジョセフとの共著
  • 物事マクロプロス
  • アダム作成者- 兄ジョセフとの共著
  • 白い病気.
  • お母さん

旅行記編集

  • イタリアの葉(1923)
  • 英語の葉(1924)
  • スペインへの旅(1930)
  • オランダからの写真(1932)
  • 北の旅は、より明確にするために、著者の写真と彼の妻オルガ・シャインフルゴワ(1936)の詩を伴っていた。

子供向けの作品編集

  • 9つのおとぎ話 - 兄ジョセフとの共著
  • ダーチェクや子犬の生活 -兄ジョセフとの共著

哲学編集

  • 実用主義または実用生活の哲学

翻訳編集

  • 新時代のフランスのポージーのアンソロジーで:
  • ギヨーム・アポリネール:バンド
  • トリスタン・コルビエール:時計
  • サリー・プルドーム:プーマ花瓶

政治作品編集

  • T.G.マサリックと沈黙との電話
  • なぜ私は共産主義者ではないのですか?

未完の作品編集

  • マジスター・ディヴィヌス(1929年3月26日、オトカール・ブジェジナの死))
  • オトカール・ブジェジナの事件(1931年1月4日、O.B.に関するデムルの声明に対する反応)
  • ルドルフ・メデクへの答え(1934年11月30日)
  • 国家は私たちを必要としない(1934年12月9日)
  • アレリデスについて (1934年12月30日)
  • 作家がメンバーに手紙を書く(1935年12月17日)
  • T.G.M.と未来(1938年3月6日)
  • 著者の保護(1938年4月3日)
  • 2つのことわざ(1938年5月15日)
  • 私たち及びその他(1938年6月12日)
  • おとぎ話と現実(1938年6月19日)
  • 花と栄光の旅(1938年7月7日)
  • マサリーク・ホリデイズ(1938年9月14日)
  • 政府が答えた — 交渉は継続する(1938年9月21日)
  • 夜の祈り(1938年9月22日)
  • 変わらないもの(1938年10月23日)
  • 匿名(1938年11月6日)
  • そのとおり(1938年11月26日)
  • 秋の日(1938年12月11日)

死後に公表された作品編集

  • 私は犬と猫を飼っていました。
  • カレンダー.
  • 人について
  • 興奮したダンス
  • 7 K.No。
  • 枝と月桂樹
  • 自宅からの写真
  • 私たちの周りのもの
  • カラム・アビット
  • 作成に関する注意事項
  • 日の海岸で
  • ジョナサンのための場所!
  • オルガの葉
  • 時代のテーブルの下のパン粉- キャップのパルスのセット
  • アニエルスを去る
  • 引き出しからの手紙
  • フィルムリブレット
  • マイナー散文

著者と関連する作品編集

  • R.メデク:ルドルフ・メデク『作家の村のスピーチ』(1934年) - チャペックへの公開書簡
  • A.ノヴァーク:「いいえ、お願い、私はできませんでした.」(1937年)- ドラマ白病の批評
  • A. ノヴァーク:カレル・チャペックの人間性(1939)
  • M・ジェセンスカー:カレル・チャペックの最後の日々(1939)
 

この著作者の全部又は一部の著作物は、1938年に著作者が亡くなっているため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者の没後50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。