秋にしかできないこと、それは、ある日は太陽で一面金色に輝き、箱のように澄んでいて、紫の夕焼けまで明るく、次の日は暗く、霧雨に濡れ、神の朝から黄昏ることである。こんなに金色の日や黒い日があるのは晩秋だけです。日ごとに夜の底に沈んでいき、日ごとに広く冷たい大地を覆っていくのである。しかし、今はまだ私たちの古い太陽であり、私たちが知り、刈り取ったすべてのものが熟し、私たちはまだ古い年を生きているのである。

いや、秋がハッチのように悲しく重く見えるのは、日々、黒潮のように押し寄せてくる闇があるからにほかならない。夜の海岸に立ち、印をつける。それはまだ昇っていない、この白い日の帯を飲み込んでいない、昨日の境界線をまだ少しも越えていないのである。もういい、もういい、もういい、光は残り少ないのだ 闇はもういい、退却はもういい、悲しみはもういい、もう1つの樽から始める時ではないだろうか。いや、まだだ。私たちはまだ夜の底、闇の底にいるわけではない。まだ夜のランプに満足し、これまでのことのページをめくらなければならないのだ。焦ってはいけない、夏至の見えない境界はできているのだから。大砲が鳴るわけでもなく、花火が上がるわけでもなく、旗手が正確な時間を知らせるわけでもなく、今過ぎている他の時間と同じように、それはここに来る。よかった、私たち人間は現代人ではないので、この宇宙の中でぐるぐる回っていることがわかるのである。

そして、もうひとつ、家族の本のしおりのように、私たちの前にある兆候、それはクリスマスである。つまり、1年を締めくくる、秋の熟成を完成させるのである。帰路につく。家という休日。家庭の星。一年は長く厳しいもので、その間にどんな運命や損失や冒険が積み重なるかは、神のみぞ知るところである。しかし、すべての終わりには、故郷に帰り、故郷を神聖化することがあります。汝の屋根の下に参れ、年が明けたのだ。

雨よ降れ、雨よ降れ、鋤が濡れ、道が泥にまみれ、爪から霜が忍び込み、草の上に灰色の霜が横たわるように、すべては試練と準備なのだ。一年の旅であれ、歴史の旅であれ、より悪い日、より暗い日は耐えなければならない。確かに灯りは冬ですが、家庭の灯りはまだあります。私たちのランプをすべて照らし、人々が暗闇から家に帰る道を見つけることができるようにしましょう。暗闇の時が来た。我が家の灯を消してはならない。それは罪であろう。

一年は長く厳しいが、賢く構築されている。夜と不快感で閉じよう-それさえも何かの役に立つ。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この著作物は、1938年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)80年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1927年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。