おとぎ話と現実


ディズニーのアニメで、陽気な3匹の子豚の話をご存じでしょうか。遊び、はしゃぎ、のんびりと暮らす彼らの前に、"大きな悪いオオカミ "が現れる。狼が襲ってきた。一瞬の危機だったが、運と神の正義は陽気な豚たちの味方だった。悪いオオカミは、動じないように連れて行かなければなりません。そして、陽気な3匹のブタは、何も気にせず、はしゃぐことに戻ります。"誰が大悪魔を怖がるの?" そして、その間に狼はすでに新たな攻撃のために背中を掻いているのだ。

この陽気な三匹の豚の気質は、人生の自信の見本として貴重であるが、賢く愉快な正義の物語の中だけでのことである。ご存知のように、現実、特に今日の現実は、それほど賢明でもなければ、無条件に公正でもなく、また微笑ましいものでもありません。三匹の子豚も、「大きな悪いオオカミ」を恐れなくて済むようになったら、この世界ではうまくいかなくなるかもしれない。決して、誰かの気質を政治的行動の例として推奨することはできないのです。

そこで、陽気な3匹の豚はおとぎ話の世界に置いておいて、人間の3つの行動について考えてみよう。少なくとも、世界のどこかに大きな悪の危険が潜んでいる間は、どちらも必ずしも推奨されるものではない。特に、愉快な豚たちは、悪いオオカミが一回目に少し引っ込まなければならなかったことに、大喜びしているのを放っておきましょう。分別のある大人の人たちは、そのような安堵感に浸っている時間は長くはないだろう。危険は続いており、同じ手段で二度避けることはできそうにないと自分に言い聞かせるだろう。彼らは「誰が恐れるのか」などと勝ち誇ったように唱えるのではなく、他の、はるかに人気のない、あるいは華やかな手段が登場することを予期しているのである。そうでなければ、長い闘争の第二ラウンドに犠牲を払わねばならないことが判明したとき、我々は恥ずかしい思いをすることになるのだ。そうすると、第2段階の闘争に負けたという思いと、それを主導した人たちが期待に応えられなかったという思いがあるかもしれません。気をつけましょう。この言葉に道徳的、政治的な意味を持たせてしまうと、そのような感覚は不公平であり、きわめてスポーツ的でないものになってしまう。それは...あまりにものんきな生き物で、自分たちには何も起きないと思い込んでいる感じでしょうか。それは確かに楽観主義だが、勇敢な楽観主義とは言い難い。危険を直視し、それに立ち向かうことは、まず勇気に属することだからです。

このように、自分たちが正しいから何も起こらない、他の人たちもそれを見て、自分たちの正しさで持っているに違いないという感覚も、慰めのおとぎ話に属するもので、現実には、その正しさは、行動と言葉の両方で、絶えず苦労して証明されなければならないだろう。また、平和な時代にはあまり深刻に受け取られないが、緊張の時代には事件と呼ばれたがるような行為を抑圧することもある。私たちは、いわゆる自然発生的な反応では気性を大きくコントロールする必要がありますが、私たちが望む、そして私たちの側にはっきりとあるべき真実と権利を辛抱強く、力強く守ることに、はるかにはるかに大きなエネルギーを示す必要があるのです。具体的には、ストッキングなどではなく、この国や世界に吹き荒れている大嘘やさらに大きなスローガンと戦うべきなのです。その点では、私たちの受け身は本当にのんきすぎるでしょう。暴力は手と腕で戦います。しかし、不真実と不正義、狂信とデマゴギーは言葉と良心で戦うのです。真実と正義を追求する世界では、賢い者が勝つという格言は当てはまらないようです。

そしてもうひとつ、楽観的すぎるおとぎ話の理不尽な生き物たちに遺すべき行動があります。それは、それほど重要でなかった時代のように、自分たちの間で楽しむこと、たとえば、ヤギの毛を抜くことです。この方向で言われていることは、おそらく真実でもないでしょう。たとえば、牛乳の価格に賛成するための閣僚会議が、このところ本当に40回も無駄に開催されているとか、国家の宣伝が、ある種の部門別論争によってこれまで多かれ少なかれ麻痺しているとかは信じたくありませんし、そうしたことに首をかしげることもできないかもしれません。しかし、たとえば8人のプラハ候補者のことを考え、そして自分の好きな遊びから何も邪魔されないように見える人々を数えれば十分です。あるいは、私たちに最も近い兄弟間の、はるかに深刻で嘆かわしい喧嘩のことを考えれば、それがどの喧嘩かはわかるでしょう。危険で無責任な遊びに対して、これほど恐ろしい思いをしたことは久しくなかったのである。国家の運命」は、ハッピーエンドが約束された映画的なグロテスクな作品ではありません。大きな悪いオオカミを恐れないのは良いことですが、それには条件があります。我が国は、この状況を極めて深刻に受け止めていることをすでに示し、また示しつつある部分もあるが、今度はもう一方の、より政治的な側面からそれを示さなければならないのです。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この著作物は、1938年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)80年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1927年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。