花と栄光の道


首都の崖の上に置かれたそれは、まさに生きた宝石のようでした。飛行機で上空から見ると、国立博物館から旧市庁舎まで、通りをアーチ状に走るカラーリボンのように見えただろう。しかし、近くで見ると、規格や旗、衣装や郡を見分けることができれば、それはまさに栄光の冠で、街に降り立ち、辺境のあらゆる場所から、この国家への巨大な貢ぎ物に集まってきた人々の冠となったのである。

それは、フクルのブラウスから威厳のあるドマジュリツェの帽子まで、すべての楽しい衣装で編まれた冠であり、美しい田舎のベッドで、私たちの国のすべての色の花、すべての忘れな草、ポピー、バラ、乙女や花嫁介添人のきらめく、魅惑の美しさが、神の教会での大きな祝宴のように咲き、すべての悲鳴と暗号の若者が聖日のようになりました。その金属には、わが国のすべての地域、畑の人々、工場の人々が結合し、その膨大な数の人々が、リズミカルなステップで、彼らのミサ曲の呼びかけと同じこと、すなわち、プラハを与えないことを語った。それは、無数の癒しの手によって編まれたリースであり、無数のスカーフ、旗、山、香りが、喜びの愛の風に撫でられるように、際限なくはためいた。プラハよ、あなたが多くの恋人たちのヒーローでありますように。フランスからルーマニアまで、ベルギーからラトビアやリトアニアまで、さまざまな国からなる素晴らしい花輪であり、何よりも、親愛なるユーゴスラビア人がその輝かしい存在感によって私たちにもたらした兄弟愛の大旗が忘れられない。プラハの街角は、わが国が彼らの勇敢な友愛をどのような気持ちで受け止めているかを、自ら伝えている。

そう、プラハの街は、その偉大で輝かしい光景の、もうひとつの、そして同様に素晴らしい側面だったのだ。もはやエスプラネードではないのだ。これらはもはや家でも窓でもない。それは、屋根や屋根裏に至るまで積み上げられた一様な人々の壁であり、叫び、手を振り、歓声を上げ、二重、三重の意味でVia triumphalis(ヴィア・トリュンファリス)である。鷹匠に敬意を表したのはプラハであり、国であった。国民とプラハを迎えたのは、鷹狩りである。国民が貢ぎ物をしたのです。国民は自ら祝福した。しかし、その凱旋の道は、わが国の軍隊の先頭に立ついかなる独裁者によっても踏まれることはない。その栄光の道は、喜びの旗と枝を掲げた手にして、国民自身によって踏まれるのである。のぼりと花は、華やかで雄弁なしぐさでした。それは、勇敢で喜びに満ちた民主主義の神格化であった。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この著作物は、1938年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)80年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1927年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。