シャントレーヌ伯爵/第2章


第2章
編集

おびえて取り乱した膨大な群衆がゲランドの側から逃げ出し、街の斜面を激流のように下って角にぶつかり、堤防を越えて噴き出してきた。そこでは、ブルターニュ人のサーベルが戦闘中に切り裂いた人が一人以上死んでいた。混乱は言葉にならなかった。

しかし、1時間もしないうちに町は完全に避難してしまった。マリニーの抵抗により、逃亡者たちは女性や老人、子供たちを集めて道路に押し出す時間ができたのである。彼らの頭上には、退路を守る大砲の音が聞こえていた。しかし、大砲が沈黙すると、ブラン派は絶望の叫びをあげてその沈黙を迎えた。敵の全軍を追い詰めることになったのだ。実際、長大な隊列の側面では、すぐにライフルの射撃が激しくなり、不幸な男たちが大量に倒れ、二度と起き上がれなくなったのである。

霧の中に雨が降り注ぎ、それが銃声であちこちに照らされ、道路には大量の水が溜まり、血が混じっていた。しかし、どんな犠牲を払ってでも越えなければならないのだ。右側には広大な湿地帯、左側には増水して氾濫している川があり、直線から外れることはできなかった。必死の王党派がロワール川側に身を投じたとしても、その川岸にはキャリアーの死体が散乱していたことだろう。

共和党の将軍たちは逃亡者たちに嫌がらせをして、彼らを壊滅させたり、分散させたりした。負傷者、老人、女性たちは葬儀隊の行進を遅らせ、前日に生まれた子供たちは裸で季節の過酷さにさらされ、母親たちは彼らを覆う手段を持たなかった。飢えと寒さは、これらの苦しみに加えて、同じ道を通って逃げてきた牛たちは、その咆哮で嵐を支配し、しばしば、克服できない恐怖に襲われて、集団の中で頭を出し、角で群衆に血まみれの穴を開けたのだ。

ヴァンデ、アンジュー、ポワトゥー、ブルターニュの名家の若い女性たちが、兄弟、父、夫に続いて戦争に参加し、農民の女性たちの苦しみを分かち合っていたのだ。揺るぎない勇気を持つ彼女たちの中には、自ら隊列の側面を守る者もいた。しばしば、一人が叫んだ。

- 火だ! ヴァンデエンヌ!

そして、ブラン派のやり方で、道路のハリアーの間で歓声を上げ、共和党の兵士に向かって銃を撃つのである。

しかし、夜が近づいてきた。シャントレーヌ伯爵は、自分のことを考えずに、不幸な男たちを励ました。泥沼にはまった者、力が裏切られた者を育て、暗闇が逃亡者たちを守るのか、それとも敵にとどめを刺されるのかを考えた。この不吉な光景を目に焼き付けることができなかったのである。

サン・フローランの最初の反乱の際には、シャントレーヌの城、妻、娘、愛するものすべてを捨てて、祭壇を守るために飛んだ。大胆で、献身的で、英雄的で、王室軍のすべての戦闘で最初に発砲した彼は、ボープイ将軍に言わせた人物の一人である。

"このようなフランス人を倒した軍隊は、ヨーロッパのすべての民族が一つにまとまったものを倒すことができると自負している"

しかし、彼の任務はサヴェネイの敗北で終わったわけではなく、大規模な隊列の最後尾に立ち、逃亡者の隊列を活性化させ、圧迫し、最後の実包を燃やし、前に出過ぎたブルターニュ人をサーベルで押し戻したのだ。しかし、そんな中でも、仲間が少しずつ後ろに倒れていくのを見て、影で喉を切られる彼らの叫び声を聞いたのだ。

そして、両手を広げて、ゲランドへの道でこの群衆を突き動かし、彼らを励まし、自分の言葉で彼らを圧迫したのである。

- 「でも、行ってみて!」と、遅れてきた人たちに声をかけた。

- 「お巡りさん、もう我慢できません」と一人が答えた。

- 「死にそうだ」と叫ぶ人もいた。

- 「私に!私に!」と、ちょうど脇腹に敵の銃弾を受けた女性が言った。

- 「私の娘が!私の娘が!」と、突然子供と引き離された母親が叫んだ。

シャントレーヌ伯爵は慰めたり、支えたり、助けたりしながら、次から次へと行動したが、圧倒されてしまった。

夕方4時頃、彼は一人の農民と合流した。暗闇と霧の中にもかかわらず、彼はその人を認識した。

- 「ケルナン!」と叫んでいた。

- 「はい!私たちの主人。」

- 「生きている!」

- 「そうですね、でも歩きましょう。」と農民は伯爵を誘っていた。

- そして、「この不幸な人たちを見捨てるわけにはいきません。」と、散り散りになった群衆を指差して言った。

- 「あなたの勇気は何の役にも立ちません、私たちの主人!」

- 「ケルナン、私に何を求めているのだ?」

- 「あなたには大きな不幸が迫っていると言いたいのです。」

- 「私に?」

- 「はい、私たちの主人です。伯爵夫人、私の姪のマリー...。」

- 「私の妻、私の娘!」と伯爵は叫んで、ケルナンの腕を掴んだ。

- 「そう、私はカルバルを見たことがあるのです。」

- 「カルバル!」と伯爵は叫び、自分に話しかけてきた男を群衆の中から引きずり出した。

茶色い毛糸の帽子をかぶった農民で、その上につばの広い帽子をかぶり、ロザリオを巻いて、その荒々しくエネルギッシュな姿を影で支えていたのである。血で汚れた長い髪が広い肩にかかっており、キャンバス地の三つ編みがひらひらと寒色系の裸の膝まで降りてきている。大きなバックルのついたベルトからはカトラスの柄が突き出ており、右手でライフルの銃身の真ん中を持っていた。

この農民は非常に精力的であったに違いない。実際、彼の国では恐るべき超人的な力を持っていることが知られており、驚くべき特徴が引用されていたが、ブルターニュの赦免の中で恐ろしい戦士が仕えるに値する主人を見つけたことはなかった。

彼の破れた、汚れた、血のついた服は、彼がカトリック軍の最後の戦いで果たした役割を示すのに十分であった。

彼はシャントレーヌ伯爵に大股でついていったが、シャントレーヌ伯爵はより早く進むために、水と泥が半分ずつ溜まっている堀に入っていった。今、ケルナンが発した言葉は、彼を恐怖に陥れた。隊列の先頭に立つと、雑木林のような小さな森の近くに出て、ブルターニュを押し込み、変な声で彼に言った。

- 「カルバルを見たか?」

- 「はい!私たちのご主人様だ。」

- 「どこで見たのだか?」

- 「争いの中で、ブルターニュ人の中で。」

- 「そして、彼は君を認識したのか?」

- 「はい、そうです。」

- 「そして、彼はあなたに話しかけたか?」

- 「はい、彼が私に向かってピストルを撃った後です。」

- 「怪我をしていないのか。」と伯爵は鋭く叫んだ。

- 「いいえ、まだです。」とブルターニュ人は悲しげな笑顔で答えた。

- 「そして、この哀れな人はあなたに何を言ったのだろうか?」

- 「彼らはシャントレーヌ城であなたを待っている。」と叫んで、煙の中に消えていった。私も参加したかったのだが、無駄だった。

- 「彼らはシャントレーヌ城であなたを待っている。」と、伯爵は繰り返した。これは何を意味しているのだろうか。

- 「悪いことをするのは、私たちの主人です。」

- 「そして、彼は共和国軍で何をしていたのか?」

- 「彼は、自分と同類の山賊の部隊を指揮していました。」

- 「ああ、私が盗みの罪で家から追い出した、条約軍の立派な将校だ。」

- 「そう、今の時代には山賊が出没するのです。しかし、カルバルの言葉はそれに劣らず恐ろしいです。シャントレーヌ城へ、そこへ逃げなければなりません」。

- 「そうだ!そうだ!しかし、その不幸な人たちとカトリックの原因は。」と、伯爵は痛々しいほどの高揚感をもって答えた。

- 「祖国の前に、家族がある。私たちがいなくなったら、伯爵夫人や姪のマリーはどうなってしまうのだろう。あなたは紳士としての義務を果たし、神と王のために戦ってきました。城に戻って、仲間の安全が確認できたら、また来よう。カトリック軍は壊滅したが、すべてが終わったわけではない!信じてくれ!彼らはモルビアンで躍動しているのだ!そこには共和党を苦しめるジャン・コテローという人物がいることを知っているし、我々は彼を助けて糸を乱すことができるでしょう。」

- 「私は妻と娘を連れてフランスを出て、ここに戻ってきて殺されなければならない。」

- 「私たちは一緒に戻ってきます、私たちの主人」とケルナンは答えた。

- 「でも、どうやってお城に行けばいいのだ?」

- 「ゲランドまで行って、そこから海岸沿いにクロワジックかピリアックまで行って、フィニステールの湾の一つに海路でたどり着かなければならないと思います。」と農民は言った。

- 「しかし、船か。」と伯爵は叫んだ。

- 「お金を持っていますか?」

- 「そうだな、1500ポンド近くある。」

- 「それがあれば、漁船も買えますし、必要ならば漁師も雇えます。」

- 「しかし?」

- 「陸路ではすぐにブルターニュ人の一団と合流してしまうし、身を隠さなければならず、道を避け、小道を通り、一歩一歩時間をかけて進んでいくと、到着が遅れてしまう危険性があるからです。」

- 「じゃあ、行こうか」と伯爵は言った。

- 途中、ケルナンが言った。

「ブルターニュ人の家族は、M...の石膏に倣って、モランが描いたものです。」

シャントレーヌ伯爵は、義理の弟であるこのケルナンを心から信頼していた。この勇敢なブルターニュ人は家族の一員であり、伯爵はミス・マリー・ド・シャントレーヌを「私の姪」と呼び、少女は伯爵を「私のケルナンおじさん」と呼んだ。ブルターニュ人は、教育を受けていたため、自分が同じ境遇の人々よりも優れていると考えていた。子供の楽しみと青年の疲労を分かち合った後、彼は戦争の不幸と不運の分け前を持っていったところだった。伯爵はカテリノーの元へ行く際、ケルナンをシャントレーヌ城に残して行きたかったが、兄と弟を引き離すことは不可能であり、また、伯爵夫人を守るために他の使用人も残っていた。そして、カンペールからもブレストからも離れたフィニステールの麓、共和派のクラブが活発に活動しているフエスナンとプルガステルの間の失われた国にある城の状況は、伯爵を安心させ、家族の安全を信じて、迷うことなく王党派の運動に身を投じた。

ただ、1年前に窃盗で追放された元城の使用人であるカルバルとの出会いは、彼の脅しや言葉によって、対処しなければならない差し迫った危険を生み出していた。

伯爵とケルナンは、逃亡者たちがサン・ジョアキムの沼地に到着したところで道から身を投げた。闇の中に消えていった隊列を最後に見て、その叫び声は夜の影の中で次第に消えていった。

夕方8時、伯爵とケルナンはゲランドに到着した。町の門扉は開いていたが、彼らは門扉から閑散とした町並みに入っていった。

Savenayの恐ろしい騒音に比べれば、何と寂しい静けさだろう。窓の明かりもなく、行き交う人もいない! 恐怖で住民は暗い家の中に閉じ込められ、ドアの鉄格子や鍵の下敷きになった。ゲランダ人は朝から大砲の音を聞いていた。戦いの結果がどうであれ、自暴自棄になった敗者の侵攻と、難攻不落の勝者の侵攻を恐れなければならなかったのだ。

脱出した二人は、足音を不気味に響かせながら、荒れた石畳の上を素早く歩き、教会の広場にたどり着き、やがて城壁にたどり着いた。

そこからは、時折銃声が聞こえてくるような脅威的な雑音が、田舎から聞こえてくるようになっていた。

雨は止み、西風が突風でねじっている低くて暗い破れ雲の間から月が現れました。目の錯覚で、夜の星が目まいを起こしたように無意味な競争で逃げているように見えました。その光は時折非常に明るく、田園地帯を激しく照らし、そのわずかな線は驚くほどはっきりと浮かび上がり、地面に広くて速い影を落としました。

伯爵とケルナンは海の方に目をやると、巨大なチェス盤のような塩沼の向こうにゲランド湾が広がっていた。左側には、黄色がかった砂丘の中にバッツの町の尖塔がそびえていた。さらにその先には、霧でぼやけたクロワジックの尖塔があり、海に消えてしまったこの陸地を終わらせていた。右側の湾の端には、ケルナンの優れた目がピリアックの尖塔をまだ確認していた。その先には、月の光を受けて輝く海があり、空のラインと同じ輝きで融合している。

風は激しく吹き荒れ、細い木はその痩せた骨を揺らし、時折、石はそのソケットから外れて城壁の上から泥の溝に転がり落ちた。

- シャントレーヌ伯爵は、風に備えて体を起こしながら仲間に言った。「そこはル・クロワジック、そこはピリアック。どこに行こうか?」

- 「ル・クロワジックでは、漁師の船を簡単に見つけることができましたが、あの陸地に入ってしまった後で、もし元に戻らなければならないとしたら、非常に困難であり、すべての退路を断つことは容易です。」

- 「お好きなように、ケルナン。私はあなたに従うが、安全とは言えないまでも最短の道を選ぶ。」

- 「私は、湾を回してピリアックに進軍することをお勧めします。3リーグしかないので、ペースを上げれば2時間もかからずに到着します。」

- 「すぐに出発だ。」と伯爵は言った。

二人の逃亡者が町を後にしたとき、ちょうどヴェンディア人の最初の隊列が反対側の城壁から町に入り、門を破り、溝を登り、本格的な攻撃を仕掛けてきた。平和なゲランドの街は、慣れない騒音と混乱に包まれていた。爆発音がその古い壁を揺らし、やがて教会の鐘がトキシンの息の長い音を空気中に投げかけた。

伯爵は心臓が激しく締め付けられるような感覚を覚え、ライフルを握る手に力が入り、不幸な仲間の救助に戻るかのように思えた。

- 「伯爵夫人は?私の姪のマリーは?」とケルナンは低い声で言い、

- 伯爵は、町の堤防の上を歩いていた。

主人と召使はすぐに広い土地に出て、普通の道を避けるために海岸に出て、月光に輝く塩のマットがある塩の沼地を曲がっていった。海風で曲がった木の間から不気味な囁きが聞こえ、耳をつんざくような潮騒のメランコリーが聞こえてくる。

何度も悲痛な叫び声が上がり、流れ弾が海岸の岩場に落ちてくることもあった。炎が地平線を青白く照らし出し、飢えた狼の群れが生きた肉の匂いを嗅ぎつけて、影で不吉な遠吠えをしていた。

伯爵とケルナンは一言も交わさずに歩いていたが、同じ考えが二人を揺さぶり、まるで話しているかのようにはっきりと二人の間を行き来していた。

時には足を止めて後ろを振り返り、国の様子を確認した後、追われている様子がないので、快調なペースで行進を再開した。

10時前にはピリアックの街に到着したが、街中には入らず、直接ポワント・カステリに向かった。

右手にはデュメ島の岩がそびえ立ち、左手にはル・フォーの灯台が断続的に閃光を放ちながら水平線上のあらゆる場所を照らし、沖合には暗く混沌としたベルアイルの塊が広がっていた。

伯爵とその仲間は、漁師の船を見かけなかったので、ピリアックに戻った。砂地に停泊していた数隻の船が、潮の満ち引きで揺れていた。

ケルナンが見たのはそのうちの一つで、漁師が帆を畳んで帰る準備をしていた。

- 「おおい、友よ!」と、彼に向かって叫んだ。

漁師は砂に飛び込んで、かなり心配そうな顔で近づいてきた。

- 伯爵は「一緒に来い。」と言った。

- 「あなたは私たちの仲間ではありません。私に何を求めているのですか?」と、漁師は数歩前に出て言った。

- 「今夜出航して、私たちを...」とケルナン。

ケルナンは立ち止まった。

- 漁師は「行先はどこですか?」

- 「船に乗ったら教えるよ。」と伯爵は言った。

- 「海は悪いし、風も良くありません。」

- 「報酬が高ければ?」とケルナンは答えた。

- 「高給取りにはなれませんよ。」と、漁師は対談相手をじっと見ようとしていた。

暫くして、彼は彼らに言った。

- 「サヴェネイ側から来たのか、貴方方は!?あそこでイビキをかいていましたよ。」

- 「何を気にしてるのだ!私たちを船に乗せたいか?」とケルナン。

- 「いや、そうじゃありません。」

- 「この町であなたより大胆な船乗りを見つけられるだろうか?」

- 「そうは思えません。」と漁師は言った。「でも、教えてください。あなたは、私たちがあなたを乗せるために必要なことの半分しか言っていませんよ。いくら提供してくれるのですか?」とウインクしながら言った。

- 「1000ポンドだ。」と伯爵は答えた。

- 「支払いは紙幣ですか!?」

- 「金だ。」とケルナン氏。

- 「金ですと?本物の金を見せてください。」

伯爵はベルトを解いて、50ポンドほどの荷物を取り出した。

- 「あなたの船はその4分の1の価値もありません。」

- 漁師は目を輝かせて「そうです!だが、私の肌は他のものに比べて価値がある。」と言った。

- 「それじゃあ!(笑)」

- 「船に乗ってください。」と漁師は言って、伯爵から金塊を受け取った。

彼は船を海岸に向けて引き寄せた。伯爵とケルナンは膝まで水に入り、船に飛び込み、錨は砂から引き出された。その間にケルナンがヤードアームを巻き上げ、赤みを帯びたフォアセールが風に向かって張られていく。

漁師が乗船しようとしたとき、ケルナンは彼を押しのけ、ボートフックを一撃してボートを10フィートほど海に投げ出した。

- 「そうですか。」と漁師は言った。

- 「肌の色はそのままでいいですよ。あなたのボートは有料です。」とケルナンは叫んだ。

- 「しかし、」と伯爵は言った。

- 「それはわかっています。」とケルナンは言い、シートを張って舵を取り、風に向かってボートを発進させた。

呆然としていた漁師は黙っていたが、言葉を取り戻したときには叫んでいた。

- 「共和派の窃盗団!?」

しかし、その船はすでに暗い波の泡の中、影の中に消えていった。

訳注編集