シャントレーヌ伯爵/第3章


第3章
編集

若い頃に漁師をしていたこともあり、ブルターニュの海岸はクロワジックの先端からフィニステール岬までよく知っている。彼が知らない岩は一つもなく、訪れたことのない入り江も湾もなかった。彼は潮の満ち引きを熟知しており、岩礁も浅瀬も恐れなかった。

二人の逃亡者が乗っていた船は、立派な漁船で、船尾は低く、船首は高くなっていて、悪天候でも海を維持できるように見事にアレンジされていた。赤い帆が2枚、フォアセイルとウィンドベーンが付いていた。

船の全長にわたる甲板には、操舵手のための開口部が1つしかないため、波の中を平気で通過することができた。ベルアイル島のビームでイワシを釣りに行った後、ロワール川の入り口を見つけて戻ってきて、ナントまで船を走らせることがよくあった。

ケルナンと伯爵は、彼女を操縦するのに、それほど多くの人数ではなかった。しかし、帆を張ってしまえば、船は大きく帆を張った。

風の力を借りて、水の上を勢いよく飛んでいく。風が非常に強かったにもかかわらず、ブルターニュ人は帆のリーフを1枚も取りたくなかったため、時折、セルベッジを濡らすほどに傾いていた。しかし、大胆な舵のストローク、あるいはシートを少し回転させることで、ケルナンはボートを持ち上げ、風に戻した。

朝5時、ベルイ島と、数ヶ月後にイギリスの恥となるフランス人の血で溢れかえることになるキブロン半島の間を通過した。

15時間以上も食事をしていなかった2人の逃亡者は、わずかな食料を手に入れることができた。

シャントレーヌ伯爵は、この横断の最初の瞬間、激しい感情にとらわれて無口なままだった。彼は激しい感情に支配され、頭の中では過去の情景と未来の予感が入り乱れていた。妻と娘を助けに走った彼の前に、妻と娘はますます脅威となって現れた。彼は、起こりうる不幸の可能性について話し合い、城から届いた最後のニュースを思い出そうとした。

- 「このカルバルは、この国ではよく知られた存在であり、もし再びこの地に現れたならば、城の住人たちは彼を酷評するだろう」。

- 「確かに!彼らは彼にひどい目に遭わせないとは限りません。しかし、もし乞食がそこに来るとしたら、一人では来ないでしょうし、それに、彼を糾弾するだけで、伯爵夫人と姪のマリーを逮捕することができます。哀れな2人の無実の女性達。私たちはどんな時代に生きているのでしょうか。」とブルターニュ人は答えた。

- 「ああ、ひどいな。ケルナン、神の怒りは免れないが、神の意志に服従しなければならない時代だ。家族がいなくても、自分だけを恐れることができる人は幸せだ。私たちは戦う、守る、聖なる目的のために戦う! しかし、私たちの母は、姉妹は、娘は、妻は、泣きながら祈ることしかできない。」

- 「幸いなことに、我々はここにいます。彼らにたどり着く前に、我々は自分の体を調べなければならないでしょう。勇敢な女性たちは、あなたに続いてレスキュール夫人やドニッサン夫人、その他多くの人たちのように運動したいと思っていましたが、その代償として、どれほどの苦しみと惨めさがあったことでしょうか。」とケルナンは言った。

- しかし、伯爵は「私は彼女達が私の側にいなかったことを後悔している。彼女達が安全であることを知っていたのに、このカルバルの脅威があってから、私は怖くなった。」と答えた。

- 「明日の朝、風が吹いてくれれば、フィニステールの海岸を上げて、何があってもお城から遠くないところまで行くことができます。」

- 「あのかわいそうな女性たちは、私たちと再会したらきっと驚くだろうな。」と伯爵は悲しげな笑みを浮かべた。

- 「そして、幸せな気分になるでしょう。姪のマリーが父の首に飛びつき、叔父の腕の中に飛び込むことになるでしょう。しかし、彼らを安全な場所に連れて行くためには、時間を惜しんではなりません。」とケルナン。

- 「その通りだ。青派が城を訪れるのに時間はかからない。カンペール市はすぐに目を覚ます。」

- 「さて、ご主人様、私たちがお城に着いたら何をしなければならないか、よくご存知ですよね?」

- 「そうだ。」と伯爵はため息をついた。

- 「2つの道があるわけではありません。1つしかありません。」とブルターニュ人は言った。

- 「どれだい?」と、伯爵は尋ねた。

- 「私たちの主人と私のお金を全部集めて、何としても船を用意して、イギリスに逃げてください。」

- 伯爵は苦し紛れに「移住だ!」と言った。

- 「そうしなければなりません!もうこの国には、あなたやあなたの仲間にとって安全な場所はありません。」とケルナンは答えた。

- 「その通りだ。ケルナン、公共救済委員会は、ブルターニュとヴァンデで恐ろしい報復を行うつもりだ!征服した後、虐殺を行うだろう。」

- 「あなたが言うように、それはすでにナントに最も残酷なエージェントを送っています。彼はカンペールやブレストにも仲間を送り込み、フィニステールの川はすぐにロワール川のように死体でいっぱいになるでしょう。」

- 「でも、私たちが移住したら、ケルナン君は私たちについてきて欲しい。」

- 「ご主人様のもとへ行きます。」

- 「一緒に行かないのか?」

- 「いえ!ブルターニュを離れる前に、2つの言葉を交わしたい人がいるのです。」

- 「あのカルバルか?」

- 「そのとおりです。」

- 「おい、ケルナン、彼を置いていけ! 彼は神の裁きから逃れられない。」

- 「私たちの主人は、人間の正義から始めるのではないかと考えています。」

伯爵は使用人の頑固さを知っていたので、彼の復讐心を根絶することがどれほど難しいかを知っていた。そのため、彼は黙っていて、父として、夫として、妻と子供のことを考えていた。

そうして彼の視線は海岸を食い入るように見ていた。彼は、嵐がもたらす危険性を考えずに、時間と分を数えていた。双方の残酷さが際立ったこの内戦の恐ろしさが、彼の記憶に蘇ってきた。彼の妻と娘がこれほどまでに危険にさらされていると感じたことはなかった。彼らが襲われたり、投獄されたり、あるいは逃亡したりして、海岸の岩場で望みもしない助けを待っている姿を思い浮かべ、何かの呼びかけが耳に届かなければ、自分も聞いてしまうこともあった。

- 「何も聞こえないのか」とケルナンに言った。

- 「違いますよ。あれは、嵐で流されたカモメの鳴き声です。」とブルターニュ人は言った。

夕方10時、ケルナンは暗闇の中に光を放つロリアンの港とポート・ルイの砦を認識し、海岸とクロワ島の間の水路に進路を取り、海に飛び出した。

風は依然として良好であったが、急激に強くなってきたため、ケルナンは速く走りたいと思いながらも、伯爵のせっかちな態度にもかかわらず、フォアセイルとウィンドベーンをすべて巻き戻さなければならなかった。伯爵自身が操縦すると、船はスピードが落ちる様子もなく、泡立った波を船首で持ち上げたのである。

この危険な航海が続いてから15時間が経過した。

その夜は恐ろしいほどの嵐が吹き荒れ、波が砕け散る花崗岩の岩場を見ると、最も勇敢な人でも怖気づくほどだった。

二人の逃亡者は一睡もできず、誤った舵の取り方、一瞬の気の緩みで船が転覆してしまうが、雄々しく奮闘し、守るべき愛する人の記憶から新たな力を得た。

朝の4時頃、大嵐の勢いが弱まり、晴れ間が出てきたことで、ケルナンは東にいるトレビニョンの位置を確認した。

彼はほとんど話すことができなかったが、指でシャントレーヌ伯爵に灯台の光の揺らぎを見せてくれた。伯爵は祈りを捧げるように冷たい手を合わせた。

船は、コンカルノーとフエスナンの町の間にある森の湾に入った。

海は比較的穏やかで、沖合の風から守られた波の割れ方も少なかった。

その1時間後、船はコズ岬の岩に激しい勢いでぶつかった。その衝撃は凄まじく、マストがキャンバスで乾いていたにもかかわらず、避けることができなかった。波にさらわれた伯爵とケルナンは何とか岸にたどり着いたが、目の前でボロボロの船が沈んでいく。

- 「もう船はいりません。」とケルナンは伯爵に言った。

- 「よかった!」と後者が言った。

- 「そして、次はお城です。」とブルターニュ人は言った。

その旅は26時間に及んだ。

訳注編集