シャントレーヌ伯爵/第1章


第1章
編集

1793年2月24日、国民会議は外国の連合軍に対抗するために30万人の追加徴兵を決定した。翌3月10日には、このコミューンの部隊のために、アンジューのサン=フローランで徴兵の抽選が行われた。

貴族の徴兵もルイ16世の死も、西欧の農民を動かすことはできなかったが、司祭の分散、教会の侵害、教区での宣誓司祭の就任、そして最後の手段である徴兵は、彼らを限界まで追い詰めた。

- 死ななければならないのだから、家で死のう。

彼らは大会の委員に身を投げ出し、棒で武装して、徴兵制を守るために集まった民兵を排除した。

その日は、ヴァンデ戦争が始まったばかりで、従者のカテリノーと猟師のストフレットが中心となって、カトリック軍と王家軍の中核が形成されていた。

3月14日、小部隊は、第84軍の兵士とシャロンヌの国民衛兵が守るジャレ城を占領した。そこで共和派軍から奪ったのが、カトリック軍の最初の大砲で、「ミッショナリー」と名付けられた。

- 「これには続きがあるはずだ」とカテリーノは仲間に言った。

この継続は、これらの農民の戦争であり、彼らは共和派の最高の軍隊を剣にかけた。

ジャレ城でのクーデターの後、ヴァンデ出身者の二人の首領はショレを捕らえ、共和派の銃のガルグースから弾薬を作った。その後、運動はポワトゥー、アンジュー両県に広がり、3月末にはシャントネが略奪され、サン=フルジェントも奪われた。復活祭が近づくと、農民たちは別れて宗教上の義務を果たしに行ったり、パンを焼いたり、青派を追いかけて磨り減った靴を履き替えたりした。

4月になると、再び反乱が起こり、マレ地区の少年たちとボカージュ地区の少年たちは、ド・シャレット、ド・ボンシャン、ド・エルベ、ド・ロシュハクリン、ド・レスキュール、ド・マリニーの各氏の命令で集まった。ブルターニュ人の紳士が何人か運動に参加してきたが、その中でも最も勇敢で最高の一人であるアンベール・ド・シャントレーヌ伯爵は、城を出て、当時10万人いたカトリック軍に参加した。

シャントレーヌ伯爵は、常に最前列に位置し、10ヶ月の間、すべての勝利とすべての敗北に関与した。フォントネー、トゥアール、ソーミュール、ブレスアールでは勝利し、ナントの包囲では敗北し、総司令官カテリノーが死亡した。

やがて、西欧のすべての州が引き上げられた。

ブラン派は勝利から勝利へと進み、オーベール・デュ・バイェも、クレベールも、恐ろしいマイエンチェイスを持っていても、カンクロー将軍の軍隊も、その不屈の情熱に抵抗することはできなかった。

恐れをなした共和派は、ヴァンデの土壌を破壊し、「住民」を追放することを命じた。サンテール将軍は、国を吹き飛ばすための地雷と、窒息させるための窒息ガスを要求し、全体的な窒息で進めようとしていた。マイエンチェイスは、公共救済委員会が定めた「砂漠を作る」という任務を負っていた。

このニュースを受けて、王党派の軍隊は怖気着いた。シャントレーヌ伯爵は5,000人の軍団を指揮し、ドゥエ、セの橋、トルフー、モンタイグで英雄のように戦った。しかし、ついに逆転の時が訪れた。

10月9日、ド・レスキュールはシャティヨンで敗れ、15日にはショレからヴェンデアンが追い出され、その数日後にはボンシャンとデルベが死に至った。マリニーとシャントレーヌは驚異的な勇気を発揮したが、共和派軍の隊列が彼らに迫ってきたため、まだ4万人の兵士が戦闘状態にある逃亡軍を連れて、再びロワール川を渡ることを考えなければならなかった。

混乱の中、川を渡った。シャントレーヌたちは、総司令官に任命されたばかりのラ・ロシュハークレインの軍を呼び戻し、そこでクレベールの力を借りて、ブラン派はラヴァルの前で大勝利を収め、この英雄的なキャンペーンの最後を飾った。

確かに、ブラン派たちは混乱していた。シャントレーヌは、王党派の軍隊を再建するために精一杯の努力をしたものの、時間も手段もなかった。彼は公安委員会から総司令官に任命されたばかりで、極めて精力的に王党派を追撃していた。ラ・ロシュハクレン、マリニー、シャントレーヌは、ロワール川の左岸に戻るために、ル・マンに退避し、次にラヴァルに退避し、そこから3度目の退避をして、最後にアンセニに退避しなければならなかった。

しかし、橋もなければ船もない。絶望的な農民の集団が川の右岸に降りてきて、ヴァンデを取り戻すことができず、逃亡者たちはブルターニュに身を投じる以外に方法がなかったのだ。Blainでは最後の後方支援を得て、サヴェネイに向かって突進した。

シャントレーヌ伯爵は一瞬たりとも任務を怠ることはなかった。12月22日の昼間、マリニーと一緒に怯えた群衆に追われて町の前に到着し、サヴェネイを覆う2つの小さな森の中で、一握りのヴァンデの衆と共に待ち伏せした。

- 「私たちはここで死ななければならないのである」とシャントレーヌ。

数時間後、クレベールと共和派の前衛隊が現れた。将軍はマリニーとシャントレーヌの少年たちに3個中隊を投入したが、彼らの頑固な努力にもかかわらず、彼らを追い出し、町に帰らせた。そして、彼は立ち止まり、一歩も前に進まなかった。マルソーとウェスターマンは攻撃を促したが、クレベールは王家の全軍がサヴネに集中する時間を確保したいと考え、動かなかった。彼は軍隊を近隣の高台に三日月状に配置し、一撃でブラン派を粉砕する時をじっと待っていた。

訪れた夜は、重苦しく静かだった。戦争の終わりが近づいていることを実感した。王党派の指導者たちは、最高評議会を開いた。絶望のエネルギー以外に期待できるものは何もなかった。分水嶺を期待することも、降伏を試みることも、すべての飛行が不可能であるため、戦う必要があった。

翌日の12月23日、共和派の暦で言えば2年目のニヴォースの3日、朝8時にブラン派たちは青派に身を投げた。

天気は最悪で、冷たい氷のような雨が大量に降り注ぎ、湿地帯には霧が立ち込め、ロワール川は霧の中に消え、戦いは泥の中で行われることになった。

数の上では劣っているものの、ヴェンデアンは抗しがたい情熱を持って攻撃した。「国王陛下万歳!」の叫びに「共和派万歳!」の叫びが返ってきた。共和派の前衛部隊は崩壊し、クレベールの本部に逃げ込んだ青派の第一陣では混乱が生じた。彼らには弾薬が切れてしまった。

- 将軍に向かって、「弾薬がない!」と叫ぶ兵士がいた。

- 「さて、子供たちよ、君たちのライフルの銃身を持って!」とクレベールが答えた。

また、同時に第31大隊を出動させたが、馬も弾薬も不足していた。しかし、共和派の将軍は、スタッフに騎兵を作り、その将校を敵に投じた。

その後、ブラン派は壊れ始め、サヴェネイに戻らなければならなかったが、そこで彼らは徹底的に追われた。彼らは神業のような武勇伝を披露しても無駄で、数の多さに負けてしまったのである。ピロンとリロは武器を手にして殺された。フルーリオは、散り散りになった自分の部隊を集めようとしたが無駄だったため、共和派軍を突破して、わずかな人数で近隣の森に突入しなければならなかった。

その間、マリニーとシャントレーヌは絶望の中で戦っていたが、農民たちの隊列は薄くなり、死と逃走によって隙ができていた。

- 「全てが失われた!」マリニーは、傍らで英雄のように戦っていたシャントレーヌ伯爵に向かって言った。

伯爵は45歳くらいの男性で、背が高く、高貴で大胆な姿をしていたが、火薬と血にまみれて悲しげで、汚れた服を着ているにもかかわらず、目を見張るものがあった。片手には弾の入っていないピストルを持ち、もう片手には血まみれで反り返ったサーベルを持っていた。

- 「もはや我々を守るものは何もない」とマリニーは言った。

- 伯爵は絶望の身振り手振りで答えた。「しかし、この女たち、子供たち、町に溢れている老人たち、彼らを見捨てることができようか?」

- 「いや、シャントレーヌ! でも、どこに誘導すれば良いのだ?」

- 「ゲランドへの道で」

- 「では、彼らを連れて行ってください。」

- 「でも、君は!」

- 「最後のキャノンショットで皆さんを守ります。」

- 「さらば、マリニー。」

- 「さらば、シャントレーヌ。」

二人は握手をした。シャントレーヌは町に突入し、すぐに彼の命令でサヴネを出発した逃亡者の長い隊列がゲランドに向かって下っていった。

- 「私に任せてくれ、君たち!」とマリニーが叫んで、戦友と別れた。

この叫び声に、農民たちは2つの8つのピースを引き連れてリーダーに結集した。マリニーは退却をカバーするために高台にそれらを設置し、彼の軍隊の唯一の生き残りである2,000人が彼を取り囲み、切り落とそうとしていた。

しかし、大勢の共和派軍を相手にすることはできなかった。2時間の至高の闘いの後、壊滅状態になった最後のブラン派は解散せざるを得なくなり、彼らは田舎を駆け抜けた。

1793年12月23日のその日、偉大なるカトリックと王家の軍隊は消滅した。

訳注編集