シャントレーヌ伯爵/第13章


第13章
謎の神父
編集

このように神父がいなくなると、宗教活動ができなくなり、地方の人々は特にその影響を受けることになる。しかし、宣誓した司祭を認めるどころか、彼らは家に閉じこもり、教会から逃げ出してしまった。また、洗礼を受けないまま子供が生まれ、死にかけている人は洗礼を受けずに死に、結婚は宗教的にも民事的にも祝うことができなかった。なぜなら、トラブルのために民事的な身分証明書の事務所を設置することさえできなかったからである。

しかし、4月の最後の2週間の間に、ドゥアルネーズを中心とした半径数キロのフィニステール地方の田園地帯に明らかな変化が起こり、一人の司祭が無数の危険を冒してその崇高な使命を果たすために田舎に戻ってきたことがすぐに明らかになった。

最初は耳打ちしていたことで、自治体が各地に張り巡らせているスパイの注意を喚起する必要はなかったが、最終的には謎の男が国を行き来していることが確実視された。悪天候のとき、嵐のとき、夜になると、無名の男がいつも一人で田舎を歩き回り、村を訪れた。あるときはポンクロワ、あるときはクロゾン、ドゥアルネーズ、プエランなど、教区だけでなく、最も孤立した家にも足を運んだ。

彼は、この国のことを完璧に知っていて、その必要性を認識しているようだった。子供が生まれると、彼は来て、死にかけている人を慰め、最後の儀式を行いる。彼の顔はたいていベールに包まれているので、めったに見ることはできないが、彼を見る必要はなく、彼の話を聞いて、彼の中に慈愛の宗教の牧師がいることがわかれば十分です。

最初はあまり知られていなかったこの事実は、すぐに世間の注目を集めた。すぐにドゥアルネーズの話題になった。

- 「昨晩、彼はマザー・ケルデナンの家に来て、彼女に処置を施した」と語った。

- 「一昨日、彼はブレゼネルトで子供に洗礼を施した」と相手は答えた。

- 「彼がここにいる間、最大限に活用しよう、彼に何かが起こるかもしれないからね。」と他のメンバーは素朴に答えた。

敬虔な人々ばかりのこの海岸の住民は、国の道徳的状況を一新してくれるこのよそ者の存在を喜んでいた。

ドゥアルネーズからポンクロワへ向かう道に古い樫の木の幹があり、そこに宗教の助けを求める人がメモや言葉、何かのサインを残すと、翌晩、不思議な神父が現れるというものだった。

孤立していたロクメイエのホストたちは、最初はこの新しい状況に気づかず、隣人とはほとんど話さず、自ら進んで家に閉じこもっていた。少なくとも2ヶ月間、この聖なる使命は彼らに知らされることなく、また彼らが自分の責任で利用することもできずに遂行された。

しかし、善良なロクメイエ人は事情を聞き、ケルナンに何かを伝えた。ブルターニュ人は急いで主人に伝えようとはせず、伯爵の目には満足感の閃きが映っていた。

- 「そうですね。その神父さんは勇敢で献身的な人なのでしょうね。」とケルナンは言った。

- 「そうだね。でも、彼は自分の周りの良いことで報われている。」と伯爵は言った。

- 「間違いなく、私たちの司祭です。この海岸の住民が、彼の存在に満足している理由がわかります。告白されずに死ぬのは辛かったことを知っているますか!?」

- 「はい。」と伯爵は言った。

- 「生まれたばかりの子供は洗礼を待つことができるし、誰もが揺りかごで司祭に代わる権利を持っている。しかし、枕元に告解者がいないまま死ぬのは、人を絶望させるには十分です。」

- 「君の言うとおりだ、かわいそうなケルナン。」

- しかし、ブルターニュ人は、「それはアンリさんを喜ばせることになると思いますよ私たちはこの勇敢な若者に多くを負っているが、幸いなことに、彼に感謝するのは簡単です。姪っ子が頼れる夫を持つことになると知っているますか?そしてきっと、彼が彼女を救ったことで、天は彼女を未来に残してくれたのでしょう。」と言った。

- 「この子が幸せになるように。彼女は、天が彼女に今の幸せな存在を与えるのに十分な試練を受けた。しかし、騎士にケルナンという神父のことを話す前に、私がそのことを整理させてほしい。」

ケルナンは何も言わないと約束したが、騎士はすぐに国中の話題を耳にした。彼はすぐにケルナンに自分の大発見を伝えに来たが、ブルターニュ人は微笑まずにはいられなかった。

- 「今夜の夕食時にその話をしてみてください。」と言った。

アンリはケルナンの助言に従い、その晩、マリーに手を差し伸べた後、シャントレーヌ伯爵を父の名で呼んだのである。

- 「しかし、この司祭は誰が見るのですか?」

- 「そうするよ。」と伯爵は言った。

マリーは彼の腕の中に身を投じた。

- 「大丈夫、大丈夫。幸運を運んできてくれます。これが終わりの終わりであっても不思議ではありません。ああ、アンリさん、きっと気に入ると思いますよ。」とケルナンが言うと、

- 「はい、おじさん」とアンリはブルターニュ人の首元に駆け寄った。

長い月日が流れたが、伯爵は謎の神父のことをそれ以上話さなかった。彼は彼を見たのだろうか?アンリはあえて聞かなかった。しかし、ある晩、伯爵は子供たちに、7月13日にモルガットの洞窟で結婚式を挙げることを発表した。これで3週間の我慢ができた。

諦めて待つしかないのだ。幸せに至るまでの時間はとても長く感じられますが、それでも一番早く動いているのは、千差万別の小さなことで頭がいっぱいだったからです。ケルナンは、マリーにウェディングドレスを美しく着せてあげたいと思い、数枚の古銭を使ってリボンやウィンプルを買ってあげた。アンリは本当に自分を破滅させてしまったのだが、それは難しいことではなく、ある日、何も言わずにシャトーランに行き、美しいブルターニュの農民服を持って帰ってきた。

また、ケルナンは良い大きな靴を履いて式典に登場することを名誉としており、新しい下駄を欲しがらないロクメイエもいなかったと言われている。

最終的には、約束の日の前にすべての準備が整いた。アンリはまだ神父のことが気になっていて、彼に会いたかった。木の幹の話を聞いた彼は、ある朝そこに行き、謎の神父に7月13日という重要な日とモルガットの洞窟のことを思い出させるメモを残した。

しばらくして、かなり風貌の悪い男がその手稿を奪い取り、すぐに姿を消した。

いよいよ大みそかの前夜、最後の夜は下の部屋で過ごした。アンリは嬉しさを抑えきれなかった。伯爵は子供たちに人生の大きな義務とその果たし方について語り、感動的な言葉をかけ、アンリとマリーは伯爵の膝の上に身を投げて祝福を求めた。

- 「そうだ。天の祝福がありますように!私の声で断罪されますように!残りの人生を維持できますように!ああ、そうだ、最愛の子供たちよ、父の祝福を果たしてくれますように。」と伯爵は言った。

そして、二人を持ち上げて抱きしめた。

訳注編集