シャントレーヌ伯爵/第12章


第12章
編集

この言葉を読んだことで、彼女の聞き手に影響を与えたことは容易に理解できます。マリーは思わず泣き出してしまい、アンリはそれを慰めるのに苦労した。

シャントレーヌ伯爵はどこへ行ったのだろうか? なぜこのように急いで出発したのだろうか? なぜこのような秘密があるのだろうか? 忠実なケルナンはそれを突き止めることができなかった。

- マリーの最初の言葉は、「ブラン派と戦うために行ったのよ!」だった。

- 「私抜きで!」とケルナンは叫んだ。

しかし、マリーが一人でいることを考えると、伯爵が彼女を保護するために預けたに違いないと理解した。

そのため、伯爵がカトリック軍の残党に加わったのではないかと話題になった。この仮説は非常に説得力があった。

実際、闘争はより熱烈に、より頑固に続けられていた。会議が抱えていたあらゆる戦争にもかかわらず、ジロンダンの処刑以来パリに存在していた恐怖にもかかわらず、この政府のメンバーは会議の一部の代議員と公然と闘っていたし、数週間後にはダントンが屈しなければならなかったにもかかわらず、公安委員会は驚異的な活動を行っていた。

この委員会は、内戦の恐怖と連合軍の危険にさらされていたフランスを、恐ろしく血生臭い手段で救ったものであるが、この委員会について、ある反対派の人々がどのように考えたかを知ることは有益である。

セントヘレナで、ナポレオンはこう言った。

"公安委員会は、フランスが革命期に持っていた唯一の政府である。"

正統派のドメスト氏も勇気を持って同意し、「移民たちはフランスを王たちに引き渡したのだから、王たちの手から奪う力はなかっただろう」と語った。

シャトーブリアンは、Barrère、Billaud-Varennes、Carnot、Collot-d'Herbois、Prieur de la Marne、Robert Lindet、Robespierre Elder、Couthon、Saint-Just、Jean-Bon Saint-André、Prieur de la Côte-d'Or、Héraut-Séchellesという12人の人物について、このように考えていたのである。

いずれにしても、ヴァンデ地方を終わらせたい委員会は、最も恐ろしい荒廃の道に入り込んでしまった。サヴェネの敗北後、トゥルローとグリニョンの両将軍が指揮する地獄の列が、この国に進出してきたのだ。彼らは略奪し、虐殺し、破壊した。女性、子供、老人、誰も彼らの血まみれの報復から逃れられなかった。

タルモンの王子は、先祖代々の城の前で捕らえられて処刑され、病気のダルベは、親族の二人に挟まれて、肘掛け椅子の上で撃たれた。Henri de La Rochejaqueleinは、1794年1月29日、Nouailléで焼夷弾の列に最終的に勝利した後、野原で驚いている2人のブルーの兵士に向かって前進した。

- 「諦めろ、私はお前のためにやっているんだ」と。

しかし、その中の一人が、彼に銃を突きつけて、額の真ん中に銃弾を当てて殺してしまったのだ。

この間、委員会の最も血気盛んなエージェントが地方に派遣された。キャリアは10月8日からナントで、垂直方向の退去と呼ばれる手段を考え、1月22日にはヴァンデ軍の捕虜に敬意を表してバルブボートを発足させたのである。

しかし、彼らが壊滅すればするほど、王党派の人々は革命への戦いに熱中していった。したがって、シャトレーヌ伯爵は、ノイルムーティエ島を退去させた後に作戦を再開したシャレットか、ラ・ロシュハークレインの後を継いだばかりのストフレットのどちらかに加わっていた可能性がある。

カトリック軍は霧散して、恐ろしいパルチザン戦争が繰り広げられていた。ストフレットとシャレット、この2人の輝かしいヴァンデ衆は、共和国の将軍たちを打ち負かしていた。シャレットは1万人の兵を率いて3ヶ月間、共和国軍を打ち破り、ハクソー将軍を殺害した。

このニュースはブルターニュの奥地にまで伝わり、ドゥアルネーズはしばしば戦いの音に身を震わせていた。

もし、伯爵がヴァンデにいなければ、シュアンネリー運動に身を投じることができただろう。ジャン・シュアンは、その運命の年、93年の最後の数ヶ月の間に上昇し、メイン州下部のすべての人口を引き寄せ、マイエンヌの底からモルビアンの底へと押し寄せた。

シャントレーヌ伯爵がここで果たすべき大きな役割があったのに、なぜ彼はそれを受け入れなかったのだろう。トレゴランとケルナンは、これらの確率をすべて話し合った。しかし、伯爵が隠していた秘密が、ケルナンを躊躇させた。

- 「彼が戦場に戻ってきたとしても、私たちに隠れていたわけではないという。」

- 「誰にもわからりません。」

- 「いいえ、他にもあるはずです。」

そして、どちらかがニュースを見て、ヴァンデやモルビアンで何が起こっているのかを知るために自分の身をさらけ出していた。しかし、その努力にもかかわらず、彼らは何も学ぶことができなかった。

マリーは震えながら父のために祈り、周囲を見渡すと、自分が世界でほとんど孤立していることに気がついた。

そして、絶望の瞬間もあった。ケルナンとシュバリエは彼女を安心させようとしたが、うまくいかなかった。

日が経っても伯爵の消息はつかめず、外からの噂も気になるものばかりだった。

伯爵は3月20日に姿を消し、その6日後にはヴェンデアンは一撃を加えて攻撃を再開した。

3月26日、モルターニュの町が青派から奪われたばかりだったが、この事件ではマリニーが総指揮を執っていた。マリニーはシャントレーヌのかつての仲間で、3ヶ月間放浪生活を送った後、勝利者として再び現れた。

この事実を知ったケルナンは叫んだ。

- 「主人はここにいます!モルターニュにいます。」

しかし、血みどろの戦いが繰り広げられ、ブラン派の優秀な兵士が犠牲になったという内容を聞いて、二人の男と少女の不安は最高潮に達し、モルターニュを攻略してから2週間経っても何の知らせもないので、マリーは絶望して叫んだ。

- 「私の父!私の貧しい父が死んだのです。」

- 「親愛なるマリー」トレゴランは、「落ち着いてください! いいえ、お父様は死んでいません!」と答えた。

- 繰り返すが、彼は死んだ!」と、若い娘は聞きたくもないのに繰り返した。

- 「姪よ、とケルナンは言った。「戦時中に好き勝手に彼のニュースを送るものではない。結局、共和党に勝ったばかりの勝利なのだ。」

- 「いや、ケルナン、希望を持ってはいけない!母は城で死に、父は戦場で死に、私は世界で一人、一人、一人なのだ。」

マリーは泣いていた。この試練で彼女は壊れてしまった。彼女の弱い性質は、何度も繰り返される打撃に耐えられなかったのだ。父の死を証明するものは何もなかったが、絶望の瞬間にはよくあることだが、彼女はこの時点で誰にも揺るがせない確信を得た。

しかし、マリーが「世界でひとりぼっちだ」と叫んだとき、ケルナンは大粒の涙が頬を伝い、心が血走って、思わず言ってしまった。

- 姪のマリー、あなたの叔父はまだあなたと一緒にいます。

- 「ケルナン、私の善きケルナン」と、少女はブルターニュ人と握手をした。

- あなたには、いつでもあなたを愛する友人がいます」と続けました。

-「 2つだ」とトレゴランは叫んだ。彼は自分自身にもかかわらずこの言葉を漏らした。「2つだよ、愛するマリー、君を愛しているからね」

- 「アンリさん!」とケルナンが言った。

- 「許してくれ、マリー。許してくれ、ケルナン。この言葉で私は窒息してしまったのだ! いや、私の愛する人は世界で一人ではないのだ。」

- 「アンリ!」と少女は叫んだ。

- 「そうです、私は彼女を愛しています、あなたも知っているでしょう、ケルナン、そして彼女の父親が彼女を託したあなたも私の愛を認めていますよ。」

- 「アンリさん、なぜこんなことを言うのかというと...。」

- 「ケルナンも、あなたも、愛するマリーも、私がこのように話したことを恐れないでください、私は去りますから。」

- マリーは、「逃げて!」と叫んだ。

- 「そう、あなたから離れていくこと、私が愛しているあなたから、そして私が何か良い言葉をもらいたいと思っていたあなたから。もし私が残っていたら、ケルナンに約束したように、この秘密を心に留めておくべきでした。しかし、私はいつまでかわかりませんが、旅に出ます。」

- 「でも、アンリ、どこへ行くの?」 シャントレーヌ夫人は、若者の心に浸透するようなアクセントで尋ねた。

- 「私はどこに行くの?ポワトゥーへ、ヴァンデへ、モルターニュへ、お父様にお会いできても、お父様からお話を伺えても、地球上にケルナンと私以外にあなたを愛する心があるのかどうかをお伝えしたいのです」。

- 「どうしてですかお前は伯爵に会いに行くのですか?」とケルナンが言うと

- 「そうです、私は彼を見つけなければならない、さもなくば私は苦しみながら死ぬでしょう。」

- 「アンリ!」と少女は叫んだ。

- 「あなたが留守の間、私がこの子の面倒を見ますが、気をつけてください。私たちはあなたが戻ってくることを期待していますから。」

- 「私には任務があります。そこで殺されるのではなく、シャントレーヌ伯爵に合流するのです。彼は私が見つけられないほどうまく隠れてはいないでしょう。王党派の軍隊で占めていた地位は、彼がそこで無名であることを許さない。マリーさん、私はモルターニュに行って、お父様のことをお知らせします。」

- 「アンリ、あなたは私たちのために多くの危険を克服するでしょう! 神があなたと一緒にいて、あなたに報いますように」と少女は言った。

- 「いつ出発するですか。」とケルナンが聞いてきた。

- 「今夜、夜、状況に応じて馬で移動したり、徒歩で移動したりしますが、必ず到着します。」

出発に向けての準備は長くはなかった。少女は、その時が来ると、騎士の手を握り、言葉を発することなく長い間その手を握っていた。ケルナンはとてもエモーショナルだった。しかし、アンリは少女の目から超人的な力を引き出し、長い別れの後、ドアに向かっていった。

その時、扉がさっと開いて、マントを着た男が現れた。

伯爵だった。

- 「私の父よ!」とマリーは叫んだ。

- 「私の最愛の娘よ!」と伯爵は答え、マリアを胸に抱いた。

- 「お父様がいらっしゃらないので心配していました。アンリさんがお父様を探しに行って、連れてきてくれるところでした。」

- 「いい子だ。まだまだ精進したいと思いましたね。」と、伯爵はシュヴァリエに手を差し伸べた。

- 「大丈夫ですよ。ここには運も作用していると思います。」とケルナンは言った。

失踪の理由を黙っていた伯爵は、到達した目的地についてそれ以上何も言わなかった。この旅が王党派の企てに関係していることは、ブルターニュ人にとっては明らかだったが、彼はこの件について主人に質問しなかった。

彼は、父親に何が起こったのかを知らせるべきだと考え、自分が心の拠り所としてきた愛を説明し、マリーが絶望している間に、この愛の告白が青年の唇から出てきたことを説明した。

- 「そして、これほどまでに愛される価値のある男はいませんでした。ご主人様、もしこの結婚が決まっても、この国には神父さんがいないので、お祝いすることができず、待たなければなりません。」

伯爵は答えずに首を振った。

訳注編集