春秋左氏傳/002 桓公/13

↑前年 桓公十三年(紀元前699年 翌年↓巻の二 桓公春秋左氏傳

訓読文編集

【經】 十いう三年、春二月、公、紀侯きこう鄭伯ていはくくわいす。己巳きし齊侯せいこう宋公そうこう衞侯えいこう燕人えんびとたゝかふ。齊の・宋の師・衞の師・燕の師・敗績はいせきす。三月、衞の宣公せんこうはうむる。夏、大水たいすゐあり。秋七月。冬十月。

【傳】 十三年(周ノ桓王二十一年)春、楚の屈瑕くつかつ。鬮伯比とうはくひ、之をおくりてかへり、其ぎよひて曰く、『莫敖ばくかうかならやぶれん。あしあぐること[#「こと」は合字→今昔文字鏡たか[1]こゝろかたからず』と。つひに楚子にまみえて曰く、『必ずせ』と。楚子、これす。りて夫人ふじん鄧曼とうまん[2]ぐ。鄧曼曰く、『大夫だいふ[3]は其れしうを謂ふにはあらじ。其れ、君の・小民せうみんづるにしんを以てし、諸司しよしをしふるにとくを以てし、莫敖をおどすにはけいを以てせんことを謂ふならん。(桓公十一年→)莫敖、蒲騷ほさうえきれて、將にみづかもちゐんとす。必ず羅をせうと(シテ輕ン)せん。君・鎮撫ちんぶせずんば、其れそなへまうけざらんか[4]。夫れ、もとより、君の・衆に訓へてく之を鎮撫せずんば、、諸司しよしして之にすゝむるに令德れいとくを以てし、莫敖をて、これに、てんあなどり[5]ゆるさゞることをげられんことをふならん。しからずんば、に楚の師のこと/”\けることをらざらんや』と。楚子、賴らいひと[6]をして之をはしむ。およばざりき。莫敖、師にとなへしめて曰く、『いさむるものけいあらん』と。えん[7]に及び、[8]みだし以て其みづわたる。遂に次無く、そなへをもまうけずして、羅に及ぶ。羅と盧戎ろじう[9]と、ふたつところより之にぐんし、大に之を敗る。莫敖、荒谷くわうこくくびる。群帥ぐんすゐ冶父やほ[10]とらはれ、以て刑を[11]。楚子曰く、『つみなり』と。みな、之をゆるす。
 宋、おほまひなひを鄭にむ。鄭、めいへず。故に・魯をて、齊・宋・衞・えんと戰ふ。戰ひしところしよせざるは、おくれたればなり[12]
 鄭人きたりてよしみをさめんことを請ふ。(→桓公十四年

編集

  1. 意驕る也。
  2. 楚の武王の夫人。
  3. 大夫は伯比をさす。
  4. 君若し召し還して以て、之を抑へ遏めずんば、彼必ず備を設けずして、以て敗を取らん 。
  5. 易は慢易なり。自ら用ひ、羅を小として輕んじ、備を設けざるは、皆是れ易なり。
  6. 賴は國名、楚の與國。
  7. 鄢は水名。
  8. 次は序次。
  9. 盧戎は南蠻。
  10. 荒谷、冶父は皆楚の地。
  11. 群帥、責を負はんとするなり。
  12. 魯君、戰役に會する期に後れしなり。