春秋左氏傳/002 桓公/09

↑前年 桓公九年(紀元前703年 翌年↓巻の二 桓公春秋左氏傳

訓読文編集

【經】 九年春、紀の季姜ききやう京師けいしとつぐ。夏四月。秋七月。冬、曹伯さうはくその世子せいし射姑やこをして來朝らいてうせしむ。

【傳】 九年(周ノ桓王十七年)春、紀の季姜、京師に歸ぐ。およ諸侯しよこうじよく、王后わうこうをのみしよす。
 巴子はし[1]韓服かんぷく[2]をして楚にげしめ、とうよしみさんとふ。楚子、道朔だうさく[3]をして巴のかく[4]ひきゐ以て鄧にへいせしむ。鄧の南鄙なんひ鄾人いうひとめて之がへいうばひ、道朔と巴の行人かうじんを殺す。楚子、薳章ゐしやうをして鄧をめしむ。鄧人けず。夏、楚、鬭廉とうれん[5]をしてひきゐ、巴の師と鄾をかこむ。鄧の養甥やうせい聃甥たんせい[6]、師を帥ゐて鄾を救ひ、たび巴の師をふ。たず。鬭廉、其師を巴の師のうち衡陳かうちん[7]し、以て戰ひて[8]。鄧人、之を逐うて、巴の師をうしろにす。しかうしてはさみて之をむ。鄧の師おほひやぶれ、鄾人・よるつひゆ。
 秋、虢仲くわくしう芮伯ぜいはく梁伯りやうはく荀侯じゆんこう賈伯かはく曲沃きよくよくつ。(→莊公十六年
 冬、曹の大子たいし・來朝す。之をひんするに上卿じやうけい(ノ禮)をもつてす。れいなり。
 曹の大子をきやうす。はじめてけんずるとき、がくかなでられてなげく。施父しほ[9]曰く、『曹の大子は、其れうれひあらんか。歎く所にあらざるなり』と。(→桓公十年

編集

  1. 巴は國名。
  2. 巴の行人。
  3. 楚の大夫。
  4. 巴の客は韓服なり。
  5. 楚の大夫。
  6. 二人は鄧の大夫。
  7. 衡陳は横陳なり。戰ひ走るの後、軍分れて二軍となりて止まる。鬭廉、横に其中間に陳したるなり。
  8. 楚師僞り走るなり。
  9. 魯の大夫。