メインメニューを開く

巻十六:哀傷


00829

[詞書]いもうとの身まかりにける時よみける

小野たかむらの朝臣

なく涙雨とふらなむわたり河水まさりなはかへりくるかに

なくなみた-あめとふらなむ-わたりかは-みつまさりなは-かへりくるかに


00830

[詞書]さきのおほきおほいまうちきみをしらかはのあたりにおくりける夜よめる

そせい法し

ちの涙おちてそたきつ白河は君か世まての名にこそ有りけれ

ちのなみた-おちてそたきつ-しらかはは-きみかよまての-なにこそありけれ


00831

[詞書]ほりかはのおほきおほいまうち君身まかりにける時に、深草の山にをさめてけるのちによみける

僧都勝延

空蝉はからを見つつもなくさめつ深草の山煙たにたて

うつせみは-からをみつつも-なくさめつ-ふかくさのやま-けふりたにたて


00832

[詞書]ほりかはのおほきおほいまうち君身まかりにける時に、深草の山にをさめてけるのちによみける

かむつけのみねを

ふかくさののへの桜し心あらはことしはかりはすみそめにさけ

ふかくさの-のへのさくらし-こころあらは-ことしはかりは-すみそめにさけ


00833

[詞書]藤原敏行朝臣の身まかりにける時によみてかの家につかはしける

きのとものり

ねても見ゆねても見えけりおほかたは空蝉の世そ夢には有りける

ねてもみゆ-ねてもみえけり-おほかたは-うつせみのよそ-ゆめにはありける


00834

[詞書]あひしれりける人の身まかりにけれはよめる

紀つらゆき

夢とこそいふへかりけれ世中にうつつある物と思ひけるかな

ゆめとこそ-いふへかりけれ-よのなかに-うつつあるものと-おもひけるかな


00835

[詞書]あひしれりける人のみまかりにける時によめる

みふのたたみね

ぬるかうちに見るをのみやは夢といはむはかなき世をもうつつとは見す

ぬるかうちに-みるをのみやは-ゆめといはむ-はかなきよをも-うつつとはみす


00836

[詞書]あねの身まかりにける時によめる

みふのたたみね

せをせけはふちとなりてもよとみけりわかれをとむるしからみそなき

せをせけは-ふちとなりても-よとみけり-わかれをとむる-しからみそなき


00837

[詞書]藤原忠房かむかしあひしりて侍りける人の身まかりにける時に、とふらひにつかはすとてよめる

閑院

さきたたぬくいのやちたひかなしきはなかるる水のかへりこぬなり

さきたたぬ-くいのやちたひ-かなしきは-なかるるみつの-かへりこぬなり


00838

[詞書]きのとものりか身まかりにける時よめる

つらゆき

あすしらぬわか身とおもへとくれぬまのけふは人こそかなしかりけれ

あすしらぬ-わかみとおもへと-くれぬまの-けふはひとこそ-かなしかりけれ


00839

[詞書]きのとものりか身まかりにける時よめる

たたみね

時しもあれ秋やは人のわかるへきあるを見るたにこひしきものを

ときしもあれ-あきやはひとの-わかるへき-あるをみるたに-こひしきものを


00840

[詞書]ははかおもひにてよめる

凡河内みつね

神な月時雨にぬるるもみちははたたわひ人のたもとなりけり

かみなつき-しくれにぬるる-もみちはは-たたわひひとの-たもとなりけり


00841

[詞書]ちちかおもひにてよめる

たたみね

ふち衣はつるるいとはわひ人の涙の玉のをとそなりける

ふちころも-はつるるいとは-わひひとの-なみたのたまの-をとそなりける


00842

[詞書]おもひに侍りけるとしの秋、山てらへまかりけるみちにてよめる

つらゆき

あさ露のおくての山田かりそめにうき世中を思ひぬるかな

あさつゆの-おくてのやまた-かりそめに-うきよのなかを-おもひぬるかな


00843

[詞書]おもひに侍りける人をとふらひにまかりてよめる

たたみね

すみそめの君かたもとは雲なれやたえす涙の雨とのみふる

すみそめの-きみかたもとは-くもなれや-たえすなみたの-あめとのみふる


00844

[詞書]女のおやのおもひにて山てらに侍りけるを、ある人のとふらひつかはせりけれは、返事によめる

よみ人しらす

あしひきの山へに今はすみそめの衣の袖はひる時もなし

あしひきの-やまへにいまは-すみそめの-ころものそての-ひるときもなし


00845

[詞書]諒闇の年池のほとりの花を見てよめる

たかむらの朝臣

水のおもにしつく花の色さやかにも君かみかけのおもほゆるかな

みつのおもに-しつくはなのいろ-さやかにも-きみかみかけの-おもほゆるかな


00846

[詞書]深草のみかとの御国忌の日よめる

文屋やすひて

草ふかき霞の谷に影かくしてるひのくれしけふにやはあらぬ

くさふかき-かすみのたにに-かけかくし-てるひのくれし-けふにやはあらぬ


00847

[詞書]ふかくさのみかとの御時に蔵人頭にてよるひるなれつかうまつりけるを、諒闇になりにけれは、さらに世にもましらすしてひえの山にのほりてかしらおろしてけり、その又のとしみなひと御ふくぬきて、あるはかうふりたまはりなとよろこひけるをききてよめる

僧正遍昭

みな人は花の衣になりぬなりこけのたもとよかわきたにせよ

みなひとは-はなのころもに-なりぬなり-こけのたもとよ-かわきたにせよ


00848

[詞書]河原のおほいまうちきみの身まかりての秋、かの家のほとりをまかりけるに、もみちのいろまたふかくもならさりけるを見てかの家によみていれたりける

近院右のおほいまうちきみ

うちつけにさひしくもあるかもみちはもぬしなきやとは色なかりけり

うちつけに-さひしくもあるか-もみちはも-ぬしなきやとは-いろなかりけり


00849

[詞書]藤原たかつねの朝臣の身まかりての又のとしの夏、ほとときすのなきけるをききてよめる

つらゆき

郭公けさなくこゑにおとろけは君を別れし時にそありける

ほとときす-けさなくこゑに-おとろけは-きみにわかれし-ときにそありける


00850

[詞書]さくらをうゑてありけるに、やうやく花さきぬへき時にかのうゑける人身まかりにけれは、その花を見てよめる

きのもちゆき

花よりも人こそあたになりにけれいつれをさきにこひむとか見し

はなよりも-ひとこそあたに-なりにけれ-いつれをさきに-こひむとかみし


00851

[詞書]あるし身まかりにける人の家の梅花を見てよめる

つらゆき

色もかも昔のこさににほへともうゑけむ人の影そこひしき

いろもかも-むかしのこさに-にほへとも-うゑけむひとの-かけそこひしき


00852

[詞書]河原の左のおほいまうちきみの身まかりてののちかの家にまかりてありけるに、しほかまといふ所のさまをつくれりけるを見てよめる

つらゆき

君まさて煙たえにししほかまの浦さひしくも見え渡るかな

きみまさて-けふりたえにし-しほかまの-うらさひしくも-みえわたるかな


00853

[詞書]藤原のとしもとの朝臣の右近中将にてすみ侍りけるさうしの身まかりてのち人もすますなりにけるを、秋の夜ふけてものよりまうてきけるついてに見いれけれは、もとありしせんさいもいとしけくあれたりけるを見て、はやくそこに侍りけれはむかしを思ひやりてよみける

みはるのありすけ

きみかうゑしひとむらすすき虫のねのしけきのへともなりにけるかな

きみかうゑし-ひとむらすすき-むしのねの-しけきのへとも-なりにけるかな


00854

[詞書]これたかのみこの、ちちの侍りけむ時によめりけむうたともとこひけれは、かきておくりけるおくによみてかけりける

とものり

ことならは事のはさへもきえななむ見れは涙のたきまさりけり

ことならは-ことのはさへも-きえななむ-みれはなみたの-たきまさりけり


00855

[詞書]題しらす

よみ人しらす

なき人のやとにかよはは郭公かけてねにのみなくとつけなむ

なきひとの-やとにかよはは-ほとときす-かけてねにのみ-なくとつけなむ


00856

[詞書]題しらす

よみ人しらす

誰見よと花さけるらむ白雲のたつのとはやくなりにしものを

たれみよと-はなさけるらむ-しらくもの-たつのとはやく-なりにしものを


00857

[詞書]式部卿のみこ閑院の五のみこにすみわたりけるを、いくはくもあらて女みこの身まかりにける時に、かのみこすみける帳のかたひらのひもにふみをゆひつけたりけるをとりて見れは、むかしのてにて、このうたをなむかきつけたりける

閑院の五のみこ

かすかすに我をわすれぬものならは山の霞をあはれとは見よ

かすかすに-われをわすれぬ-ものならは-やまのかすみを-あはれとはみよ


00858

[詞書]をとこの人のくににまかれりけるまに、女にはかにやまひをしていとよわくなりにける時よみおきて身まかりにける

よみ人しらす

こゑをたにきかてわかるるたまよりもなきとこにねむ君そかなしき

こゑをたに-きかてわかるる-たまよりも-なきとこにねむ-きみそかなしき


00859

[詞書]やまひにわつらひ侍りける秋、心地のたのもしけなくおほえけれはよみて人のもとにつかはしけ

大江千里

もみちはを風にまかせて見るよりもはかなき物はいのちなりけり

もみちはを-かせにまかせて-みるよりも-はかなきものは-いのちなりけり


00860

[詞書]身まかりなむとてよめる

藤原これもと

つゆをなとあたなる物と思ひけむわか身も草におかぬはかりを

つゆをなと-あたなるものと-おもひけむ-わかみもくさに-おかぬはかりを


00861

[詞書]やまひしてよわくなりにける時よめる

なりひらの朝臣

つひにゆくみちとはかねてききしかときのふけふとはおもはさりしを

つひにゆく-みちとはかねて-ききしかと-きのふけふとは-おもはさりしを


00862

[詞書]かひのくににあひしりて侍りける人とふらはむとてまかりけるを、みち中にてにはかにやまひをしていまいまとなりにけれは、よみて京にもてまかりて母に見せよといひて人につけ侍りけるうた

在原しけはる

かりそめのゆきかひちとそ思ひこし今はかきりのかとてなりけり

かりそめの-ゆきかひちとそ-おもひこし-いまはかきりの-かとてなりけり