メインメニューを開く

巻十二:恋二


00552

[詞書]題しらす

小野小町

思ひつつぬれはや人の見えつらむ夢としりせはさめさらましを

おもひつつ-ぬれはやひとの-みえつらむ-ゆめとしりせは-さめさらましを


00553

[詞書]題しらす

小野小町

うたたねに恋しきひとを見てしより夢てふ物は思みそめてき

うたたねに-こひしきひとを-みてしより-ゆめてふものは-たのみそめてき


00554

[詞書]題しらす

小野小町

いとせめてこひしき時はむは玉のよるの衣を返してそきる

いとせめて-こひしきときは-うはたまの-よるのころもを-かへしてそきる


00555

[詞書]題しらす

素性法師

秋風の身にさむけれはつれもなき人をそたのむくるる夜ことに

あきかせの-みにさむけれは-つれもなき-ひとをそたのむ-くるるよことに


00556

[詞書]しもついつもてらに人のわさしける日、真せい法しのたうしにていへりける事を歌によみてをののこまちかもとにつかはしける

あへのきよゆきの朝臣

つつめとも袖にたまらぬ白玉は人を見ぬめの涙なりけり

つつめとも-そてにたまらぬ-しらたまは-ひとをみぬめの-なみたなりけり


00557

[詞書]返し

こまち

おろかなる涙そそてに玉はなす我はせきあへすたきつせなれは

おろかなる-なみたそそてに-たまはなす-われはせきあへす-たきつせなれは


00558

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

藤原としゆきの朝臣

恋ひわひて打ちぬる中に行きかよふ夢のたたちはうつつならなむ

こひわひて-うちぬるなかに-ゆきかよふ-ゆめのたたちは-うつつならなむ


00559

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

藤原としゆきの朝臣

住の江の岸による浪よるさへやゆめのかよひち人めよくらむ

すみのえの-きしによるなみ-よるさへや-ゆめのかよひち-ひとめよくらむ


00560

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

をののよしき

わかこひはみ山かくれの草なれやしけさまされとしる人のなき

わかこひは-みやまかくれの-くさなれや-しけさまされと-しるひとのなき


00561

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

紀とものり

よひのまもはかなく見ゆる夏虫に迷ひまされるこひもするかな

よひのまも-はかなくみゆる-なつむしに-まよひまされる-こひもするかな


00562

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

紀とものり

ゆふされは蛍よりけにもゆれともひかり見ねはや人のつれなき

ゆふされは-ほたるよりけに-もゆれとも-ひかりみねはや-ひとのつれなき


00563

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

紀とものり

ささのはにおく霜よりもひとりぬるわか衣手そさえまさりける

ささのはに-おくしもよりも-ひとりぬる-わかころもてそ-さえまさりける


00564

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

紀とものり

わかやとの菊のかきねにおくしものきえかへりてそこひしかりける

わかやとの-きくのかきねに-おくしもの-きえかへりてそ-こひしかりける


00565

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

紀とものり

河のせになひくたまものみかくれて人にしられぬこひもするかな

かはのせに-なひくたまもの-みかくれて-ひとにしられぬ-こひもするかな


00566

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

みふのたたみね

かきくらしふる白雪のしたきえにきえて物思ふころにもあるかな

かきくらし-ふるしらゆきの-したきえに-きえてものおもふ-ころにもあるかな


00567

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

藤原おきかせ

君こふる涙のとこにみちぬれはみをつくしとそ我はなりぬる

きみこふる-なみたのとこに-みちぬれは-みをつくしとそ-われはなりぬる


00568

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

藤原おきかせ

しぬるいのちいきもやすると心みに玉のをはかりあはむといはなむ

しぬるいのち-いきもやすると-こころみに-たまのをはかり-あはむといはなむ


00569

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

藤原おきかせ

わひぬれはしひてわすれむと思へとも夢といふ物そ人たのめなる

わひぬれは-しひてわすれむと-おもへとも-ゆめといふものそ-ひとたのめなる


00570

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

よみ人しらす

わりなくもねてもさめてもこひしきか心をいつちやらはわすれむ

わりなくも-ねてもさめても-こひしきか-こころをいつち-やらはわすれむ


00571

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

よみ人しらす

恋しきにわひてたましひ迷ひなはむなしきからのなにやのこらむ

こひしきに-わひてたましひ-まよひなは-むなしきからの-なにやのこらむ


00572

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

紀つらゆき

君こふる涙しなくは唐衣むねのあたりは色もえなまし

きみこふる-なみたしなくは-からころも-むねのあたりは-いろもえなまし


00573

[詞書]題しらす

紀つらゆき

世とともに流れてそ行く涙河冬もこほらぬみなわなりけり

よとともに-なかれてそゆく-なみたかは-ふゆもこほらぬ-みなわなりけり


00574

[詞書]題しらす

紀つらゆき

夢ちにもつゆやおくらむよもすからかよへる袖のひちてかわかぬ

ゆめちにも-つゆやおくらむ-よもすから-かよへるそての-ひちてかわかぬ


00575

[詞書]題しらす

そせい法し

はかなくて夢にも人を見つる夜は朝のとこそおきうかりける

はかなくて-ゆめにもひとを-みつるよは-あしたのとこそ-おきうかりける


00576

[詞書]題しらす

藤原たたふさ

いつはりの涙なりせは唐衣しのひに袖はしほらさらまし

いつはりの-なみたなりせは-からころも-しのひにそては-しほらさらまし


00577

[詞書]題しらす

大江千里

ねになきてひちにしかとも春さめにぬれにし袖ととははこたへむ

ねになきて-ひちにしかとも-はるさめに-ぬれにしそてと-とははこたへむ


00578

[詞書]題しらす

としゆきの朝臣

わかことく物やかなしき郭公時そともなくよたたなくらむ

わかことく-ものやかなしき-ほとときす-ときそともなく-よたたなくらむ


00579

[詞書]題しらす

つらゆき

さ月山こすゑをたかみ郭公なくねそらなるこひもするかな

さつきやま-こすゑをたかみ-ほとときす-なくねそらなる-こひもするかな


00580

[詞書]題しらす

凡河内みつね

秋きりのはるる時なき心にはたちゐのそらもおもほえなくに

あききりの-はるるときなき-こころには-たちゐのそらも-おもほえなくに


00581

[詞書]題しらす

清原ふかやふ

虫のこと声にたててはなかねとも涙のみこそしたになかるれ

むしのこと-こゑにたてては-なかねとも-なみたのみこそ-したになかるれ


00582

[詞書]これさたのみこの家の歌合のうた

よみ人しらす

秋なれは山とよむまてなくしかに我おとらめやひとりぬるよは

あきなれは-やまとよむまて-なくしかに-われおとらめや-ひとりぬるよは


00583

[詞書]題しらす

つらゆき

秋ののにみたれてさける花の色のちくさに物を思ふころかな

あきののに-みたれてさける-はなのいろの-ちくさにものを-おもふころかな


00584

[詞書]題しらす

みつね

ひとりして物をおもへは秋のよのいなはのそよといふ人のなき

ひとりして-ものをおもへは-あきのよの-いなはのそよと-いふひとのなき


00585

[詞書]題しらす

ふかやふ

人を思ふ心はかりにあらねともくもゐにのみもなきわたるかな

ひとをおもふ-こころはかりに-あらねとも-くもゐにのみも-なきわたるかな


00586

[詞書]題しらす

たたみね

秋風にかきなすことのこゑにさへはかなく人のこひしかるらむ

あきかせに-かきなすことの-こゑにさへ-はかなくひとの-こひしかるらむ


00587

[詞書]題しらす

つらゆき

まこもかるよとのさは水雨ふれはつねよりことにまさるわかこひ

まこもかる-よとのさはみつ-あめふれは-つねよりことに-まさるわかこひ


00588

[詞書]やまとに侍りける人につかはしける

つらゆき

こえぬまはよしのの山のさくら花人つてにのみききわたるかな

こえぬまは-よしののやまの-さくらはな-ひとつてにのみ-ききわたるかな


00589

[詞書]やよひはかりに物のたうひける人のもとに又人まかりつつせうそこすとききてつかはしける

つらゆき

露ならぬ心を花におきそめて風吹くことに物思ひそつく

つゆならぬ-こころをはなに-おきそめて-かせふくことに-ものおもひそつく


00590

[詞書]題しらす

坂上これのり

わかこひにくらふの山のさくら花まなくちるともかすはまさらし

わかこひに-くらふのやまの-さくらはな-まなくちるとも-かすはまさらし


00591

[詞書]題しらす

むねをかのおほより

冬河のうへはこほれる我なれやしたになかれてこひわたるらむ

ふゆかはの-うへはこほれる-われなれや-したになかれて-こひわたるらむ


00592

[詞書]題しらす

たたみね

たきつせにねさしととめぬうき草のうきたるこひも我はするかな

たきつせに-ねさしととめぬ-うきくさの-うきたるこひも-われはするかな


00593

[詞書]題しらす

とものり

よひよひにぬきてわかぬるかり衣かけておもはぬ時のまもなし

よひよひに-ぬきてわかぬる-かりころも-かけておもはぬ-ときのまもなし


00594

[詞書]題しらす

とものり

あつまちのさやの中山なかなかになにしか人を思ひそめけむ

あつまちの-さやのなかやま-なかなかに-なにしかひとを-おもひそめけむ


00595

[詞書]題しらす

とものり

しきたへの枕のしたに海はあれと人を見るめはおひすそ有りける

しきたへの-まくらのしたに-うみはあれと-ひとをみるめは-おひすそありける


00596

[詞書]題しらす

とものり

年をへてきえぬおもひは有りなからよるのたもとは猶こほりけり

としをへて-きえぬおもひは-ありなから-よるのたもとは-なほこほりけり


00597

[詞書]題しらす

つらゆき

わかこひはしらぬ山ちにあらなくに迷ふ心そわひしかりける

わかこひは-しらぬやまちに-あらなくに-まよふこころそ-わひしかりける


00598

[詞書]題しらす

つらゆき

紅のふりいてつつなく涙にはたもとのみこそ色まさりけれ

くれなゐの-ふりいてつつなく-なみたには-たもとのみこそ-いろまさりけれ


00599

[詞書]題しらす

つらゆき

白玉と見えし涙も年ふれはから紅にうつろひにけり

しらたまと-みえしなみたも-としふれは-からくれなゐに-うつろひにけり


00600

[詞書]題しらす

みつね

夏虫をなにかいひけむ心から我も思ひにもえぬへらなり

なつむしを-なにかいひけむ-こころから-われもおもひに-もえぬへらなり


00601

[詞書]題しらす

たたみね

風ふけは峰にわかるる白雲のたえてつれなき君か心か

かせふけは-みねにわかるる-しらくもの-たえてつれなき-きみかこころか


00602

[詞書]題しらす

たたみね

月影にわか身をかふる物ならはつれなき人もあはれとや見む

つきかけに-わかみをかふる-ものならは-つれなきひとも-あはれとやみむ


00603

[詞書]題しらす

ふかやふ

こひしなはたか名はたたし世中のつねなき物といひはなすとも

こひしなは-たかなはたたし-よのなかの-つねなきものと-いひはなすとも


00604

[詞書]題しらす

つらゆき

つのくにのなにはのあしのめもはるにしけきわかこひ人しるらめや

つのくにの-なにはのあしの-めもはるに-しけきわかこひ-ひとしるらめや


00605

[詞書]題しらす

つらゆき

手もふれて月日へにけるしらま弓おきふしよるはいこそねられね

てもふれて-つきひへにける-しらまゆみ-おきふしよるは-いこそねられね


00606

[詞書]題しらす

つらゆき

人しれぬ思ひのみこそわひしけれわか歎をは我のみそしる

ひとしれぬ-おもひのみこそ-わひしけれ-わかなけきをは-われのみそしる


00607

[詞書]題しらす

とものり

事にいてていはぬはかりそみなせ河したにかよひてこひしきものを

ことにいてて-いはぬはかりそ-みなせかは-したにかよひて-こひしきものを


00608

[詞書]題しらす

みつね

君をのみ思ひねにねし夢なれはわか心から見つるなりけり

きみをのみ-おもひねにねし-ゆめなれは-わかこころから-みつるなりけり


00609

[詞書]題しらす

たたみね

いのちにもまさりてをしくある物は見はてぬゆめのさむるなりけり

いのちにも-まさりてをしく-あるものは-みはてぬゆめの-さむるなりけり


00610

[詞書]題しらす

はるみちのつらき

梓弓ひけは本末わか方によるこそまされこひの心は

あつさゆみ-ひけはもとすゑ-わかかたに-よるこそまされ-こひのこころは


00611

[詞書]題しらす

みつね

わかこひはゆくへもしらすはてもなし逢ふを限と思ふはかりそ

わかこひは-ゆくへもしらす-はてもなし-あふをかきりと-おもふはかりそ


00612

[詞書]題しらす

みつね

我のみそかなしかりけるひこほしもあはてすくせる年しなけれは

われのみそ-かなしかりける-ひこほしも-あはてすくせる-とししなけれは


00613

[詞書]題しらす

ふかやふ

今ははやこひしなましをあひ見むとたのめし夢そいのちなりける

いまははや-こひしなましを-あひみむと-たのめしことそ-いのちなりける


00614

[詞書]題しらす

みつね

たのめつつあはて年ふるいつはりにこりぬ心を人はしらなむ

たのめつつ-あはてとしふる-いつはりに-こりぬこころを-ひとはしらなむ


00615

[詞書]題しらす

とものり

いのちやはなにそはつゆのあた物をあふにしかへはをしからなくに

いのちやは-なにそはつゆの-あたものを-あふにしかへは-をしからなくに