メインメニューを開く

巻十三:恋三


00616

[詞書]やよひのついたちよりしのひに人にものらいひてのちに、雨のそほふりけるによみてつかはしける

在原業平朝臣

おきもせすねもせてよるをあかしては春の物とてなかめくらしつ

おきもせす-ねもせてよるを-あかしては-はるのものとて-なかめくらしつ


00617

[詞書]なりひらの朝臣の家に侍りける女のもとによみてつかはしける

としゆきの朝臣

つれつれのなかめにまさる涙河袖のみぬれてあふよしもなし

つれつれの-なかめにまさる-なみたかは-そてのみぬれて-あふよしもなし


00618

[詞書]かの女にかはりて返しによめる

なりひらの朝臣

あさみこそ袖はひつらめ涙河身さへ流るときかはたのまむ

あさみこそ-そてはひつらめ-なみたかは-みさへなかると-きかはたのまむ


00619

[詞書]題しらす

よみ人しらす

よるへなみ身をこそとほくへたてつれ心は君か影となりにき

よるへなみ-みをこそとほく-へたてつれ-こころはきみか-かけとなりにき


00620

[詞書]題しらす

よみ人しらす

いたつらに行きてはきぬるものゆゑに見まくほしさにいさなはれつつ

いたつらに-ゆきてはきぬる-ものゆゑに-みまくほしさに-いさなはれつつ


00621

[詞書]題しらす/この歌は、ある人のいはく、柿本人麿か歌なり

よみ人しらす(一説、柿本人麿)

あはぬ夜のふる白雪とつもりなは我さへともにけぬへきものを

あはぬよの-ふるしらゆきと-つもりなは-われさへともに-けぬへきものを


00622

[詞書]題しらす

なりひらの朝臣

秋ののにささわけしあさの袖よりもあはてこしよそひちまさりける

あきののに-ささわけしあさの-そてよりも-あはてこしよそ-ひちまさりける


00623

[詞書]題しらす

をののこまち

見るめなきわか身をうらとしらねはやかれなてあまのあしたゆくくる

みるめなき-わかみをうらと-しらねはや-かれなてあまの-あしたゆくくる


00624

[詞書]題しらす

源むねゆきの朝臣

あはすしてこよひあけなは春の日の長くや人をつらしと思はむ

あはすして-こよひあけなは-はるのひの-なかくやひとを-つらしとおもはむ


00625

[詞書]題しらす

みふのたたみね

有あけのつれなく見えし別より暁はかりうき物はなし

ありあけの-つれなくみえし-わかれより-あかつきはかり-うきものはなし


00626

[詞書]題しらす

在原元方

逢ふ事のなきさにしよる浪なれは怨みてのみそ立帰りける

あふことの-なきさにしよる-なみなれは-うらみてのみそ-たちかへりける


00627

[詞書]題しらす

よみ人しらす

かねてより風にさきたつ浪なれや逢ふ事なきにまたき立つらむ

かねてより-かせにさきたつ-なみなれや-あふことなきに-またきたつらむ


00628

[詞書]題しらす

たたみね

みちのくに有りといふなるなとり河なきなとりてはくるしかりけり

みちのくに-ありといふなる-なとりかは-なきなとりては-くるしかりけり


00629

[詞書]題しらす

みはるのありすけ

あやなくてまたきなきなのたつた河わたらてやまむ物ならなくに

あやなくて-またきなきなの-たつたかは-わたらてやまむ-ものならなくに


00630

[詞書]題しらす

もとかた

人はいさ我はなきなのをしけれは昔も今もしらすとをいはむ

ひとはいさ-われはなきなの-をしけれは-むかしもいまも-しらすとをいはむ


00631

[詞書]題しらす

よみ人しらす

こりすまに又もなきなはたちぬへし人にくからぬ世にしすまへは

こりすまに-またもなきなは-たちぬへし-ひとにくからぬ-よにしすまへは


00632

[詞書]ひむかしの五条わたりに人をしりおきてまかりかよひけり、しのひなる所なりけれはかとよりしもえいらてかきのくつれよりかよひけるを、たひかさなりけれはあるしききつけてかのみちに夜ことに人をふせてまもらすれは、いきけれとえあはてのみかへりてよみてやりける

なりひらの朝臣

ひとしれぬわかかよひちの関守はよひよひことにうちもねななむ

ひとしれぬ-わかかよひちの-せきもりは-よひよひことに-うちもねななむ


00633

[詞書]題しらす

つらゆき

しのふれとこひしき時はあしひきの山より月のいててこそくれ

しのふれと-こひしきときは-あしひきの-やまよりつきの-いててこそくれ


00634

[詞書]題しらす

よみ人しらす

こひこひてまれにこよひそ相坂のゆふつけ鳥はなかすもあらなむ

こひこひて-まれにこよひそ-あふさかの-ゆふつけとりは-なかすもあらなむ


00635

[詞書]題しらす

をののこまち

秋の夜も名のみなりけりあふといへは事そともなくあけぬるものを

あきのよも-なのみなりけり-あふといへは-ことそともなく-あけぬるものを


00636

[詞書]題しらす

凡河内みつね

なかしとも思ひそはてぬ昔より逢ふ人からの秋のよなれは

なかしとも-おもひそはてぬ-むかしより-あふひとからの-あきのよなれは


00637

[詞書]題しらす

よみ人しらす

しののめのほからほからとあけゆけはおのかきぬきぬなるそかなしき

しののめの-ほからほからと-あけゆけは-おのかきぬきぬ-なるそかなしき


00638

[詞書]題しらす

藤原国経朝臣

曙ぬとて今はの心つくからになといひしらぬ思ひそふらむ

あけぬとて-いまはのこころ-つくからに-なといひしらぬ-おもひそふらむ


00639

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

としゆきの朝臣

あけぬとてかへる道にはこきたれて雨も涙もふりそほちつつ

あけぬとて-かへるみちには-こきたれて-あめもなみたも-ふりそほちつつ


00640

[詞書]題しらす

しののめの別ををしみ我そまつ鳥よりさきに鳴きはしめつる

しののめの-わかれををしみ-われそまつ-とりよりさきに-なきはしめつる


00641

[詞書]題しらす

よみ人しらす

ほとときす夢かうつつかあさつゆのおきて別れし暁のこゑ

ほとときす-ゆめかうつつか-あさつゆの-おきてわかれし-あかつきのこゑ


00642

[詞書]題しらす

よみ人しらす

玉匣あけは君かなたちぬへみ夜ふかくこしを人見けむかも

たまくしけ-あけはきみかな-たちぬへみ-よふかくこしを-ひとみけむかも


00643

[詞書]題しらす

大江千里

けさはしもおきけむ方もしらさりつ思ひいつるそきえてかなしき

けさはしも-おきけむかたも-しらさりつ-おもひいつるそ-きえてかなしき


00644

[詞書]人にあひてあしたによみてつかはしける

なりひらの朝臣

ねぬる夜の夢をはかなみまとろめはいやはかなにもなりまさるかな

ねぬるよの-ゆめをはかなみ-まとろめは-いやはかなにも-なりまさるかな


00645

[詞書]業平朝臣の伊勢のくににまかりたりける時、斉宮なりける人にいとみそかにあひて又のあしたに人やるすへなくて思ひをりけるあひたに、女のもとよりおこせたりける

よみ人しらす

きみやこし我や行きけむおもほえす夢かうつつかねてかさめてか

きみやこし-われやゆきけむ-おもほえす-ゆめかうつつか-ねてかさめてか


00646

[詞書]返し

なりひらの朝臣

かきくらす心のやみに迷ひにき夢うつつとは世人さためよ

かきくらす-こころのやみに-まよひにき-ゆめうつつとは-よひとさためよ


00647

[詞書]題しらす

よみ人しらす

むはたまのやみのうつつはさたかなる夢にいくらもまさらさりけり

うはたまの-やみのうつつは-さたかなる-ゆめにいくらも-まさらさりけり


00648

[詞書]題しらす

よみ人しらす

さ夜ふけてあまのと渡る月影にあかすも君をあひ見つるかな

さよふけて-あまのとわたる-つきかけに-あかすもきみを-あひみつるかな


00649

[詞書]題しらす

よみ人しらす

君か名もわかなもたてしなにはなるみつともいふなあひきともいはし

きみかなも-わかなもたてし-なにはなる-みつともいふな-あひきともいはし


00650

[詞書]題しらす

よみ人しらす

名とり河せせのむもれ木あらはれは如何にせむとかあひ見そめけむ

なとりかは-せせのうもれき-あらはれは-いかにせむとか-あひみそめけむ


00651

[詞書]題しらす

よみ人しらす

吉野河水の心ははやくともたきのおとにはたてしとそ思ふ

よしのかは-みつのこころは-はやくとも-たきのおとには-たてしとそおもふ


00652

[詞書]題しらす

よみ人しらす

こひしくはしたにをおもへ紫のねすりの衣色にいつなゆめ

こひしくは-したにをおもへ-むらさきの-ねすりのころも-いろにいつなゆめ


00653

[詞書]題しらす

をののはるかせ

花すすきほにいててこひは名ををしみしたゆふひものむすほほれつつ

はなすすき-ほにいててこひは-なををしみ-したゆふひもの-むすほほれつつ


00654

[詞書]たちはなのきよきかしのひにあひしれりける女のもとよりおこせたりける

よみ人しらす

思ふとちひとりひとりかこひしなはたれによそへてふち衣きむ

おもふとち-ひとりひとりか-こひしなは-たれによそへて-ふちころもきむ


00655

[詞書]返し

たちはなのきよ木

なきこふる涙に袖のそほちなはぬきかへかてらよるこそはきめ

なきこふる-なみたにそての-そほちなは-ぬきかへかてら-よるこそはきめ


00656

[詞書]題しらす

こまち

うつつにはさもこそあらめ夢にさへ人めをよくと見るかわひしさ

うつつには-さもこそあらめ-ゆめにさへ-ひとめをよくと-みるかわひしさ


00657

[詞書]題しらす

こまち

限なき思ひのままによるもこむゆめちをさへに人はとかめし

かきりなき-おもひのままに-よるもこむ-ゆめちをさへに-ひとはとかめし


00658

[詞書]題しらす

こまち

夢ちにはあしもやすめすかよへともうつつにひとめ見しことはあらす

ゆめちには-あしもやすめす-かよへとも-うつつにひとめ-みしことはあらす


00659

[詞書]題しらす

よみ人しらす

おもへとも人めつつみのたかけれは河と見なからえこそわたらね

おもへとも-ひとめつつみの-たかけれは-かはとみなから-えこそわたらね


00660

[詞書]題しらす

よみ人しらす

たきつせのはやき心をなにしかも人めつつみのせきととむらむ

たきつせの-はやきこころを-なにしかも-ひとめつつみの-せきととむらむ


00661

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

きのとものり

紅の色にはいてしかくれぬのしたにかよひてこひはしぬとも

くれなゐの-いろにはいてし-かくれぬの-したにかよひて-こひはしぬとも


00662

[詞書]題しらす

みつね

冬の池にすむにほ鳥のつれもなくそこにかよふと人にしらすな

ふゆのいけに-すむにほとりの-つれもなく-そこにかよふと-ひとにしらすな


00663

[詞書]題しらす

みつね

ささのはにおくはつしもの夜をさむみしみはつくとも色にいてめや

ささのはに-おくはつしもの-よをさむみ-しみはつくとも-いろにいてめや


00664

[詞書]題しらす/この歌、ある人、あふみのうねめのとなむ申す

読人しらす(一説、あふみのうねめ)

山しなのおとはの山のおとにたに人のしるへくわかこひめかも

やましなの-おとはのやまの-おとにたに-ひとのしるへく-わかこひめかも


00665

[詞書]題しらす

清原ふかやふ

みつしほの流れひるまをあひかたみみるめの浦によるをこそまて

みつしほの-なかれひるまを-あひかたみ-みるめのうらに-よるをこそまて


00666

[詞書]題しらす

平貞文

白河のしらすともいはしそこきよみ流れて世世にすまむと思へは

しらかはの-しらすともいはし-そこきよみ-なかれてよよに-すまむとおもへは


00667

[詞書]題しらす

とものり

したにのみこふれはくるし玉のをのたえてみたれむ人なとかめそ

したにのみ-こふれはくるし-たまのをの-たえてみたれむ-ひとなとかめそ


00668

[詞書]題しらす

とものり

わかこひをしのひかねてはあしひきの山橘の色にいてぬへし

わかこひを-しのひかねては-あしひきの-やまたちはなの-いろにいてぬへし


00669

[詞書]題しらす

よみ人しらす

おほかたはわか名もみなとこきいてなむ世をうみへたに見るめすくなし

おほかたは-わかなもみなと-こきいてなむ-よをうみへたに-みるめすくなし


00670

[詞書]題しらす

平貞文

枕より又しる人もなきこひを涙せきあへすもらしつるかな

まくらより-またしるひとも-なきこひを-なみたせきあへす-もらしつるかな


00671

[詞書]題しらす/このうたは、ある人のいはく、かきのもとの人まろかなり

よみ人しらす(一説、かきのもとの人まろ)

風ふけは浪打つ岸の松なれやねにあらはれてなきぬへらなり

かせふけは-なみうつきしの-まつなれや-ねにあらはれて-なきぬへらなり


00672

[詞書]題しらす

よみ人しらす

池にすむ名ををし鳥の水をあさみかくるとすれとあらはれにけり

いけにすむ-なををしとりの-みつをあさみ-かくるとすれと-あらはれにけり


00673

[詞書]題しらす

よみ人しらす

逢ふ事は玉の緒はかり名のたつは吉野の河のたきつせのこと

あふことは-たまのをはかり-なのたつは-よしののかはの-たきつせのこと


00674

[詞書]題しらす

よみ人しらす

むらとりのたちにしわか名今更にことなしふともしるしあらめや

むらとりの-たちにしわかな-いまさらに-ことなしむとも-しるしあらめや


00675

[詞書]題しらす

よみ人しらす

君によりわかなは花に春霞野にも山にもたちみちにけり

きみにより-わかなははなに-はるかすみ-のにもやまにも-たちみちにけり


00676

[詞書]題しらす

伊勢

しるといへは枕たにせてねしものをちりならぬなのそらにたつらむ

しるといへは-まくらたにせて-ねしものを-ちりならぬなの-そらにたつらむ