メインメニューを開く

巻十一:恋一


00469

[詞書]題しらす

読人しらす

郭公なくやさ月のあやめくさあやめもしらぬこひもするかな

ほとときす-なくやさつきの-あやめくさ-あやめもしらぬ-こひもするかな


00470

[詞書]題しらす

素性法師

おとにのみきくの白露よるはおきてひるは思ひにあへすけぬへし

おとにのみ-きくのしらつゆ-よるはおきて-ひるはおもひに-あへすけぬへし


00471

[詞書]題しらす

紀貫之

吉野河いは浪たかく行く水のはやくそ人を思ひそめてし

よしのかは-いはなみたかく-ゆくみつの-はやくそひとを-おもひそめてし


00472

[詞書]題しらす

藤原勝臣

白浪のあとなき方に行く舟も風そたよりのしるへなりける

しらなみの-あとなきかたに-ゆくふねも-かせそたよりの-しるへなりける


00473

[詞書]題しらす

在原元方

おとは山おとにききつつ相坂の関のこなたに年をふるかな

おとはやま-おとにききつつ-あふさかの-せきのこなたに-としをふるかな


00474

[詞書]題しらす

在原元方

立帰りあはれとそ思ふよそにても人に心をおきつ白浪

たちかへり-あはれとそおもふ-よそにても-ひとにこころを-おきつしらなみ


00475

[詞書]題しらす

つらゆき

世中はかくこそ有りけれ吹く風のめに見ぬ人もこひしかりけり

よのなかは-かくこそありけれ-ふくかせの-めにみぬひとも-こひしかりけり


00476

[詞書]右近のむまはのひをりの日、むかひにたてたりけるくるまのしたすたれより女のかほのほのかに見えけれは、よむてつかはしける

在原業平朝臣

見すもあらす見もせぬ人のこひしくはあやなくけふやなかめくらさむ

みすもあらす-みもせぬひとの-こひしくは-あやなくけふや-なかめくらさむ


00477

[詞書]返し

よみ人しらす

しるしらぬなにかあやなくわきていはむ思ひのみこそしるへなりけれ

しるしらぬ-なにかあやなく-わきていはむ-おもひのみこそ-しるへなりけれ


00478

[詞書]かすかのまつりにまかれりける時に、物見にいてたりける女のもとに家をたつねてつかはせりける

みふのたたみね

かすかののゆきまをわけておひいてくる草のはつかに見えしきみはも

かすかのの-ゆきまをわけて-おひいてくる-くさのはつかに-みえしきみはも


00479

[詞書]人の花つみしける所にまかりて、そこなりける人のもとにのちによみてつかはしける

つらゆき

山さくら霞のまよりほのかにも見てし人こそこひしかりけれ

やまさくら-かすみのまより-ほのかにも-みてしひとこそ-こひしかりけれ


00480

[詞書]題しらす

もとかた

たよりにもあらぬおもひのあやしきは心を人につくるなりけり

たよりにも-あらぬおもひの-あやしきは-こころをひとに-つくるなりけり


00481

[詞書]題しらす

凡河内みつね

はつかりのはつかにこゑをききしより中そらにのみ物を思ふかな

はつかりの-はつかにこゑを-ききしより-なかそらにのみ-ものをおもふかな


00482

[詞書]題しらす

つらゆき

逢ふ事はくもゐはるかになる神のおとにききつつこひ渡るかな

あふことは-くもゐはるかに-なるかみの-おとにききつつ-こひわたるかな


00483

[詞書]題しらす

読人しらす

かたいとをこなたかなたによりかけてあはすはなにをたまのをにせむ

かたいとを-こなたかなたに-よりかけて-あはすはなにを-たまのをにせむ


00484

[詞書]題しらす

読人しらす

夕くれは雲のはたてに物そ思ふあまつそらなる人をこふとて

ゆふくれは-くものはたてに-ものそおもふ-あまつそらなる-ひとをこふとて


00485

[詞書]題しらす

読人しらす

かりこもの思ひみたれて我こふといもしるらめや人しつけすは

かりこもの-おもひみたれて-わかこふと-いもしるらめや-ひとしつけすは


00486

[詞書]題しらす

読人しらす

つれもなき人をやねたくしらつゆのおくとはなけきぬとはしのはむ

つれもなき-ひとをやねたく-しらつゆの-おくとはなけき-ぬとはしのはむ


00487

[詞書]題しらす

読人しらす

ちはやふるかもの社のゆふたすきひと日も君をかけぬ日はなし

ちはやふる-かものやしろの-ゆふたすき-ひとひもきみを-かけぬひはなし


00488

[詞書]題しらす

読人しらす

わかこひはむなしきそらにみちぬらし思ひやれともゆく方もなし

わかこひは-むなしきそらに-みちぬらし-おもひやれとも-ゆくかたもなし


00489

[詞書]題しらす

読人しらす

するかなるたこの浦浪たたぬひはあれとも君をこひぬ日はなし

するかなる-たこのうらなみ-たたぬひは-あれともきみを-こひぬひはなし


00490

[詞書]題しらす

読人しらす

ゆふつく夜さすやをかへの松のはのいつともわかぬこひもするかな

ゆふつくよ-さすやをかへの-まつのはの-いつともわかぬ-こひもするかな


00491

[詞書]題しらす

読人しらす

葦引の山した水のこかくれてたきつ心をせきそかねつる

あしひきの-やましたみつの-こかくれて-たきつこころを-せきそかねつる


00492

[詞書]題しらす

読人しらす

吉野河いはきりとほし行く水のおとにはたてしこひはしぬとも

よしのかは-いはきりとほし-ゆくみつの-おとにはたてし-こひはしぬとも


00493

[詞書]題しらす

読人しらす

たきつせのなかにもよとはありてふをなとわかこひのふちせともなき

たきつせの-なかにもよとは-ありてふを-なとわかこひの-ふちせともなき


00494

[詞書]題しらす

読人しらす

山高みした行く水のしたにのみ流れてこひむこひはしぬとも

やまたかみ-したゆくみつの-したにのみ-なかれてこひむ-こひはしぬとも


00495

[詞書]題しらす

読人しらす

思ひいつるときはの山のいはつつしいはねはこそあれこひしきものを

おもひいつる-ときはのやまの-いはつつし-いはねはこそあれ-こひしきものを


00496

[詞書]題しらす

読人しらす

人しれすおもへはくるし紅のすゑつむ花のいろにいてなむ

ひとしれす-おもへはくるし-くれなゐの-すゑつむはなの-いろにいてなむ


00497

[詞書]題しらす

読人しらす

秋の野のをはなにましりさく花のいろにやこひむあふよしをなみ

あきののの-をはなにましり-さくはなの-いろにやこひむ-あふよしをなみ


00498

[詞書]題しらす

読人しらす

わかそのの梅のほつえに鶯のねになきぬへきこひもするかな

わかそのの-うめのほつえに-うくひすの-ねになきぬへき-こひもするかな


00499

[詞書]題しらす

読人しらす

あしひきの山郭公わかことや君にこひつついねかてにする

あしひきの-やまほとときす-わかことや-きみにこひつつ-いねかてにする


00500

[詞書]題しらす

読人しらす

夏なれはやとにふすふるかやり火のいつまてわか身したもえをせむ

なつなれは-やとにふすふる-かやりひの-いつまてわかみ-したもえにせむ


00501

[詞書]題しらす

読人しらす

恋せしとみたらし河にせしみそき神はうけすそなりにけらしも

こひせしと-みたらしかはに-せしみそき-かみはうけすそ-なりにけらしも


00502

[詞書]題しらす

読人しらす

あはれてふ事たになくはなにをかは恋のみたれのつかねをにせむ

あはれてふ-ことたになくは-なにをかは-こひのみたれの-つかねをにせむ


00503

[詞書]題しらす

読人しらす

おもふには忍ふる事そまけにける色にはいてしとおもひしものを

おもふには-しのふることそ-まけにける-いろにはいてしと-おもひしものを


00504

[詞書]題しらす

読人しらす

わかこひを人しるらめや敷妙の枕のみこそしらはしるらめ

わかこひを-ひとしるらめや-しきたへの-まくらのみこそ-しらはしるらめ


00505

[詞書]題しらす

読人しらす

あさちふのをののしの原しのふとも人しるらめやいふ人なしに

あさちふの-をののしのはら-しのふとも-ひとしるらめや-いふひとなしに


00506

[詞書]題しらす

読人しらす

人しれぬ思ひやなそとあしかきのまちかけれともあふよしのなき

ひとしれぬ-おもひやなそと-あしかきの-まちかけれとも-あふよしのなき


00507

[詞書]題しらす

読人しらす

思ふともこふともあはむ物なれやゆふてもたゆくとくるしたひも

おもふとも-こふともあはむ-ものなれや-ゆふてもたゆく-とくるしたひも


00508

[詞書]題しらす

読人しらす

いて我を人なとかめそおほ舟のゆたのたゆたに物思ふころそ

いてわれを-ひとなとかめそ-おほふねの-ゆたのたゆたに-ものおもふころそ


00509

[詞書]題しらす

読人しらす

伊勢の海につりするあまのうけなれや心ひとつを定めかねつる

いせのうみに-つりするあまの-うけなれや-こころひとつを-ささめかねつる


00510

[詞書]題しらす

読人しらす

いせのうみのあまのつりなは打ちはへてくるしとのみや思ひ渡らむ

いせのうみの-あまのつりなは-うちはへて-くるしとのみや-おもひわたらむ


00511

[詞書]題しらす

読人しらす

涙河何みなかみを尋ねけむ物思ふ時のわか身なりけり

なみたかは-なにみなかみを-たつねけむ-ものおもふときの-わかみなりけり


00512

[詞書]題しらす

読人しらす

たねしあれはいはにも松はおひにけり恋をしこひはあはさらめやは

たねしあれは-いはにもまつは-おひにけり-こひをしこひは-あはさらめやは


00513

[詞書]題しらす

読人しらす

あさなあさな立つ河霧のそらにのみうきて思ひのある世なりけり

あさなあさな-たつかはきりの-そらにのみ-うきておもひの-あるよなりけり


00514

[詞書]題しらす

読人しらす

わすらるる時しなけれはあしたつの思ひみたれてねをのみそなく

わすらるる-ときしなけれは-あしたつの-おもひみたれて-ねをのみそなく


00515

[詞書]題しらす

読人しらす

唐衣ひもゆふくれになる時は返す返すそ人はこひしき

からころも-ひもゆふくれに-なるときは-かへすかへすそ-ひとはこひしき


00516

[詞書]題しらす

読人しらす

よひよひに枕さためむ方もなしいかにねし夜か夢に見えけむ

よひよひに-まくらさためむ-かたもなし-いかにねしよか-ゆめにみえけむ


00517

[詞書]題しらす

読人しらす

恋しきに命をかふる物ならはしにはやすくそあるへかりける

こひしきに-いのちをかふる-ものならは-しにはやすくそ-あるへかりける


00518

[詞書]題しらす

読人しらす

人の身もならはしものをあはすしていさ心みむこひやしぬると

ひとのみも-ならはしものを-あはすして-いさこころみむ-こひやしぬると


00519

[詞書]題しらす

読人しらす

忍ふれは苦しきものを人しれす思ふてふ事誰にかたらむ

しのふれは-くるしきものを-ひとしれす-おもふてふこと-たれにかたらむ


00520

[詞書]題しらす

読人しらす

こむ世にもはや成りななむ目の前につれなき人を昔とおもはむ

こむよにも-はやなりななむ-めのまへに-つれなきひとを-むかしとおもはむ


00521

[詞書]題しらす

読人しらす

つれもなき人をこふとて山ひこのこたへするまてなけきつるかな

つれもなき-ひとをこふとて-やまひこの-こたへするまて-なけきつるかな


00522

[詞書]題しらす

読人しらす

ゆく水にかすかくよりもはかなきはおもはぬ人を思ふなりけり

ゆくみつに-かすかくよりも-はかなきは-おもはぬひとを-おもふなりけり


00523

[詞書]題しらす

読人しらす

人を思ふ心は我にあらねはや身の迷ふたにしられさるらむ

ひとをおもふ-こころはわれに-あらねはや-みのまよふたに-しられさるらむ


00524

[詞書]題しらす

読人しらす

思ひやるさかひはるかになりやするまとふ夢ちにあふ人のなき

おもひやる-さかひはるかに-なりやする-まとふゆめちに-あふひとのなき


00525

[詞書]題しらす

読人しらす

夢の内にあひ見む事をたのみつつくらせるよひはねむ方もなし

ゆめのうちに-あひみむことを-たのみつつ-くらせるよひは-ねむかたもなし


00526

[詞書]題しらす

読人しらす

こひしねとするわさならしむはたまのよるはすからに夢に見えつつ

こひしねと-するわさならし-うはたまの-よるはすからに-ゆめにみえつつ


00527

[詞書]題しらす

読人しらす

涙河枕なかるるうきねには夢もさたかに見えすそありける

なみたかは-まくらなかるる-うきねには-ゆめもさたかに-みえすそありける


00528

[詞書]題しらす

読人しらす

恋すれはわか身は影と成りにけりさりとて人にそはぬものゆゑ

こひすれは-わかみはかけと-なりにけり-さりとてひとに-そはぬものゆゑ


00529

[詞書]題しらす

読人しらす

篝火にあらぬわか身のなそもかく涙の河にうきてもゆらむ

かかりひに-あらぬわかみの-なそもかく-なみたのかはに-うきてもゆらむ


00530

[詞書]題しらす

読人しらす

かかり火の影となる身のわひしきは流れてしたにもゆるなりけり

かかりひの-かけとなるみの-わひしきは-なかれてしたに-もゆるなりけり


00531

[詞書]題しらす

読人しらす

はやきせに見るめおひせはわか袖の涙の河にうゑましものを

はやきせに-みるめおひせは-わかそての-なみたのかはに-うゑましものを


00532

[詞書]題しらす

読人しらす

おきへにもよらぬたまもの浪のうへにみたれてのみやこひ渡りなむ

おきへにも-よらぬたまもの-なみのうへに-みたれてのみや-こひわたりなむ


00533

[詞書]題しらす

読人しらす

あしかものさわく入江の白浪のしらすや人をかくこひむとは

あしかもの-さわくいりえの-しらなみの-しらすやひとを-かくこひむとは


00534

[詞書]題しらす

読人しらす

人しれぬ思ひをつねにするかなるふしの山こそわか身なりけれ

ひとしれぬ-おもひをつねに-するかなる-ふしのやまこそ-わかみなりけれ


00535

[詞書]題しらす

読人しらす

とふとりのこゑもきこえぬ奥山のふかき心を人はしらなむ

とふとりの-こゑもきこえぬ-おくやまの-ふかきこころを-ひとはしらなむ


00536

[詞書]題しらす

読人しらす

相坂のゆふつけとりもわかことく人やこひしきねのみなくらむ

あふさかの-ゆふつけとりも-わかことく-ひとやこひしき-ねのみなくらむ


00537

[詞書]題しらす

読人しらす

相坂の関になかるるいはし水いはて心に思ひこそすれ

あふさかの-せきになかるる-いはしみつ-いはてこころに-おもひこそすれ


00538

[詞書]題しらす

読人しらす

うき草のうへはしけれるふちなれや深き心をしる人のなき

うきくさの-うへはしけれる-ふちなれや-ふかきこころを-しるひとのなき


00539

[詞書]題しらす

読人しらす

打ちわひてよははむ声に山ひこのこたへぬ山はあらしとそ思ふ

うちわひて-よははむこゑに-やまひこの-こたへぬやまは-あらしとそおもふ


00540

[詞書]題しらす

読人しらす

心かへする物にもかかたこひはくるしき物と人にしらせむ

こころかへ-するものにもか-かたこひは-くるしきものと-ひとにしらせむ


00541

[詞書]題しらす

読人しらす

よそにしてこふれはくるしいれひものおなし心にいさむすひてむ

よそにして-こふれはくるし-いれひもの-おなしこころに-いさむすひてむ


00542

[詞書]題しらす

読人しらす

春たてはきゆる氷ののこりなく君か心は我にとけなむ

はるたては-きゆるこほりの-のこりなく-きみかこころは-われにとけなむ


00543

[詞書]題しらす

読人しらす

あけたては蝉のをりはへなきくらしよるはほたるのもえこそわたれ

あけたては-せみのをりはへ-なきくらし-よるはほたるの-もえこそわたれ


00544

[詞書]題しらす

読人しらす

夏虫の身をいたつらになすこともひとつ思ひによりてなりけり

なつむしの-みをいたつらに-なすことも-ひとつおもひに-よりてなりけり


00545

[詞書]題しらす

読人しらす

ゆふされはいととひかたきわかそてに秋のつゆさへおきそはりつつ

ゆふくれは-いととひかたき-わかそてに-あきのつゆさへ-おきそはりつつ


00546

[詞書]題しらす

読人しらす

いつとてもこひしからすはあらねとも秋のゆふへはあやしかりけり

いつとても-こひしからすは-あらねとも-あきのゆふへは-あやしかりけり


00547

[詞書]題しらす

読人しらす

秋の田のほにこそ人をこひさらめなとか心に忘れしもせむ

あきのたの-ほにこそひとを-こひさらめ-なとかこころに-わすれしもせむ


00548

[詞書]題しらす

読人しらす

あきのたのほのうへをてらすいなつまのひかりのまにも我やわするる

あきのたの-ほのうへをてらす-いなつまの-ひかりのまにも-われやわするる


00549

[詞書]題しらす

読人しらす

人めもる我かはあやな花すすきなとかほにいててこひすしもあらむ

ひとめもる-われかはあやな-はなすすき-なとかほにいてて-こひすしもあらむ


00550

[詞書]題しらす

読人しらす

あは雪のたまれはかてにくたけつつわか物思ひのしけきころかな

あはゆきの-たまれはかてに-くたけつつ-わかものおもひの-しけきころかな


00551

[詞書]題しらす

読人しらす

奥山の管のねしのきふる雪のけぬとかいはむこひのしけきに

おくやまの-すかのねしのき-ふるゆきの-けぬとかいはむ-こひのしけきに