メインメニューを開く

巻十:物名


00422

[詞書]うくひす

藤原としゆきの朝臣

心から花のしつくにそほちつつうくひすとのみ鳥のなくらむ

こころから-はなのしつくに-そほちつつ-うくひすとのみ-とりのなくらむ


00423

[詞書]ほとときす

藤原としゆきの朝臣

くへきほとときすきぬれやまちわひてなくなるこゑの人をとよむる

くへきほと-ときすきぬれや-まちわひて-なくなるこゑの-ひとをとよむる


00424

[詞書]うつせみ

在原しけはる

浪のうつせみれはたまそみたれけるひろははそてにはかなからむや

なみのうつ-せみれはたまそ-みたれける-ひろははそてに-はかなからむや


00425

[詞書]返し(うつせみ)

壬生忠岑

たもとよりはなれて玉をつつまめやこれなむそれとうつせ見むかし

たもとより-はなれてたまを-つつまめや-これなむそれと-うつせみむかし


00426

[詞書]うめ

よみ人しらす

あなうめにつねなるへくも見えぬかなこひしかるへきかはにほひつつ

あなうめに-つねなるへくも-みえぬかな-こひしかるへき-かはにほひつつ


00427

[詞書]かにはさくら

つらゆき

かつけとも浪のなかにはさくられて風吹くことにうきしつむたま

かつけとも-なみのなかには-さくられて-かせふくことに-うきしつむたま


00428

[詞書]すもものはな

つらゆき

今いくか春しなけれはうくひすもものはなかめて思ふへらなり

いまいくか-はるしなけれは-うくひすも-ものはなかめて-おもふへらなり


00429

[詞書]からもものはな

ふかやふ

あふからもものはなほこそかなしけれわかれむ事をかねて思へは

あふからも-ものはなほこそ-かなしけれ-わかれむことを-かねておもへは


00430

[詞書]たちはな

をののしけかけ

葦引の山たちはなれ行く雲のやとりさためぬ世にこそ有りけれ

あしひきの-やまたちはなれ-ゆくくもの-やとりさためぬ-よにこそありけれ


00431

[詞書]をかたまの木

とものり

みよしののよしののたきにうかひいつるあわをかたまのきゆと見つらむ

みよしのの-よしののたきに-うかひいつる-あわをかたまの-きゆとみつらむ


00432

[詞書]やまかきの木

よみ人しらす

秋はきぬいまやまかきのきりきりすよなよななかむ風のさむさに

あきはきぬ-いまやまかきの-きりきりす-よなよななかむ-かせのさむさに


00433

[詞書]あふひ、かつら

よみ人しらす

かくはかりあふひのまれになる人をいかかつらしとおもはさるへき

かくはかり-あふひのまれに-なるひとを-いかかつらしと-おもはさるへき


00434

[詞書]あふひ、かつら

よみ人しらす

人めゆゑのちにあふひのはるけくはわかつらきにや思ひなされむ

ひとめゆゑ-のちにあふひの-はるけくは-わかつらきにや-おもひなされむ


00435

[詞書]くたに

僧正へんせう

ちりぬれはのちはあくたになる花を思ひしらすもまとふてふかな

ちりぬれは-のちはあくたに-なるはなを-おもひしらすも-まとふてふかな


00436

[詞書]さうひ

つらゆき

我はけさうひにそ見つる花の色をあたなる物といふへかりけり

われはけさ-うひにそみつる-はなのいろを-あたなるものと-いふへかりけり


00437

[詞書]をみなへし

とものり

白露を玉にぬくやとささかにの花にも葉にもいとをみなへし

しらつゆを-たまにぬくやと-ささかにの-はなにもはにも-いとをみなへし


00438

[詞書]をみなへし

とものり

あさ露をわけそほちつつ花見むと今その山をみなへしりぬる

あさつゆを-わけそほちつつ-はなみむと-いまそのやまを-みなへしりぬる


00439

[詞書]朱雀院のをみなへしあはせの時に、をみなへしといふいつもしをくのかしらにおきてよめる

つらゆき

をくら山みねたちならしなくしかのへにけむ秋をしる人そなき

をくらやま-みねたちならし-なくしかの-へにけむあきを-しるひとそなき


00440

[詞書]きちかうの花

とものり

秋ちかうのはなりにけり白露のおけるくさはも色かはりゆく

あきちかう-のはなりにけり-しらつゆの-おけるくさはも-いろかはりゆく


00441

[詞書]しをに

よみ人しらす

ふりはへていさふるさとの花見むとこしをにほひそうつろひにける

ふりはへて-いさふるさとの-はなみむと-こしをにほひそ-うつろひにける


00442

[詞書]りうたむのはな

とものり

わかやとの花ふみしたくとりうたむのはなけれはやここにしもくる

わかやとの-はなふみしたく-とりうたむ-のはなけれはや-ここにしもくる


00443

[詞書]をはな

よみ人しらす

ありと見てたのむそかたきうつせみの世をはなしとや思ひなしてむ

ありとみて-たのむそかたき-うつせみの-よをはなしとや-おもひなしてむ


00444

[詞書]けにこし

やたへの名実

うちつけにこしとや花の色を見むおく白露のそむるはかりを

うちつけに-こしとやはなの-いろをみむ-おくしらつゆの-そむるはかりを


00445

[詞書]二条の后春宮のみやすん所と申しける時に、めとにけつり花させりけるをよませたまひける

文屋やすひて

花の木にあらさらめともさきにけりふりにしこのみなるときもかな

はなのきに-あらさらめとも-さきにけり-ふりにしこのみ-なるときもかな


00446

[詞書]しのふくさ

きのとしさた

山たかみつねに嵐の吹くさとはにほひもあへす花そちりける

やまたかみ-つねにあらしの-ふくさとは-にほひもあへす-はなそちりける


00447

[詞書]やまし

平あつゆき

郭公みねのくもにやましりにしありとはきけと見るよしもなき

ほとときす-みねのくもにや-ましりにし-ありとはきけと-みるよしもなき


00448

[詞書]からはき

よみ人しらす

空蝉のからは木ことにととむれとたまのゆくへを見ぬそかなしき

うつせみの-からはきことに-ととむれと-たまのゆくへを-みぬそかなしき


00449

[詞書]かはなくさ

ふかやふ

うはたまの夢になにかはなくさまむうつつにたにもあかぬ心は

うはたまの-ゆめになにかは-なくさまむ-うつつにたにも-あかぬこころは


00450

[詞書]さかりこけ

たかむこのとしはる

花の色はたたひとさかりこけれとも返す返すそつゆはそめける

はなのいろは-たたひとさかり-こけれとも-かへすかへすそ-つゆはそめける


00451

[詞書]にかたけ

しけはる

いのちとてつゆをたのむにかたけれは物わひしらになくのへのむし

いのちとて-つゆをたのむに-かたけれは-ものわひしらに-なくのへのむし


00452

[詞書]かはたけ

かけのりのおほきみ

さ夜ふけてなかはたけゆく久方の月ふきかへせ秋の山風

さよふけて-なかはたけゆく-ひさかたの-つきふきかへせ-あきのやまかせ


00453

[詞書]わらひ

真せいほうし

煙たちもゆとも見えぬ草のはをたれかわらひとなつけそめけむ

けふりたち-もゆともみえぬ-くさのはを-たれかわらひと-なつけそめけむ


00454

[詞書]ささ、まつ、ひは、はせをは

きのめのと

いささめに時まつまにそ日はへぬる心はせをは人に見えつつ

いささめに-ときまつまにそ-ひはへぬる-こころはせをは-ひとにみえつつ


00455

[詞書]なし、なつめ、くるみ

兵衛

あちきなしなけきなつめそうき事にあひくるみをはすてぬものから

あちきなし-なけきなつめそ-うきことに-あひくるみをは-すてぬものから


00456

[詞書]からことといふ所にて春のたちける日よめる

安倍清行朝臣

浪のおとのけさからことにきこゆるは春のしらへや改るらむ

なみのおとの-けさからことに-きこゆるは-はるのしらへや-あらたまるらむ


00457

[詞書]いかかさき

兼覧王

かちにあたる浪のしつくを春なれはいかかさきちる花と見さらむ

かちにあたる-なみのしつくを-はるなれは-いかかさきちる-はなとみさらむ


00458

[詞書]からさき

あほのつねみ

かの方にいつからさきにわたりけむ浪ちはあとものこらさりけり

かのかたに-いつからさきに-わたりけむ-なみちはあとも-のこらさりけり


00459

[詞書]からさき

伊勢

浪の花おきからさきてちりくめり水の春とは風やなるらむ

なみのはな-おきからさきて-ちりくめり-みつのはるとは-かせやなるらむ


00460

[詞書]かみやかは

つらゆき

うはたまのわかくろかみやかはるらむ鏡の影にふれるしらゆき

うはたまの-わかくろかみや-かはるらむ-かかみのかけに-ふれるしらゆき


00461

[詞書]よとかは

つらゆき

あしひきの山へにをれは白雲のいかにせよとかはるる時なき

あしひきの-やまへにをれは-しらくもの-いかにせよとか-はるるときなき


00462

[詞書]かたの

たたみね

夏草のうへはしけれるぬま水のゆくかたのなきわか心かな

なつくさの-うへはしけれる-ぬまみつの-ゆくかたのなき-わかこころかな


00463

[詞書]かつらのみや

源ほとこす

秋くれは月のかつらのみやはなるひかりを花とちらすはかりを

あきくれは-つきのかつらの-みやはなる-ひかりをはなと-ちらすはかりを


00464

[詞書]百和香

よみ人しらす

花ことにあかすちらしし風なれはいくそはくわかうしとかは思ふ

はなことに-あかすちらしし-かせなれは-いくそはくわか-うしとかはおもふ


00465

[詞書]すみなかし

しけはる

春かすみなかしかよひちなかりせは秋くるかりはかへらさらまし

はるかすみ-なかしかよひち-なかりせは-あきくるかりは-かへらさらまし


00466

[詞書]おきひ

みやこのよしか

流れいつる方たに見えぬ涙河おきひむ時やそこはしられむ

なかれいつる-かたたにみえぬ-なみたかは-おきひむときや-そこはしられむ


00467

[詞書]ちまき

大江千里

のちまきのおくれておふるなへなれとあたにはならぬたのみとそきく

のちまきの-おくれておふる-なへなれと-あたにはならぬ-たのみとそきく


00468

[詞書]はをはしめ、るをはてにて、なかめをかけて時のうたよめと人のいひけれはよみける

僧正聖宝

花のなかめにあくやとてわけゆけは心そともにちりぬへらなる

はなのなか-めにあくやとて-わけゆけは-こころそともに-ちりぬへらなる