メインメニューを開く

古今和歌集真名序

夫和歌者、託其根於心地、發其花於詞林者也。人之在世不爲、思慮易遷、哀樂相變。感生於志、詠形於言。是以逸者其詞樂、怨者其吟悲。可以述一レ懷、可以發一レ憤。動天地、感鬼神、化人倫、和夫婦、莫於和歌。和歌有六義。一曰風、二曰賦、三曰比、四曰興、五曰雅、六曰頌。

若夫春鶯之囀花中、秋蝉之吟樹上、雖曲折、各發歌謠。物皆有之、自然之理也。然而神世七代、時質人淳、情欲無分、和歌未作。逮于素戔烏尊到出雲國、始有三十一字之詠。今反歌之作也。其後雖天神之孫、海童之女、専莫和歌上レ情者。爰及人代、此風大興。長歌短歌旋頭混本之類、雜躰非一。源流漸繁。譬猶雲之樹、生寸苗之煙、浮天之波、起於一滴之露。至難波津之什獻 天皇、富緖川之篇報太子、或事關神異、或興入幽玄。但見上古之歌、多存古質之語、未耳目之翫。徒爲教戒之端。古 天子、每良辰美景、詔侍臣預宴筵和歌。君臣之情、由斯可見、賢愚之性、於是相分。所以隋民之欲士之才也。

大津皇子之初作詩賦、詞人才子慕風繼塵。移彼漢家之字、化我日或之俗。民業一改、和歌漸衰。然猶有先師柿本大夫者。高振神妙之思、獨步古今之間。有山邊赤人者。並和歌仙也。其餘業和歌者、綿々不絶。及彼時變澆漓、人貴奢淫、浮詞雲興、艷流泉涌。其實皆落、其花孤榮。至好色之家、以之爲花鳥之使、乞食之客、以此爲活計之謀。故半爲婦人之右、雖丈夫之前。近代存古風者、纜二三人而已。然長短不同。論以可辨。花山僧正、尤得歌體。然其詞花而少實。如圖畫好女、徒動人情。在原中將之歌、其情有餘其詞不足。如萎花雖彩色。而有薰香。文琳巧詠物。然其體近俗也。如賈人之著鮮衣。宇治山僧喜撰、其詞華麗而首尾停滯。如秋月曉雲。小野小町之歌、古衣通姫之流也。然艷而無氣力。如病婦之著花粉。大友黑主之歌、古猿丸大夫之次也。頗有逸興、而體甚鄙。如田夫之息花前也。此外氏姓流聞者、不勝數。其大底皆以艷爲基、不和歌之趣者也。俗人爭事榮利、不和歌。悲哉、悲哉。雖貴兼相將富餘金錢、而骨未土中、名先滅於世上。適爲後輩知者唯和歌之人而巳。何者、語近人耳、義通神明也。

昔 平城天子詔侍臣萬葉集。自爾來時歷十代、數過百年。其間和歌棄不採。雖風流如野相公 雅情如在納言、而皆以他才聞、不斯道。伏惟 陛下御宇、于今九載。仁流秋津洲之外、惠茂筑波山之陰。淵變爲瀨之聲、寂々閉口、沙長爲岩之頌、洋々滿耳。思既絶之風、欲久廢之道。爰詔大内記紀友則、御書所預紀貫之、前甲斐少目凡河内躬恒、右衞門府生壬生忠岑等、各獻家集並古來舊歌。(曰續萬葉集)。於是重有詔。部類所奉之歌、勒爲二十卷、名曰古今和歌集。臣等詞少春花之艷、名竊秋夜之長。況哉進恐時俗之嘲、退慙才藝之拙。適遇和歌之中興、以樂吾道之再昌。嗟乎、人丸既沒、和歌不斯哉。于時延喜五年歳次乙丑四月十五日臣貫之等謹序。

このファイルについて編集

  • 底本は、『日本歌学大系第一巻』第7版、1991年。
 

この日本を法管轄とする文書は、著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の死亡した日の属する年の翌年から起算して50年を経過したものであるため、日本の著作権法第51条及び57条の規定により著作権の保護期間が満了しています。


  ウィキソースのサーバ設置国であるアメリカ合衆国において著作権を有している場合があるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。その場合は、アメリカ合衆国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。