メインメニューを開く

Wikisource β

作者:杉田玄白

作者索引: す 杉田玄白
(享保18(1733) - 文化14(1817))
杉田 玄白(すぎた げんぱく)は、江戸時代の蘭学医。若狭国小浜藩医。医家としては、玄白で3代目にあたる。医学を奥医の西玄哲、漢学を本郷に開塾していた古学派の儒者宮瀬竜門に学ぶ。宝暦7年(1757年)に江戸、日本橋に開業し、町医者となる。明和8年(1771年)、中川淳庵がオランダ商館員から借りたオランダ語医学書『ターヘル・アナトミア』の精密な解剖図に驚き、藩に相談してこれを購入。前野良沢、中川淳庵らとともに『ターヘル・アナトミア』を和訳し、安永3年(1774年)に『解体新書』として刊行した。晩年には回想録として『蘭学事始』を執筆。後に福澤諭吉により公刊された。— ウィキペディア日本語版杉田玄白」より。
杉田玄白

この著作者の著作物は1923年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没年より100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。