シャントレーヌ伯爵/第16章


第16章
テルミドール9日
編集

深夜、ケルナンはPorzikに戻ってきた。彼はカルバルを殺したと宣言した。震えながらマリーは自分の部屋に戻った。彼女が去った後、ブルターニュ人は騎士の腕を掴んだ。

- 明日は実行だ」と言っていた。

アンリは恐怖で青ざめた。

- 明日は処刑だ」とケルナンは言ったが、「足場の下で我々の主人を死から救うか、さもなくば私が死ぬかだ」と言った。

- 僕も一緒に行くよ、ケルナン」とアンリが言った。

- そして、マリーはどうなるのでしょうか。

- マリーさん、マリーさん」と若者が言っていた。

- 私が死んでも、あなたはここにいなければなりません。でも、可哀想だから何も知らせないであげてね。明日には孤児になってしまうか、お父さんが戻ってきてしまうから。

アンリは主張したかったが、自分との戦いであり、自分の気持ちに沿った理性が、婚約者のそばにいることを掟としていた。

ケルナンもアンリも、その運命の夜を眠ることなく、ブルターニュ人は熱心に祈った。

朝、ケルナンはマリーにキスをして、騎士と握手をして、レクーヴランスに向けて出発した。彼には決まった計画はなく、状況に応じて行動することになる。

6時になると町に入り、刑務所に向かった。2時間ほど待っていると、赤く塗られた荷車がやってくるのが見えた。8時になると、死刑囚を乗せた船が出てきた。シャントレーヌ伯爵もその中にいた。国家警備隊が彼らを取り囲み、葬列は足場に向かって移動していった。

一瞬、伯爵は群衆の中にケルナンを見た。彼の目には素朴な疑問が浮かんでいた。

伯爵はそれを理解したのか、唇に笑みを浮かべ、感謝の気持ちを込めて熱心に祈り始めた。

かなりの人混みの中、カートは進んでいった。町のサンキュロット、クラブ活動家、住民のすべてのカスが、死刑囚を侮辱し、脅し、最も粗悪な侮辱を浴びせたのである。特に伯爵は、貴族であり神父でもあるため、彼らの最も憎むべき声の対象となった。

ケルナンは荷車の横を歩いていた。道の曲がり角に死の道具が現れたが、それは200歩も離れていなかった。

突然、間が空いて、観客の足が止まった。何かが起こっている。人々は不思議に思い、叫び声が混じっていた。こんな言葉も聞こえてきそうだ。

- 充分だ!

- 囚人たちを引き返させる

- 暴君を倒せ! ロベスピエールを倒せ! 共和国万歳!」。

この一言ですべてがわかった。パリではテルミドール9日の政変が勃発したばかりだった。2年前の大会でシャペが採用した電信機は、すぐに大ニュースを伝えてきた。ロベスピエール、クーソン、サン・ジュストの3人は足場の上で死んだばかりだった。

すぐにある種の反応があり、血に嫌悪感を覚えた。怒りよりも憐れみが勝ったのか、運命のカートは止まった。

ケルナンはすぐに立ち上がり、歓声と叫び声の中、抗しがたい力で伯爵を連れ去り、30分後には伯爵は娘の腕の中にいた。

テルミドールの9日に続いた数日間の驚きの中で、伯爵とその家族は国を離れ、ついにイギリスに入国することができた。神は彼らの不幸に、人間には望めない解決策を与えた。

ここで、テロの最悪の日に記録されたこのエピソードを終わる。その後の展開は、誰もが想像できるだろう。

アンリ・ド・トレゴランとマリーの結婚はイギリスで行われ、一家は数年間滞在した。

移民が帰国できるようになると、伯爵はいち早くフランスに帰国した。娘のアンリと勇者ケルナンを連れてシャントレーヌに戻った。

伯爵は小さな教区を静かに管理し、自分に与えられた尊厳よりもこの謙虚な役割を好み、海岸の漁師たちは今でもシャントレーヌの高貴な司祭を惜しみなく、そして感謝して語り継ぐ。

ジュール・ヴェルヌ

訳注編集