鉄道唱歌/地理教育 鉄道唱歌 第ニ 上野高崎信越間

上野高崎直江津新潟間
  1. ほんてつだうおほみやを はなれてすゝむあげえき をけがはこうえて けばふきあげあゆどころ
  2. くまがやえきなほざねの なごりのこしていまもなほ れんしやうざんかねさむしよぎやうじやうとひゞくなり、
  3. にしそばだちゝやま はたけやましろのあと きなたがさねもりが すみしせきられたり
  4. ふかればろくやたむかしがたりはのむかし げんじじだいえいゆうおもかげのこさいでら
  5. ほんじやうえきしんまちいとさんたかたこいしぶみふりながら どうねんまれたり、
  6. よやせいはうみち かんかはみづきよく がんとつこつふくして いとめづらしきしきなり、
  7. たかさきまちあさぎりあさけぶりたちそひて らつこゑいさましく えいしよかたにひゞくなり、
  8. しもにだせんわかくにとみをばすといふ とみをかまちせいじやう たれひとおどろかん、
  9. たかさきわかれて六まいる けばかうつけだいいちくわいまへばしにいたる ぐんけんちやうこゝにあり、
  10. はるやまみづうみうつこふじのかげやさし ものきゝやまのほとゝぎす なのるいかほもしるし、
  11. なおおくへとさわたりしまかはせばしまさと しらおろしさそはれて けぶりたなびくくさ
  12. しきながめはあらねども うみくことたかければ ちううをくるしみを ゆめにもらぬこうしよ
  13. あかやまひだり こまがたせばつむぎにて そのたかいせざきよしさだそんきんのう
  14. はたげたるかさかけひとばれたる たかやまうぢきうせき たづねてるもまたゆかし、
  15. けうかくちうせいなる くにさだぎておほ々や いく百萬のおりものまいさいいだきりまち
  16. またやまざきつかゆればまたおりものをばげたるしもつけあしかゞにこそきたるなれ、
  17. のゝたかむらめし あしかゞがくこうおとづれて かうべうにぬかづきつ ふるかきものひもどけば
  18. いかしきすならん はんぷくつねなきあざけりを すえにまでのこしたる むろまちしやうぐんけつ
  19. まちめぐれるわたらせみなかみふかたづぬれば ふるしやうだうじやうにんしろましらないさせ
  20. わけめしところとて そのちなかうしんざん ひやくけんまくがんせきながめてけばきのこいし
  21. さきそばだやぐらいし るもいぶせきぢよだいせき をのゝき/\いちもん くゞればじやうぼんせき
  22. たににそひてきつりつかぜかたぶくぜいなり、さらすゝめばふじみいは こぶしたるさゞえいし
  23. ろうそくいしみちはて こゝにきびすをめぐらせて たいないくゞりニつあり せうなるかたはらひつ
  24. だいなるかたちしまゝ くゞくゞればおくゐん かぞくせぬくわいせきけいしんべつかい
  25. やまつゞきてニみなみ どうくわういだあしあり とみたすぐればさのえき くずこえにいたるみち
  26. からさはやまひでさとみしあとなりたてばやし ぶんぶくちやがまくわいだんつたへしりんいまもあり、
  27. ふねたほしゝやまなり いはふねしてとみやまつぎとちすてえしよん にしゆるはおほひらさん
  28. みとろうてんぐらげてこもりしあといま しようらうさんにつくわうさへぎなかあかぬま
  29. とねながれながめ そよぎふきくるすゞかぜゆめむすぶてふこうゑんと なりてとむらふひとおほし、
  30. もとみちひきかへたかさきえきあとさらにしへとすゝみなば やがてむかふるいひづか
  31. あんなかぐればいそべえき ゆあみきやくつどふ カルゝスせんこうけんひらけゆくられたり、
  32. てんりしひげいはと ともにしらるゝめうさん まつゐださりてみち しんほりれうあとにして
  33. つくはよこがはうすがは かはなみたまはしる、あがつまばやとばゝりし うすたうげはこゝぞかし、
  34. とめやまにふるあとの ごりとゞむるわらびもち みねにもにもおりかくる もみぢのにしきあやなして
  35. あきしきほかにまた たぐひまれなりトン子ルの かずあはせて二十六 ながさはすべて三まいる
  36. ひとつをおくりやがてまた ひとむかふるありさまやみよりでゝやみこゝせられていとおかし、
  37. ひとゆきかひえたりし やまのいたゞきたひらげて ひらきしくまたひらえき いともさびしきやまなり、
  38. うすにしかるさは うみくこと四千じやく めんやまめぐらして なつあつさもらぬなり、
  39. みよだこもろあとにして なかおほうへゑき さなしろのそのあとは さびしきつきぞまもるなる、
  40. さかしろでゝにしけば うばすてやまつきごとにうつるあきおもられておもしろし、
  41. しろさとひがしきた くまへだてゝ一はん まつしろまちときこえしは しようざんおうきやうなり、
  42. くまちかしのぐればてつきやうさいがはに かゝりてむかかふゑつりやうしやうひさしくたゝかひし
  43. かはなかじまいくさとほみぎにひろがれり さしてかたらふひまもなく いそくるまかげかくる、
  44. ほんさいぶつぞうあんせるてふぜんくわう あらそひまゐるろうにやくの おりてつどへるながゑき
  45. ひだりがくしやまくはとよすてえしよん あきにしきをさながらに うつせるみづびはいけ
  46. いとおそろしきごくだに はりやまさへきこゆれど あつわするゝおんせんたのしくあそひともあり、
  47. むれかしはばらぎて じりるきよう さかさにうつこふじやま さをさすなみゆきる、
  48. せきがはえてわけけば ぐちせきやまあらゑき ほくゑついちおほゆきひゞたかまち
  49. にしゆるはかすやま うえすぎうぢきうじやう あきしもつきかげを かすめてゆくやかりこゑ
  50. まどよりちかなほえつみなとえてかぜさむく かねてかくとはきぬれど なみたかいそうへ
  51. みぎゆるはさどしま ひだりゆるはのとくに くもにやあらんやまにやと へどこたえぬあまふね
  52. ほくゑつせんへて かすしんでんでぬれば いつつのえきつぎかしはざきにといたるなり、
  53. きたでうちかくなるまゝに ゆるぎなきどうだき ながれてちるさんそうしもたまちるさばかは
  54. いはふきみながをかひてながるゝしながは くさうづまちにかけたるは ちやうせいきやうばる、
  55. ゆんにたてるひこさん ふもとにまつるやしろゑちくにいちみや ひこじんじやられたり、
  56. やませいほくいつたいほくゑついちはやありあけうらしき ながいつかざらん、
  57. さんでうぎていちきど かもしろにひえき せんまちとははかまそのもしるきせうくわい
  58. ゑちだかなゝふしぎ そのひとつなるゐどかんばらぐんくびぐん いたるところにをうがち
  59. がすをよばひてともしびもちゐることぞかみゆるみづなりゆるつちふしぎにもかぞへしが
  60. いやひらけゆくおほみよふかきめぐみのしるしには これぞせきゆうせきたんりてあやしむものもなし、
  61. こゝにほくゑつせんつきて とつくにびとばうえきこううちのその一つ にいがたとはかはひとゑ
  62. ばんだいきやうのこなたなる ぬつたりゑきにつきにけり、わたまへさどしま がねしろかねいだ
  63. ひとろういかならん びんせんあらばわたりじゆんとくいんおんあとを たづねまつらんかしこくも、

この著作物は、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1927年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。