「Page:Shinshiki Sanjutsu Kogi 00.djvu/366」の版間の差分

勝手あい済みません
(→‎未校正: ページの作成:「r)0 無 理 數 なる を 知り、 次 (: 五より 短 か > る べき 剩餘」 1 」! SK をば^; 10 を 單位と して 計りて 1 T 入 1 _)...」)
 
(勝手あい済みません)
ページ本体 (参照読み込みあり):ページ本体 (参照読み込みあり):
1行目: 1行目:
r)0
+
350
  +
  +
  +
   
   
11行目: 14行目:
   
   
なる を 知り、 次 (: より 短 か > る べき 剩餘 1 」! SK をば^; 10 を 單位と
+
なる を 知り、 次 E より 短 かる べき 剩餘 A_1? = A - m_? E をば E / 10 を 單位と
 
して 計りて
 
して 計りて
   
   
  +
c?_1 E / 10 < A_1? < ( c?_1 + 1 ) E / 10
1 T 入 1 _)む
 
 
 
を 得、 次には 又 /; 1 10 L, を 單位 として 剩餘
 
 
 
 
 
1 0
 
 
 
を 11'* 9て
 
 
   
•二 So ぐ 入?;〒 8-
 
   
 
を 得、 次には 又 E / 10^2 を 單位 として 剩餘 A_2? = A_1? - c_1? E / 10 を 計りて
   
を 得、 次第 (: 斯の 如くして
 
   
  +
c_2? E / 100 < A_2? < ( c?_2 + 1 ) E / 100
ki. n s、-, te
 
   
   
 
を 得、 次第 斯の 如くして
ft
 
   
   
  +
A = m_? E + c_1 E / 10 + c_2 E / 100 + ……
f l s : s •.' 一 s +
 
   
   
を 得。 例へ ば 尺を 單位 として d の 長さ w 尺有餘 、次 (: 尺を 十分して 寸と なし、
+
を 得。 例へば 尺を 單位 として A の 長さ m_? 有餘 、次 尺を 十分して 寸と なし、
寸 有餘 又 更に 寸を 十分して 分と なし、 此剩餘 C餘 となす、 分を 十
+
剩餘 c_? 寸 有餘 又 更に 寸を 十分して 分と なし、 此剩餘 C_2?餘 となす、 分を 十
分して 厘、 厘を 十分して 毛と なし、 此手續 きを 繼續 する に、 ill 餘は 漸次 減少し
+
分して 厘、 厘を 十分して 毛と なし、 此 手續 きを 繼續 する に、餘は 漸次 減少し
て、 實際に 於て は、 竟に 人の 感覺 にりて 識別 せらる の 範圍を 逸する に 至る
+
て、 實際に 於て は、 竟に 人の 感覺 にりて 識別 せらる の 範圍を 逸する に 至る
ベく、 又 用上斯 の 如き 微小の 剩餘に 注意すべき 必要なしと 雖 、吾人の 理想
+
ベく、 又 斯 の 如き 微小の 剩餘に 注意すべき 必要なしと 雖 、吾人の 理想
89

回編集