「Wikisource:井戸端」の版間の差分

:改正前の法令を参照できた方がよい、というご意見に賛同いたします。ただちょっと気になるのは、制定時の全文と一部改正時の改め文とを元に溶け込み処理を行うとすれば、複数の底本を元に本文を構成し直すことになり、単なる原典の収録という範疇に収まらなくなってしまうのではないか、という点です。他の法令から一部改正後の条文にリンクが設けられる可能性を考えると、溶け込み処理を行った条文はあってよいと思うのですが(すでに[[市制及町村制]]のようなページがあります)、もしかするとプロジェクトの趣旨に沿う文書と見なされないかもしれません。
:サブページを読み込んでメインページを構成する方式については否定されるものではないと思いますが、読み込み先で底本の整合性が取れなくなることがないよう注意が必要でしょう。--[[利用者:庚寅五月|庚寅五月]] ([[利用者・トーク:庚寅五月|トーク]]) 2013年4月21日 (日) 15:22 (UTC)
::底本と言われますが、すべての法律の原典は官報ですから、官報に沿った記述であれば問題はないかと存じます。さらに、ひとつのページに表示されるものは、ひとつの底本によらなければならないといった取り決めもないです。たとえば改正○○法と呼ばれるような法律が公布され「○○を△△に読み替える」と書かれている場合、その法律の文章を出版社等は編集して新たな法律文として出版することもあります。これらは法律の原典の複製であるとは厳密には言えません。言ってみれば改正された法律の法律書自体はすでに底本の合成であるということです。(例:刑法や刑事訴訟法の条文に書かれているような場金額は[[罰金等臨時措置法]]により変更されています。出版物によってはこれらを読み替えて記載しているものや、注釈をつけているものも存在します。)なお、法制局などの見解では法律文などでは縦書きの為「右に定める」とかいった書き方がありますが、横書きなどの場合では表示上行うことがむつかしいことがありますこういった場合は、例えば「上(原典:右に)にさだむる」と書き換えることは問題がないとみなされるようです。--[[利用者:Vigorous action|Vigorous action]] [[利用者‐会話:Vigorous action|<small>(会話</small>]]<small>/</small>[[特別:Contributions/Vigorous action|<small>履歴)</small>]] 2013年4月29日 (月) 05:17 (UTC)
 
== 朝鮮王朝実録の記事投稿について ==
219

回編集