春秋左氏傳/001 隱公/07

↑前年 隱公七年(紀元前716年 ↓翌年巻の一 隱公春秋左氏傳

訓読文編集

【經】 七年、春王の三月、叔姫しゆくきとつぐ。滕侯とうこうしゆつす。夏、中丘ちうきうづく。齊侯せいこう其弟ねんをして來聘らいへいせしむ。秋、公、ちゆを伐つ。冬、天王てんわう凡伯はんばくをして來聘せしむ。じう、凡伯を楚丘そきうに伐ちかへる。

【傳】 七年(周ノ桓王四年)春、滕侯卒すとて、名を書せざるは、未だ同盟どうめいせざるなり[1]およそ諸侯同盟すれば、こゝに於て名をしようす。故にこうずれば則ちぐるに名を以てす。終を告げ、を稱して、以てよしみぎ、たみやすま[2]。之を禮經れいけい[3]と謂ふ。
 夏、中丘ちうきうづくとはときならざる[4]を書するなり。
 齊侯、夷仲年いちうねん[5]をして來聘せしむるは、(隱公六年→かいちかひ[6]を結ぶなり。
 秋、宋、鄭とたひらぐ。七月庚申かうしん宿しゆくに盟ふ。
 公、邾を伐つは、宋のめにちしなり[7]
 初、戎、周にてうして、へい[8]公卿こうけいいたせしとき、凡伯[9]ひんと(シテ之ヲ饗應)せざりき。冬、王、凡伯をして(魯ニ)來聘せしむ。かへるとき、戎、之を楚丘[10]に伐ち、以て歸る。陳、鄭と平ぐ。
 十二月、陳の五、鄭にのぞみてちかふ。壬申じんしん、鄭伯と盟ひ、すゝることわするゝ[11]ごとし。洩伯せつはく[12]曰く、『五父は必ず(災ヲ)のがれじ。盟をたのまず[13]』と。鄭の良佐りやうさ[14]、陳に如き蒞みて盟ふ。辛巳しんし、陳侯と盟ひ、また陳の將に亂れんとするをれり。
 (隱公三年→)鄭の公子こつ、王[15]の所に在り。故に、陳侯、之にめあはせんと[16]。鄭伯、之を許す。すなはこんせり[17]

編集

  1. 公羊傳には、滕侯の名を書せざるは、微國なればなりと曰ふ。
  2. 亡君の終を告げ、位を嗣ぐの主を稱し、以て嗣君、先君に繼ぎて鄰好を修め、人民を休息せしむ。
  3. 禮經は禮の大法。
  4. 傳に時ならずと稱する者は、皆、冬を俟ちて城づくも亦可なる者、謂はゆる已むを得て而も已まざる者なり。凡そ難に備ふるに非ずして城づく者は、傳に、時なると時ならざるとを以て之を釋す。難に備ふる者は、則ち已むを得ざるあり、故に譏ること無し。
  5. 齊侯の弟なる年。
  6. 六年に在り。
  7. 公、邾を距みて更に鄭と平ぎ、鄭を以て援と爲さんと欲せしが、今、鄭復た宋と盟ふ、故に懼れて邾を伐ち、以て宋を求めんと欲す、故に宋の爲に討つと曰ふ。
  8. 進物。
  9. 周の卿士。
  10. 衞の地。
  11. 血を歃るに、心此に在らざる也。歃るは血を以て口の旁に塗る也。
  12. 鄭の洩駕。
  13. 盟に當りて惰慢なるをいふ。
  14. 鄭の大夫。
  15. 周王。
  16. 公子忽、王に寵あるが故に、陳人、婚を請ひしなり。
  17. 婚を許諾せり。