メインメニューを開く

和歌十體

一  古 體

小笠原みつのみまきにあるゝ駒のとればぞつなぐこの我袖とれ

和歌の浦に潮みち來れば潟をなみ葦邊をさしてたづ鳴きわたる

二  神 妙

わが君は千世にましませさゞれ石のいはほとなりて苔のむすまで

み山には霰ふるらし外山にはまさ木のかづら色づきにけり

三  直 體

何をして身のいたづらに老いぬらむ年の思はむことぞやさしき

秋來ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる

四  餘 情

我がやどの花見がてらに來る人は散りなむ後ぞ戀しかるべき

今來むといひしばかりに長月の有明の月を待ちいでつるかな

五  寫 思

君が住む宿の梢を行くと隱るゝまでにかへり見しかな

來ぬ人をしたに待ちつゝ久堅の月をあはれといはぬ夜ぞなき

六  高 情

冬ながら空より花の散り來るは空のあなたは春にやあるらむ

行きやらで山路くらしつ郭公いま一聲の聞かまほしさに

七  器 量

昨日こそ年は暮れしか春霞かすがの山にはや立ちにけり

梅の花それとも見えず久方のあまぎる雪のなべて降れゝば

八  比 興

雪のうちに春は來にけり鶯のこほれる淚いまやとくらむ

花の色は霞にこめて見えずとも香をだにぬすめ春の山風

九  花 體

梅が枝に來ゐる鶯春かけて鳴けども未だ雪は降りつゝ

花見にも行くべきものを青柳の糸にかゝりて今日も暮しつ

十  兩 方

山高み雲居に見ゆる櫻花心の行きてをらぬ日ぞなき

年を經て花のかゞみとなる水は散りかゝるをや曇るといふらむ

 右以宮内省圖書寮藏本書寫畢、昭和十五年一月。

このファイルについて編集

  • 底本は、佐々木信綱編著『日本歌学大系第一巻』第7版、1991年。