メインメニューを開く

巻三:夏


00135

[詞書]題しらす/このうた、ある人のいはく、かきのもとの人まろかなり

よみ人しらす(一説、かきのもとの人まろ)

わかやとの池の藤波さきにけり山郭公いつかきなかむ

わかやとの-いけのふちなみ-さきにけり-やまほとときす-いつかきなかむ


00136

[詞書]う月にさけるさくらを見てよめる

紀としさた

あはれてふ事をあまたにやらしとや春におくれてひとりさくらむ

あはれてふ-ことをあまたに-やらしとや-はるにおくれて-ひとりさくらむ


00137

[詞書]題しらす

よみ人しらす

さ月まつ山郭公うちはふき今もなかなむこそのふるこゑ

さつきまつ-やまほとときす-うちはふき-いまもなかなむ-こそのふるこゑ


00138

[詞書]題しらす

伊勢

五月こはなきもふりなむ郭公またしきほとのこゑをきかはや

さつきこは-なきもふりなむ-ほとときす-またしきほとの-こゑをきかはや


00139

[詞書]題しらす

よみ人しらす

さつきまつ花橘のかをかけは昔の人の袖のかそする

さつきまつ-はなたちはなの-かをかけは-むかしのひとの-そてのかそする


00140

[詞書]題しらす

よみ人しらす

いつのまにさ月きぬらむあしひきの山郭公今そなくなる

いつのまに-さつききぬらむ-あしひきの-やまほとときす-いまそなくなる


00141

[詞書]題しらす

よみ人しらす

けさきなきいまたたひなる郭公花たちはなにやとはからなむ

けさきなき-いまたたひなる-ほとときす-はなたちはなに-やとはからなむ


00142

[詞書]おとは山をこえける時に郭公のなくをききてよめる

きのとものり

おとは山けさこえくれは郭公こすゑはるかに今そなくなる

おとはやま-けさこえくれは-ほとときす-こすゑはるかに-いまそなくなる


00143

[詞書]郭公のはしめてなきけるをききてよめる

そせい

郭公はつこゑきけはあちきなくぬしさたまらぬこひせらるはた

ほとときす-はつこゑきけは-あちきなく-ぬしさたまらぬ-こひせらるはた


00144

[詞書]ならのいそのかみてらにて郭公のなくをよめる

そせい

いそのかみふるき宮この郭公声はかりこそむかしなりけれ

いそのかみ-ふるきみやこの-ほとときす-こゑはかりこそ-むかしなりけれ


00145

[詞書]題しらす

よみ人しらす

夏山になく郭公心あらは物思ふ我に声なきかせそ

なつやまに-なくほとときす-こころあらは-ものおもふわれに-こゑなきかせそ


00146

[詞書]題しらす

よみ人しらす

郭公なくこゑきけはわかれにしふるさとさへそこひしかりける

ほとときす-なくこゑきけは-わかれにし-ふるさとさへそ-こひしかりける


00147

[詞書]題しらす

よみ人しらす

ほとときすなかなくさとのあまたあれは猶うとまれぬ思ふものから

ほとときす-なかなくさとの-あまたあれは-なほうとまれぬ-おもふものから


00148

[詞書]題しらす

よみ人しらす

思ひいつるときはの山の郭公唐紅のふりいててそなく

おもひいつる-ときはのやまの-ほとときす-からくれなゐの-ふりいててそなく


00149

[詞書]題しらす

よみ人しらす

声はして涙は見えぬ郭公わか衣手のひつをからなむ

こゑはして-なみたはみえぬ-ほとときす-わかころもての-ひつをからなむ


00150

[詞書]題しらす

よみ人しらす

あしひきの山郭公をりはへてたれかまさるとねをのみそなく

あしひきの-やまほとときす-をりはへて-たれかまさると-ねをのみそなく


00151

[詞書]題しらす

よみ人しらす

今さらに山へかへるな郭公こゑのかきりはわかやとになけ

いまさらに-やまへかへるな-ほとときす-こゑのかきりは-わかやとになけ


00152

[詞書]題しらす

みくにのまち

やよやまて山郭公事つてむ我世中にすみわひぬとよ

やよやまて-やまほとときす-ことつてむ-われよのなかに-すみわひぬとよ


00153

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

紀とものり

五月雨に物思ひをれは郭公夜ふかくなきていつちゆくらむ

さみたれに-ものおもひをれは-ほとときす-よふかくなきて-いつちゆくらむ


00154

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

紀とものり

夜やくらき道やまとへるほとときすわかやとをしもすきかてになく

よやくらき-みちやまとへる-ほとときす-わかやとをしも-すきかてになく


00155

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

大江千里

やとりせし花橘もかれなくになとほとときすこゑたえぬらむ

やとりせし-はなたちはなも-かれなくに-なとほとときす-こゑたえぬらむ


00156

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

きのつらゆき

夏の夜のふすかとすれは郭公なくひとこゑにあくるしののめ

なつのよの-ふすかとすれは-ほとときす-なくひとこゑに-あくるしののめ


00157

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

みふのたたみね

くるるかと見れはあけぬるなつのよをあかすとやなく山郭公

くるるかと-みれはあけぬる-なつのよを-あかすとやなく-やまほとときす


00158

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

紀秋岑

夏山にこひしき人やいりにけむ声ふりたててなく郭公

なつやまに-こひしきひとや-いりにけむ-こゑふりたてて-なくほとときす


00159

[詞書]題しらす

よみ人しらす

こその夏なきふるしてし郭公それかあらぬかこゑのかはらぬ

こそのなつ-なきふるしてし-ほとときす-それかあらぬか-こゑのかはらぬ


00160

[詞書]郭公のなくをききてよめる

つらゆき

五月雨のそらもととろに郭公なにをうしとかよたたなくらむ

さみたれの-そらもととろに-ほとときす-なにをうしとか-よたたなくらむ


00161

[詞書]さふらひにてをのことものさけたうへけるに、めして郭公まつうたよめとありけれはよめる

みつね

ほとときすこゑもきこえす山ひこはほかになくねをこたへやはせぬ

ほとときす-こゑもきこえす-やまひこは-ほかになくねを-こたへやはせぬ


00162

[詞書]山に郭公のなきけるをききてよめる

つらゆき

郭公人まつ山になくなれは我うちつけにこひまさりけり

ほとときす-ひとまつやまに-なくなれは-われうちつけに-こひまさりけり


00163

[詞書]はやくすみける所にてほとときすのなきけるをききてよめる

たたみね

むかしへや今もこひしき郭公ふるさとにしもなきてきつらむ

むかしへや-いまもこひしき-ほとときす-ふるさとにしも-なきてきつらむ


00164

[詞書]郭公のなきけるをききてよめる

みつね

郭公我とはなしに卯花のうき世中になきわたるらむ

ほとときす-われとはなしに-うのはなの-うきよのなかに-なきわたるらむ


00165

[詞書]はちすのつゆを見てよめる

僧正へんせう

はちすはのにこりにしまぬ心もてなにかはつゆを玉とあさむく

はちすはの-にこりにしまぬ-こころもて-なにかはつゆを-たまとあさむく


00166

[詞書]月のおもしろかりける夜、あかつきかたによめる

深養父

夏の夜はまたよひなからあけぬるを雲のいつこに月やとるらむ

なつのよは-またよひなから-あけぬるを-くものいつこに-つきやとるらむ


00167

[詞書]となりよりとこなつの花をこひにおこせたりけれは、をしみてこのうたをよみてつかはしける

みつね

ちりをたにすゑしとそ思ふさきしよりいもとわかぬるとこ夏のはな

ちりをたに-すゑしとそおもふ-さきしより-いもとわかぬる-とこなつのはな


00168

[詞書]みな月のつこもりの日よめる

みつね

夏と秋と行きかふそらのかよひちはかたへすすしき風やふくらむ

なつとあきと-ゆきかふそらの-かよひちは-かたへすすしき-かせやふくらむ