メインメニューを開く

巻四:秋上


00169

[詞書]秋立つ日よめる

藤原敏行朝臣

あききぬとめにはさやかに見えねとも風のおとにそおとろかれぬる

あききぬと-めにはさやかに-みえねとも-かせのおとにそ-おとろかれぬる


00170

[詞書]秋たつ日、うへのをのこともかものかはらにかはせうえうしけるともにまかりてよめる

つらゆき

河風のすすしくもあるかうちよする浪とともにや秋は立つらむ

かはかせの-すすしくもあるか-うちよする-なみとともにや-あきはたつらむ


00171

[詞書]題しらす

よみ人しらす

わかせこか衣のすそを吹返しうらめつらしき秋のはつ風

わかせこか-ころものすそを-ふきかへし-うらめつらしき-あきのはつかせ


00172

[詞書]題しらす

よみ人しらす

きのふこそさなへとりしかいつのまにいなはそよきて秋風の吹く

きのふこそ-さなへとりしか-いつのまに-いなはそよきて-あきかせのふく


00173

[詞書]題しらす

よみ人しらす

秋風の吹きにし日より久方のあまのかはらにたたぬ日はなし

あきかせの-ふきにしひより-ひさかたの-あまのかはらに-たたぬひはなし


00174

[詞書]題しらす

よみ人しらす

久方のあまのかはらのわたしもり君わたりなはかちかくしてよ

ひさかたの-あまのかはらの-わたしもり-きみわたりなは-かちかくしてよ


00175

[詞書]題しらす

よみ人しらす

天河紅葉をはしにわたせはやたなはたつめの秋をしもまつ

あまのかは-もみちをはしに-わたせはや-たなはたつめの-あきをしもまつ


00176

[詞書]題しらす

よみ人しらす

こひこひてあふ夜はこよひあまの河きり立ちわたりあけすもあらなむ

こひこひて-あふよはこよひ-あまのかは-きりたちわたり-あけすもあらなむ


00177

[詞書]寛平御時、なぬかの夜うへにさふらふをのことも歌たてまつれとおほせられける時に、人にかはりてよめる

とものり

天河あさせしら浪たとりつつわたりはてねはあけそしにける

あまのかは-あさせしらなみ-たとりつつ-わたりはてねは-あけそしにける


00178

[詞書]おなし御時きさいの宮の歌合のうた

藤原おきかせ

契りけむ心そつらきたなはたの年にひとたひあふはあふかは

ちきりけむ-こころそつらき-たなはたの-としにひとたひ-あふはあふかは


00179

[詞書]なぬかの日の夜よめる

凡河内みつね

年ことにあふとはすれとたなはたのぬるよのかすそすくなかりける

としことに-あふとはすれと-たなはたの-ぬるよのかすそ-すくなかりける


00180

[詞書]なぬかの日の夜よめる

凡河内みつね

織女にかしつる糸の打ちはへて年のをなかくこひやわたらむ

たなはたに-かしつるいとの-うちはへて-としのをなかく-こひやわたらむ


00181

[詞書]題しらす

そせい

こよひこむ人にはあはしたなはたのひさしきほとにまちもこそすれ

こよひこむ-ひとにはあはし-たなはたの-ひさしきほとに-まちもこそすれ


00182

[詞書]なぬかの夜のあかつきによめる

源むねゆきの朝臣

今はとてわかるる時は天河わたらぬさきにそてそひちぬる

いまはとて-わかるるときは-あまのかは-わたらぬさきに-そてそひちぬる


00183

[詞書]やうかの日よめる

みふのたたみね

けふよりはいまこむ年のきのふをそいつしかとのみまちわたるへき

けふよりは-いまこむとしの-きのふをそ-いつしかとのみ-まちわたるへき


00184

[詞書]題しらす

よみ人しらす

このまよりもりくる月の影見れは心つくしの秋はきにけり

このまより-もりくるつきの-かけみれは-こころつくしの-あきはきにけり


00185

[詞書]題しらす

よみ人しらす

おほかたの秋くるからにわか身こそかなしき物と思ひしりぬれ

おほかたの-あきくるからに-わかみこそ-かなしきものと-おもひしりぬれ


00186

[詞書]題しらす

よみ人しらす

わかためにくる秋にしもあらなくにむしのねきけはまつそかなしき

わかために-くるあきにしも-あらなくに-むしのねきけは-まつそかなしき


00187

[詞書]題しらす

よみ人しらす

物ことに秋そかなしきもみちつつうつろひゆくをかきりと思へは

ものことに-あきそかなしき-もみちつつ-うつろひゆくを-かきりとおもへは


00188

[詞書]題しらす

よみ人しらす

ひとりぬるとこは草はにあらねとも秋くるよひはつゆけかりけり

ひとりぬる-とこはくさはに-あらねとも-あきくるよひは-つゆけかりけり


00189

[詞書]これさたのみこの家の歌合のうた

よみ人しらす

いつはとは時はわかねと秋のよそ物思ふ事のかきりなりける

いつはとは-ときはわかねと-あきのよそ-ものおもふことの-かきりなりける


00190

[詞書]かむなりのつほに人人あつまりて秋のよをしむ歌よみけるついてによめる

みつね

かくはかりをしと思ふ夜をいたつらにねてあかすらむ人さへそうき

かくはかり-をしとおもふよを-いたつらに-ねてあかすらむ-ひとさへそうき


00191

[詞書]題しらす

よみ人しらす

白雲にはねうちかはしとふかりのかすさへ見ゆる秋のよの月

しらくもに-はねうちかはし-とふかりの-かすさへみゆる-あきのよのつき


00192

[詞書]題しらす

よみ人しらす

さ夜なかと夜はふけぬらしかりかねのきこゆるそらに月わたる見ゆ

さよなかと-よはふけぬらし-かりかねの-きこゆるそらに-つきわたるみゆ


00193

[詞書]これさたのみこの家の歌合によめる

大江千里

月見れはちちに物こそかなしけれわか身ひとつの秋にはあらねと

つきみれは-ちちにものこそ-かなしけれ-わかみひとつの-あきにはあらねと


00194

[詞書]これさたのみこの家の歌合によめる

たたみね

久方の月の桂も秋は猶もみちすれはやてりまさるらむ

ひさかたの-つきのかつらも-あきはなほ-もみちすれはや-てりまさるらむ


00195

[詞書]月をよめる

在原元方

秋の夜の月のひかりしあかけれはくらふの山もこえぬへらなり

あきのよの-つきのひかりし-あかけれは-くらふのやまも-こえぬへらなり


00196

[詞書]人のもとにまかれりける夜、きりきりすのなきけるをききてよめる

藤原忠房

蟋蟀いたくななきそ秋の夜の長き思ひは我そまされる

きりきりす-いたくななきそ-あきのよの-なかきおもひは-われそまされる


00197

[詞書]これさたのみこの家の歌合のうた

としゆきの朝臣

秋の夜のあくるもしらすなくむしはわかこと物やかなしかるらむ

あきのよの-あくるもしらす-なくむしは-わかことものや-かなしかるらむ


00198

[詞書]題しらす

よみ人しらす

あき萩も色つきぬれはきりきりすわかねぬことやよるはかなしき

あきはきも-いろつきぬれは-きりきりす-わかねぬことや-よるはかなしき


00199

[詞書]題しらす

よみ人しらす

秋の夜はつゆこそことにさむからし草むらことにむしのわふれは

あきのよは-つゆこそことに-さむからし-くさむらことに-むしのわふれは


00200

[詞書]題しらす

よみ人しらす

君しのふ草にやつるるふるさとは松虫のねそかなしかりける

きみしのふ-くさにやつるる-ふるさとは-まつむしのねそ-かなしかりける


00201

[詞書]題しらす

よみ人しらす

秋ののに道もまとひぬ松虫のこゑする方にやとやからまし

あきののに-みちもまとひぬ-まつむしの-こゑするかたに-やとやからまし


00202

[詞書]題しらす

よみ人しらす

あきののに人松虫のこゑすなり我かとゆきていさとふらはむ

あきののに-ひとまつむしの-こゑすなり-われかとゆきて-いさとふらはむ


00203

[詞書]題しらす

よみ人しらす

もみちはのちりてつもれるわかやとに誰を松虫ここらなくらむ

もみちはの-ちりてつもれる-わかやとに-たれをまつむし-ここらなくらむ


00204

[詞書]題しらす

よみ人しらす

ひくらしのなきつるなへに日はくれぬと思ふは山のかけにそありける

ひくらしの-なきつるなへに-ひはくれぬと-おもふはやまの-かけにそありける


00205

[詞書]題しらす

よみ人しらす

ひくらしのなく山里のゆふくれは風よりほかにとふ人もなし

ひくらしの-なくやまさとの-ゆふくれは-かせよりほかに-とふひともなし


00206

[詞書]はつかりをよめる

在原元方

まつ人にあらぬものからはつかりのけさなくこゑのめつらしきかな

まつひとに-あらぬものから-はつかりの-けさなくこゑの-めつらしきかな


00207

[詞書]これさたのみこの家の歌合のうた

とものり

秋風にはつかりかねそきこゆなるたかたまつさをかけてきつらむ

あきかせに-はつかりかねそ-きこゆなる-たかたまつさを-かけてきつらむ


00208

[詞書]題しらす

よみ人しらす

わかかとにいなおほせとりのなくなへにけさ吹く風にかりはきにけり

わかかとに-いなおほせとりの-なくなへに-けさふくかせに-かりはきにけり


00209

[詞書]題しらす

よみ人しらす

いとはやもなきぬるかりか白露のいろとる木木ももみちあへなくに

いとはやも-なきぬるかりか-しらつゆの-いろとるききも-もみちあへなくに


00210

[詞書]題しらす

よみ人しらす

春霞かすみていにしかりかねは今そなくなる秋きりのうへに

はるかすみ-かすみていにし-かりかねは-いまそなくなる-あききりのうへに


00211

[詞書]題しらす/このうたは、ある人のいはく、柿本の人まろかなりと

よみ人しらす(一説、柿本の人まろ)

夜をさむみ衣かりかねなくなへに萩のしたはもうつろひにけり

よをさむみ-ころもかりかね-なくなへに-はきのしたはも-うつろひにけり


00212

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

藤原菅根朝臣

秋風にこゑをほにあけてくる舟はあまのとわたるかりにそありける

あきかせに-こゑをほにあけて-くるふねは-あまのとわたる-かりにそありける


00213

[詞書]かりのなきけるをききてよめる

みつね

うき事を思ひつらねてかりかねのなきこそわたれ秋のよなよな

うきことを-おもひつらねて-かりかねの-なきこそわたれ-あきのよなよな


00214

[詞書]これさたのみこの家の歌合のうた

たたみね

山里は秋こそことにわひしけれしかのなくねにめをさましつつ

やまさとは-あきこそことに-わひしけれ-しかのなくねに-めをさましつつ


00215

[詞書]これさたのみこの家の歌合のうた

よみ人しらす

おく山に紅棄ふみわけなく鹿のこゑきく時そ秋は悲しき

おくやまに-もみちふみわけ-なくしかの-こゑきくときそ-あきはかなしき


00216

[詞書]題しらす

よみ人しらす

秋はきにうらひれをれはあしひきの山したとよみしかのなくらむ

あきはきに-うらひれをれは-あしひきの-やましたとよみ-しかのなくらむ


00217

[詞書]題しらす

よみ人しらす

秋はきをしからみふせてなくしかのめには見えすておとのさやけさ

あきはきを-しからみふせて-なくしかの-めにはみえすて-おとのさやけさ


00218

[詞書]これさたのみこの家の歌合によめる

藤原としゆきの朝臣

あきはきの花さきにけり高砂のをのへのしかは今やなくらむ

あきはきの-はなさきにけり-たかさこの-をのへのしかは-いまやなくらむ


00219

[詞書]むかしあひしりて侍りける人の、秋ののにあひて物かたりしけるついてによめる

みつね

秋はきのふるえにさける花見れは本の心はわすれさりけり

あきはきの-ふるえにさける-はなみれは-もとのこころは-わすれさりけり


00220

[詞書]題しらす

よみ人しらす

あきはきのしたは色つく今よりやひとりある人のいねかてにする

あきはきの-したはいろつく-いまよりや-ひとりあるひとの-いねかてにする


00221

[詞書]題しらす

よみ人しらす

なきわたるかりの涙やおちつらむ物思ふやとの萩のうへのつゆ

なきわたる-かりのなみたや-おちつらむ-ものおもふやとの-はきのうへのつゆ


00222

[詞書]題しらす/ある人のいはく、この歌はならのみかとの御歌なりと

よみ人しらす(一説、ならのみかと)

萩の露玉にぬかむととれはけぬよし見む人は枝なから見よ

はきのつゆ-たまにぬかむと-とれはけぬ-よしみむひとは-えたなからみよ


00223

[詞書]題しらす

よみ人しらす

をりて見はおちそしぬへき秋はきの枝もたわわにおけるしらつゆ

をりてみは-おちそしぬへき-あきはきの-えたもたわわに-おけるしらつゆ


00224

[詞書]題しらす

よみ人しらす

萩か花ちるらむをののつゆしもにぬれてをゆかむさ夜はふくとも

はきかはな-ちるらむをのの-つゆしもに-ぬれてをゆかむ-さよはふくとも


00225

[詞書]是貞のみこの家の歌合によめる

文屋あさやす

秋ののにおくしらつゆは玉なれやつらぬきかくるくものいとすち

あきののに-おくしらつゆは-たまなれや-つらぬきかくる-くものいとすち


00226

[詞書]題しらす

僧正へんせう

名にめててをれるはかりそをみなへし我おちにきと人にかたるな

なにめてて-をれるはかりそ-をみなへし-われおちにきと-ひとにかたるな


00227

[詞書]僧正遍昭かもとにならへまかりける時に、をとこ山にてをみなへしを見てよめる

ふるのいまみち

をみなへしうしと見つつそゆきすくるをとこ山にしたてりと思へは

をみなへし-うしとみつつそ-ゆきすくる-をとこやまにし-たてりとおもへは


00228

[詞書]是貞のみこの家の歌合のうた

としゆきの朝臣

秋ののにやとりはすへしをみなへし名をむつましみたひならなくに

あきののに-やとりはすへし-をみなへし-なをむつましみ-たひならなくに


00229

[詞書]題しらす

をののよし木

をみなへしおほかるのへにやとりせはあやなくあたの名をやたちなむ

をみなへし-おほかるのへに-やとりせは-あやなくあたの-なをやたちなむ


00230

[詞書]朱雀院のをみなへしあはせによみてたてまつりける

左のおほいまうちきみ

をみなへし秋のの風にうちなひき心ひとつをたれによすらむ

をみなへし-あきののかせに-うちなひき-こころひとつを-たれによすらむ


00231

[詞書]朱雀院のをみなへしあはせによみてたてまつりける

藤原定方朝臣

秋ならてあふことかたきをみなへしあまのかはらにおひぬものゆゑ

あきならて-あふことかたき-をみなへし-あまのかはらに-おひぬものゆゑ


00232

[詞書]朱雀院のをみなへしあはせによみてたてまつりける

つらゆき

たか秋にあらぬものゆゑをみなへしなそ色にいててまたきうつろふ

たかあきに-あらぬものゆゑ-をみなへし-なそいろにいてて-またきうつろふ


00233

[詞書]朱雀院のをみなへしあはせによみてたてまつりける

みつね

つまこふるしかそなくなる女郎花おのかすむのの花としらすや

つまこふる-しかそなくなる-をみなへし-おのかすむのの-はなとしらすや


00234

[詞書]朱雀院のをみなへしあはせによみてたてまつりける

みつね

女郎花ふきすきてくる秋風はめには見えねとかこそしるけれ

をみなへし-ふきすきてくる-あきかせは-めにはみえねと-かこそしるけれ


00235

[詞書]朱雀院のをみなへしあはせによみてたてまつりける

たたみね

人の見る事やくるしきをみなへし秋きりにのみたちかくるらむ

ひとのみる-ことやくるしき-をみなへし-あききりにのみ-たちかくるらむ


00236

[詞書]朱雀院のをみなへしあはせによみてたてまつりける

たたみね

ひとりのみなかむるよりは女郎花わかすむやとにうゑて見ましを

ひとりのみ-なかむるよりは-をみなへし-わかすむやとに-うゑてみましを


00237

[詞書]ものへまかりけるに、人の家にをみなへしうゑたりけるを見てよめる

兼覧王

をみなへしうしろめたくも見ゆるかなあれたるやとにひとりたてれは

をみなへし-うしろめたくも-みゆるかな-あれたるやとに-ひとりたてれは


00238

[詞書]寛平御時、蔵人所のをのこともさかのに花見むとてまかりたりける時、かへるとてみな歌よみけるついてによめる

平さたふん

花にあかてなにかへるらむをみなへしおほかるのへにねなましものを

はなにあかて-なにかへるらむ-をみなへし-おほかるのへに-ねなましものを


00239

[詞書]これさたのみこの家の歌合によめる

としゆきの朝臣

なに人かきてぬきかけしふちはかまくる秋ことにのへをにほはす

なにひとか-きてぬきかけし-ふちはかま-くるあきことに-のへをにほはす


00240

[詞書]ふちはかまをよみて人につかはしける

つらゆき

やとりせし人のかたみかふちはかまわすられかたきかににほひつつ

やとりせし-ひとのかたみか-ふちはかま-わすられかたき-かににほひつつ


00241

[詞書]ふちはかまをよめる

そせい

ぬししらぬかこそにほへれ秋ののにたかぬきかけしふちはかまそも

ぬししらぬ-かこそにほへれ-あきののに-たかぬきかけし-ふちはかまそも


00242

[詞書]題しらす

平貞文

今よりはうゑてたに見し花すすきほにいつる秋はわひしかりけり

いまよりは-うゑてたにみし-はなすすき-ほにいつるあきは-わひしかりけり


00243

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

ありはらのむねやな

秋の野の草のたもとか花すすきほにいててまねく袖と見ゆらむ

あきののの-くさのたもとか-はなすすき-ほにいててまねく-そてとみゆらむ


00244

[詞書]寛平御時きさいの宮の歌合のうた

素性法師

我のみやあはれとおもはむきりきりすなくゆふかけのやまとなてしこ

われのみや-あはれとおもはむ-きりきりす-なくゆふかけの-やまとなてしこ


00245

[詞書]題しらす

よみ人しらす

みとりなるひとつ草とそ春は見し秋はいろいろの花にそありける

みとりなる-ひとつくさとそ-はるはみし-あきはいろいろの-はなにそありける


00246

[詞書]題しらす

よみ人しらす

ももくさの花のひもとく秋ののを思ひたはれむ人なとかめそ

ももくさの-はなのひもとく-あきののを-おもひたはれむ-ひとなとかめそ


00247

[詞書]題しらす

よみ人しらす

月草に衣はすらむあさつゆにぬれてののちはうつろひぬとも

つきくさに-ころもはすらむ-あさつゆに-ぬれてののちは-うつろひぬとも


00248

[詞書]仁和のみかとみこにおはしましける時、ふるのたき御覧せむとておはしましけるみちに遍昭かははの家にやとりたまへりける時に、庭を秋ののにつくりておほむ物かたりのついてによみてたてまつりける

僧正遍昭

さとはあれて人はふりにしやとなれや庭もまかきも秋ののらなる

さとはあれて-ひとはふりにし-やとなれや-にはもまかきも-あきののらなる