別れの一本杉

Wikipedia
ウィキペディア別れの一本杉のページがあります。

別れの一本杉(わかれのいっぽんすぎ)

  • 作曲:船村徹
  • 作詞:高野公男(著作権消滅)
  • 発表:1955年12月(歌:春日八郎
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。
  1. 泣けた 泣けた
    堪え切れずに 泣けたっけ
    あの娘と別れた 哀しさに
    山の懸巣も 啼いていた
    一本杉の
    石の地蔵さんのヨ 村はずれ
  2. 遠い 遠い
    思い出しても 遠い空
    かならず東京へ 着いたなら
    便りおくれと 言ったひと
    リンゴのような
    赤い頬っぺたのヨ あの涙
  3. 呼んで 呼んで
    そっと月夜にゃ 呼んでみた
    嫁にも行かずに この俺の
    帰りひたすら 待っている
    あの娘は幾つ
    とうに二十はヨ 過ぎたろに

出典編集

  • 春日八郎/三橋美智也『別れの一本杉/君は海鳥渡り鳥』(LPレコード)の歌詞カード



 

この著作物は、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


  ウィキソースのサーバ設置国であるアメリカ合衆国において著作権を有している場合があるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。アメリカ合衆国の著作権法上パブリックドメインの状態にあるか、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合したライセンスのもとに公表されていることを示すテンプレートを追加してください。