作者:宮崎湖処子

作者索引: み 宮崎湖処子
(元治元(1864) - 大正11(1922))
宮崎 湖処子(みやざき こしょし)は、日本の宗教家、小説家。本名は八百吉(やおきち)。1884年東京専門学校(早稲田大学)に入学。在学中に洗礼を受け、キリスト教の信者となる。卒業後、国民新聞の記者として主に文芸面を担当、批評をかく。その間に発表した小説『帰省』や詩集『湖処子詩集』が評判となる。その後、1897年ころから民友社をはなれ、キリスト教の伝道に力をつくした。— ウィキペディア日本語版宮崎湖処子」より。

翻訳編集

 

この作者の著作物の一部または全ては、1922年に著作者が亡くなっているため、著作権の保護期間が著作者の没後80年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この作者の著作物の一部または全ては、1927年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。