作者:太田道灌

作者索引: お 太田道灌
(永享4(1432) - 文明18(1486))
太田 道灌(おおた どうかん)は、室町時代後期に関東地方で活躍した武将。江戸城を築城したことで有名である。武将としても学者としても一流という定評があっただけに、謀殺されてこの世を去った悲劇の武将としても名高い。— ウィキペディア日本語版太田道灌」より。
太田道灌

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。