シャントレーヌ伯爵/第8章


第8章
編集

死から救われた娘のそばで、伯爵がどんな夜を過ごしたかは想像に難くない。伯爵夫人を失ったことをより強く感じていたとしても、聖人であり殉教者である哀れな母のことをマリーに話していたとしても、これらの悲しみはすべて計り知れない喜びと混ざり合っていた。

ケルナンは、その若者にこう言った。

- 「サーナイト、あなたは私の中に献身的な犬を持っています、そして、私のすべての血はあなたがそこで行ったことの代償にはなりません。」

妹の死によってもたらされたこの喜びは、彼にとって苦しいものだったのではないかと感じた。

朝になって、ケルナンは最も緊急を要することを考えた。あの家に留まっていては、老婦人の命を危険にさらすことになるから、家を出ることにした。当面は、姪のマリーの救出を優先した。

何をすべきかを議論した。

- 「ムッシュー・ル・コンテ、私は貧しい妹をドゥアルネーズ村の漁師小屋に安住させるように手配しましたが、あなたは来て、より良い日が来るのを待ったり、フランスを離れる機会を待ったりしませんか?」トレゴランのシュヴァリエが言った。

伯爵はケルナンを見た。

- 「ドアルネーズに行きましょう。アドバイスはいいですね。もし船に乗れなかったら、誰にも疑われないように身を隠すことにしましょう。」と後者は答えた。

- 「一刻の猶予も許されないし、シャントレーヌ夫人の安全をできるだけ早く確保する必要があるからです。」

- 「しかし、ドゥアルネーズでは、疑われないように住む場所を見つけることができるでしょうか?」

- 「そこには私の家族の古い使用人がいて、漁師をしています。彼は私たちを心から歓迎してくれますし、フランスを離れる機会が来るまで彼の家に滞在することができます。」

- ケルナンは「言われた通りにして、できるだけ早く出発しましょう。ドゥアルネーズから5リーグしか離れていないので、今日の夕方には到着できます。」と答えた。

伯爵は、娘に少しでも平穏な時間を与えたいと思い、この方針を承認した。しかし、マリーがあまりにも弱っているのを見て、旅の疲れに耐えられないのではないかと心配した。時折、足場の光景が鮮明にマリーの脳裏に浮かび、気絶しそうになった。僅かな音にも身震いした。しかし、父の愛撫とケルナンの愛撫で力を取り戻した彼女は、恐ろしい記憶を残したこの街を離れるためには、どんなことにも耐えられると宣言したのだ。

そして、彼女の身だしなみを整えることになった。

伯爵は老婦人に感謝の言葉を伝えた。この甲斐性のある女性は、彼女に農民服を提供することができた。マリー・ド・シャントレーヌが疑われないように、部屋に一人で残された若い娘は、この衣装を身につけた。頻繁な洗濯で擦り切れた赤い毛糸のストッキング、縞模様の毛糸のスカート、目の粗い帆布のエプロンで彼女をすっぽりと包んだ。

マリー・ド・シャントレーヌは17歳の少女で、涙で赤く染まった柔らかな青い目と、微笑もうとする魅力的な口元は、伯爵によく似ていた。投獄されている間、彼女は残酷な目に遭っていたが、注意深く観察していれば、彼女の本当の美しさに気づくだろう。処刑人の手で切り落とされた彼女の金髪の残りは、この国の流行に合わせて彼女の頭を包んでいたブルターニュ帽の下に簡単に隠れるようになっていた。エプロンの上部はボディスの上に折り返され、大きなピンで留められたタブで固定されていた。彼女の白い手は、疑われにくい色になるように土でこすられていた。

30分後にはトイレを済ませ、出発する準備をしていた。町の時計が鳴ったのは朝の7時で、まだ日が暮れる前だったが、逃亡者たちは老婦人に同情的な別れを告げた後、誰にも気づかれずに町を後にした。

まずは、オーディエヌからドゥアルネーズへの幹線道路にたどり着いた。ケルナンはこの国のことを熟知しているので、一行を遠回りさせたが、距離は長くても安全な道を歩かせていた。しかし、彼女が自分を支えるのがいかに大変だったかは容易に理解できた。苦しい監禁生活の間に奪われていたこの新鮮な空気を、彼女は肺の頂点まで吸い込んだが、それは彼女を眩暈させ、気前の良いワインのように酔わせた。

2時間ほど歩いたところで、やむを得ず立ち止まり、少しだけ休ませてもらう。逃亡者たちは立ち止まった。

- 「今日中には到着しないでしょう。」とケルナンは言った。

- 「いいえ、どこかの家に身を寄せざるを得ません。」と若者は言った。

- 「どうしても必要ならば、道端の日よけの下で数時間休んでいたい。」

- 「まだ数歩は歩けるけど、それが無理になったら教えてあげましょう。」

そして、私たちは中断していた散歩を再開した。雪はやんだが、寒かった。ケルナンは鹿の皮を脱ぎ捨て、少女の肩を覆った。

朝の11時頃、旅人はまだ2リーグも進んでいない。プロネイスの村はまだ通り過ぎていないし、田舎は荒れ果てていて、茅葺きの小屋さえ見当たらず、地面は真っ白なシートの下に完全に消えている。マリーは一歩も動けなかった。伯爵とシュヴァリエは上着を脱ぎ捨てて、彼女の足元を取り囲んだ。

夕方になってようやく、幹線道路に沿ってカーミングニーの村にたどり着き、ドゥアルネーズまではまだ1.5キロ以上あったが、寒さが厳しくなってきたので、マリーの意識がなくなってきたので、止むを得ず立ち寄った。

- 「彼女はこれ以上は無理だ!数時間の休息が必要です。」とケルナンは言った。

伯爵は道端に座り、子供を抱きかかえて、キスで暖めようとしていた。

- 「どうしよう!私たちを裏切るような人に、おもてなしを求めたくない。」とケルナンは言った。

- 「この国には我々を受け入れてくれる親切な人はいないのか?」

- 「残念ながら、そうではありません。農民に頼ることは、死に向かって走ることだ。青の兵隊は、少しでも疑われると耳を切り落としたり、足場に送ったりと、被差別者に庇護を与える者に対して恐ろしい行動をとる。」と騎士は答えました。

- ケルナンは、「トレゴラン氏の言うとおり、重要ではない我々の命ではなく、この子供の命を危険にさらすことになります。」と答えた。

- 伯爵は言った。「私が知っているのはただ一つ、娘が屋外で夜を過ごすことはできないということだ!寒さで死んでしまう。」

- さて、騎士は答えた。「私は村の家々に行って、ブルターニュ人の農民が恐怖でもてなしの心を失っていないかどうかを見てきます。」

- 「行け、ムッシュー・ド・トレゴラン!行け」と伯爵は両手を合わせ、「娘の命をもう一度救ってくれ!」と言った。

騎士は村に向かって疾走したが、夜だった。25分ほど走って、青年は最初の家にたどり着いたが、すべての家は閉まっていて静かだった。ドアや窓は慎重に塞がれていて、かすかな光も届かないようだった。

- 「彼らはどこにでもいるように、ここにも隠れている。」と青年は独り言を言った。

いくつかのドアをノックし、声をかけたが、返事はなかった。しかし、影に立ち上る煙の一部から、これらの家には人が住んでいるに違いないとわかったので、再びドアや窓をノックし、叫んだ。それは、答えないという選択だった。

騎士は心が折れなかった。瀕死の少女のことが目に焼き付いていたので、彼はすべての家を回り、一軒一軒ノックしていった。どこもかしこも同じ静けさです。青の兵隊の来訪を恐れることに慣れているこの村の住人は、誰一人として彼に門戸を開くことはないだろうと彼は理解していた。恐怖は、それが襲った人々を厳しく、残酷にした。

その結果、アンリ・ド・トレゴランは仲間と合流するだけでよかったので、必死の形相で戻ってきたのです。伯爵とマリーは、彼が去った後の状態ですぐに見つかりました。父親は溝の脇に座り、娘を抱きかかえて温めようとしていました。しかし、そんな気遣いとは裏腹に、彼女がだんだんと冷たくなっていくのを感じていた。青年が到着した直後、マリアの動かない姿に怯えた伯爵がマリアを見ると、意識を失っていました。

- 「何てこった!」と彼は叫んだ。

- 「まあ、この村は墓場ですからね。」

- 「樫の木の陰で夜を明かし、枯れ木で火を起こそうではないか。」

- 若者は「他に手段がありません。行きましょう!」と言った。

ケルナンは伯爵に計画を伝え、少女を抱きかかえ、二人の仲間に続いてオーディエルヌへの道を渡った。数分後、彼は雑木林に入り、乾いた枝が足元できしむ。アンリは道を空けるために先行した。

誰の目からも逃れるためには、森の奥深くに入っていく必要があった。歩いて15分ほどで、アンリは少女を保護できそうな大きな樫の木の空洞を見つけた。そこに彼女を丁寧に寝かせると、ケルナンがライターの火花を散らして、すぐに明るい火を灯した。

しかし、愛する人たちに囲まれている自分の姿を見ると、かすかな微笑みを浮かべ、すぐに眠りにつきました。

その夜、伯爵とケルナンと青年はずっと彼女を見守っていましたが、彼女はしっかりと覆われ、保護され、安らかに眠りにつきました。

ケルナンは枯れ枝の火を絶やさず、仲間はしゃがんだり横になったりして精一杯体を温めていたが、眠ることはできなかった。

騎士はシャントレーヌ伯爵に自分の家族の話をしましたが、それもつらい話でした。サン=ポール=ド=レオン出身のトレゴラン家は、1793年3月に町で起きた血なまぐさい戦いでほとんどが亡くなっており、父親のM.ド・トレゴランも剣で倒れた。トレゴランの父親は、カンクロー将軍がレスネブンへの道にあるケルギダフの反乱軍に切られた橋を元に戻そうとした時に、カンクロー将軍の大砲で機銃掃射された。この青年は父親のそばで殺されようとしたが無駄だった。姉の名を口にすると、アンリは涙をこらえきれず、伯爵は彼を抱きしめた。

そして、今度は彼が自分の不幸、城の略奪や伯爵夫人の死を語った。二人の話は不幸という共通の絆で結ばれていて、共和国が流している涙を一緒に流すことができた。

その夜はこうして過ぎていった。ケルナンは注意深く見張り、時には周囲の雑木林を叩いていた。しかし、幸運にもその日が来て、逃亡者たちはその隠れ家を出ることができた。

この数時間の休息と睡眠で少女は元気を取り戻し、歩けるほどの体力を得て、父親の腕にもたれて、朝8時には旅を再開したのだった。

9時、ケルナンは仲間を引き連れてプルアレ村でオーディエルヌ街道を出発した。30分後、小隊はドゥアルネーズの町の入り口に到着し、騎士は彼らを古い罪人の家に直接案内した。

訳注編集