シャントレーヌ伯爵/第10章


第10章
編集

1月は平穏に過ぎ、ロクメイエのホストたちは徐々に自信を取り戻していった。トレゴランは日に日に若い娘に強く惹かれていったが、マリーは彼の召使いであるため、他の繊細でない人が見せるような愛を隠すためにあらゆる注意を払っていた。

- 行われます。これ以上の幸運はありません。

ドアルネーズの村は静かで、この静けさが乱されたのは一度だけ、それも次のような状況の時だけだった。

川の対岸、ロクメイエの家の反対側に、半哩も離れていないところに、海岸に非常に近い、大きな未開の岩だけでできた島があった。その頂上に灯された火が、夜のうちに港への入り口を示していた。ケルナンは、漁師たちがこの島を恐れているようだと気づいた。

レパーコロニーかラザレットのようだった。それは本当の意味での禁忌であり、人々が恐れている場所であった。

漁師たちは時々こう言った。

- 「トリスタン島から風が吹き、海が悪くなり、複数の人が滞在することになります。」

この恐怖は明らかに不当なものであったが、それでもこの場所は危険で悲惨な場所であると考えられていた。時折、黒い服を着た男が岩の上をさまよっているのが目撃され、ドゥアルネーズの人々は彼を指差して叫んだからだ。

- 「いた!いた!いた!いた!いた」

このような叫びには、しばしば脅しが伴う。

- 漁師たちは「死ね!死ね!」と怒って繰り返した。

そして、黒服の男は小島の頂上にある荒廃した小屋に戻ってくる。

この出来事は何度か繰り返され、ケルナンが伯爵に指摘し、伯爵もロクメイエに質問した。

- 「ああ、見たのか?」

- 「男の社会から拒絶されているような不幸な男は誰なのか、教えてもらえないだろうか。」

- 「呪われたやつだよ」と漁師は威嚇するように答えた。

- 「しかし、どの呪われた男なのか」とケルナンは尋ねた。

- 「イヴェナート、スウェラー」

- 「どのイヴナート、どのスウェラー?」

- 「話さない方がいいですよ」と男は答えた。

この頑固な老人からは何も得られなかったが、2月の初めのある晩、ロクメイエ自身が考えたことで、この問題が取り上げられた。下の部屋の大きな火の前には、小さな世界のすべての人々が集まっていた。天気は悪く、外では雨と風が吹き荒れ、ドアや雨戸が痛む音が聞こえ、広い煙突からは大量の空気が流れ込み、炎と煙が部屋に入ってくる。

誰もが嵐の轟音を聞きながら深く考えていたが、男が独り言のように言った。

- 「豚には良い時間と良い夜を!?」

- 「ああ、あのイヴェナートのことですね」とアンリ。

- 「そうだけど、すぐに、まだ彼のことを話していたら、少なくとももう彼には会わないでしょうね」

- 「何が言いたい?」

- 「自分の声が聞こえます。」

そして、善良な男は、ある噂を聞きながら、自分の考え事に没頭していった。

- 「アンリあなたはこの不幸な男の話を知っているようだが、このイヴェナートとは誰なのか、この呪われた男とは誰なのか、教えてくれないだろうか?」と伯爵は言った。

- 「はい、アンリさん。彼のことは聞いたことがあります。トリスタン島で不幸な人を見たこともありますが、それ以上はわかりません。」と若い娘は言った。

- 「お嬢さん、このイヴナートは憲法違反の司祭で、よく言われるように盗みを働く者です。カンペールの自治体が彼を教区に据えるようになってからは、教区民の怒りから逃れるために、この島に避難する以外に方法がありませんでした。とトレゴランは答えた。

- 「ああ!彼は宣誓した司祭であり、聖職者の市民憲法を守っている司祭の一人だ!」と伯爵は叫んだ。

- 「あなたがおっしゃるとおりです、ムッシュー・ル・コンテ。だから、彼を擁立した武装勢力が去るや否や、この不幸な男がどうなったかはご覧のとおりです。彼は船で脱出し、この島の頂上に避難して、わずかな貝殻で生活しているのです。」とトレゴランは答えた。

- 「そして、どうやって逃げないのか」とケルナンは問いかけた。

- 「島には船を近づけさせないので、あの不幸な男は死んでしまう。」

- 「長くはかからないだろう」とロクメイエがつぶやいた。

- 「不幸な男だ!市民憲法に結集して得たものだ!この激動と恐怖の時代に司祭の崇高な役割を理解していないのだ!」と伯爵は深いため息をついた。

- 「そうだそれは崇高な使命だ!」とトレゴランは言った。

- 「確かに、聖なる大義のために武器を持って駆け出したヴェンデス人やブルターニュ人のそれよりも、さらに美しい。私はこの天の聖職者たちを間近で見たことがある。 戦闘の前にひざまずいて全軍を祝福し、赦しを与える彼らを見たことがある。 木の十字架、土の器、帆布の法衣を持って、寂しい丘の上でミサを行う彼らを見たことがある。その後、十字架を手に戦場に身を投じ、共和国の銃撃の下でも負傷者を助け、慰め、赦しを与える彼らを見たが、そこでは宗教的な儀式の華やかさの中で、以前よりも羨ましく思えた。」と伯爵は熱っぽく語った。

伯爵は殉教者の聖なる炎に生かされているかのようだった。彼の目はカトリックの熱気で輝き、人は彼の中に揺るぎない信念を感じた。

- 最後に、「この恐ろしい試練の時に、もし私が夫や父親になっていなかったら、私は司祭になりたいと思っていました。」

みんなで伯爵の顔を見た。輝いていた。

その時、嵐の音の中で、つまらない噂が聞こえてきた。人間の脅威が、風の脅威に混じっていたのだ。それでも優柔不断な音であったが、ロクメイエは相手を理解していたのか、立ち上がってこう言った。

- 「さて、ここからが本番です!」

- 「どうしたのですか。」とケルナンが言った。

扉を開けると、風で激しく後退したため、頑丈なブルターニュ人は扉を閉めるのにあまり力が入らなかった。

しかし、いくら外を見ても、海岸線には火のついた松明が風に揺れているのが見え、嵐の小休止の間には恐ろしい叫び声が聞こえてきた。夜には不吉なシーンが用意されていた。

革命以前のブルターニュでは、司祭は非常に崇拝されており、先進的な地方の聖職者に見られるような過剰な行為や権力の乱用には関与していませんでした。フランスのこの地域では、彼らは善良で、謙虚で、親切で、いわば最高の住民で構成されていました。1つの小教区に5人、時には12人の司祭がいた。つまり、フィニステール県だけで1500人以上の修道者がいたことになる。教区司祭(ブルターニュでは学長と呼ぶ)は、かなりの権力を持っていたが、それは考慮されていた。彼らは使用人を任命し、身分証明書、契約書、遺言書などを登録し、ほとんどの場合、取り除くことができず、多くの若い聖職者を配下に置き、農民と一緒に暮らし、宗教上の義務を教え、賛美歌を教えていた。

誓いの日が来て、聖職者の市民憲法が定められ、フランスのすべての聖職者がそれを遵守しなければならなくなったとき、フランスの聖職者は、誓いを立てた者とそうでない者に分かれた。後者は最も多く、宣誓を拒否したため、刑務所か追放かの選択を迫られた。不逞の輩を地区に連れてくる者には32リーブルの報酬が与えられ、最終的には1792年8月26日の法律で、彼らを一斉に追放することが決定された。

しかし、その憎しみは止むことなく、すぐに全員が捕らえられ、国外追放されるか、虐殺され、部門全体が旧友を奪われたのである。

これはフィニステールで起こったことで、聖職者は非常に厳しく追い詰められ、司祭はすぐに姿を消し、宗教の助けは全くなかった。

その後、自治体は憲法上の司祭を導入したが、教区民は彼らを受け入れることを拒否した。複数の場所で闘争と戦闘が行われ、農民は誓約者を追い払い、教区司祭の買収が何度も行われて血まみれになった。

1792年12月23日、ドゥアルネーズでは、カンペールの国民衛兵が司祭イヴナを拘束するためにやってきた。イヴナは悪い人間ではなく、むしろ、この不幸な宣誓事件の前は、常に尊厳を持って司祭職を全うしていた。

しかし、彼は悪態をつく人だったので、農民たちは彼を必要としなかった。彼らは理屈ではなく、感情の問題だったので、司祭のイヴェナートにとっては最初から問題が始まっていたのだ。長老会で仕える人がいない、鐘の弦が切られていて礼拝を鳴らせない、ミサに出たがる子供がいない、親戚も許してくれない、出なくてもいいと思っている、最後に聖なる犠牲のためのぶどう酒が足りない、宿屋の主人も売ってくれなかった。イヴェナートはできる限りのことをして、待っていましたが、何も得られませんでした。誰も彼に話しかけず、話しかけたとしても、彼を侮辱するためでした。侮辱から不遇へのステップは一つしかなく、それが実行されました。そして、迷信が絡んできました。彼らは、このスウェラーを邪悪な天才、呪われた者と見なし、嵐の原因を彼のせいにし、船の転覆の原因を彼のせいにしたのです。彼はトリスタン島に避難したが、漁師たちは彼を飢え死にさせてしまった。彼はこの孤立した岩の上で1ヶ月以上も暮らしており、粗悪な野菜を食べ、必要に応じて釣りをしていたが、慈善事業は彼には向いていないようだった。

しかし、農民たちの我慢も限界に達し、日々降りかかる災難に怒りが戻ってきたのである。ヴァンデ戦争で共和党の銃弾から逃れたブルターニュ人は、疲れ果て、傷つき、引きずるようにして故郷に戻り、悲惨さは増し、飢饉が国を脅かした。迷信的な地域では、このような多くの悪は、呪われた者に起因するとしか考えられません。この不幸な男を裸の岩の上に放置した後、憎しみが彼に向かった。どこまで行くのか、この粗野な農民からは予測できなかったのだ。そして、いよいよ爆発の日を迎え、先ほどケルナンが聞いた叫び声がそれを告げた。

アンリ・ド・トレゴランは、イヴェナートの人生の詳細を仲間たちに語っていた。そして、ケルナンが開いたドアから見たことを話すと、これらの脅迫が誓約者に宛てられたものであり、彼の命がかかっていることを理解した。

伯爵やその友人たちのような勇敢な人たちは、どんな欠点があろうとも、一人の男が全国民の怒りにさらされることなど思いもよらず、一斉に立ち上がりました。

- 「私の父よ」とマリーは叫んだ。

- 「犯罪を防ぐために」と伯爵は言った。

- デ・トレゴラン氏と私がここにいるので、姪のマリーは一人ではいられないのです。アンリさん、来てください。

- 若者は急いで伯爵と握手を交わし、ケルナンと一緒に外に飛び出したが、善良なロクメイユは首を振って反対した。

アンリとケルナンは、よりはっきりとした叫び声が届く側の浜辺に駆け下りた。そこでは、ポン・クロワ、プーラン、クロゾンの人々に混じって、ドゥアルネーズの人々が、女子供を連れて、樹脂を燃やした松明を揺らしながら、嵐の中を行進していました。

このブルターニュ人と青年は、うまく立ち回って群衆の最前列にいた。彼女を引き止めようと考えるのは狂気の沙汰であり、彼女の犠牲者を奪おうとする方がましだったのだ。

その時、最も苛立っていた漁師たちが、20人ほどの船に乗り込み、島に向かって漕ぎ出した。

浜辺に残っていた群衆が叫び、憎しみに満ちた叫び声が聞こえてきた。

- 「死ね! 死ね! 誓いの言葉!」

- 「ペンバスの一撃で彼の頭を壊す!?」

- 「呪われたものに良い一撃を!?」

この叫び声で目覚めた不幸な司祭は、自分の小屋を出て、出口のないこの島を走っているのが見えた。彼は、自分が恐ろしい死を運命づけられていると感じていた。

すぐに島に近づいてきて、松明を振りながら走ってきて、呪われた男に向かってきました。ケルナンは、最も復讐に燃えていたかのように、彼らの前にいた。

イヴェナートは、取り乱しながらも海に向かって逃げていたが、ついに岩に追い詰められ、もう逃げ場はなく、死ぬしかなかった。周囲には叫び声が響き渡り、その青ざめた顔には最後の1時間の苦悩が描かれていた。

2、3人の漁師が棒を振り上げて駆け寄ってきたが、ケルナンの方が早く、彼の腕を掴んで持ち上げ、彼と一緒に黒く泡立った波に身を投じた。

- 「ケルナン!」と騎士は叫んだ。

- 「死ね!死ね!」と叫んでいたのは、奈落の底に身をかがめていた加害者たちだった。犬のように溺れさせろ!

しかし、影に隠れて見えないケルナンは、泳げないイヴェナートを抱えて水面に上がり、彼を支え、司祭が意識を取り戻したところで「しっかり抱いてくれ」と声をかけた。

- 「強く抱きしめて」と彼に言った。

- グレース!」と不幸な男は叫んだ。

- 私はあなたを守りますI!

- あなた!?

- そうだ、海辺の地点に向かおう! 恐れるな! 私についてきなさい。

神父は、この予期せぬ助けに気づかず、ただ一つ、自分の命が救われることを理解した。闇の中で死の叫びが鳴り響く中、彼は頑丈な腕で泳ぐブルターニュにしがみついた。

30分後、ケルナンと神父は島のかなり下にある海岸に上陸した。神父は疲れ切っていた。

- 「歩けるのか」とブルターニュ人に聞かれた。

- イヴェナートは、「そうだ、そうだ」と言って、一生懸命になっていた。

- 「さて、野原に出て、家を避けて、夜を迎えよう! 朝、ブレストやカンペールの側であなたを見つけましょう。」

- 「しかし、あなたは誰ですか?」と神父は感謝の気持ちを込めて生き生きとしたアクセントで尋ねた。

- 「敵だよ、天があなたを憐れむなら、あなたを導いてくれますように。」とケルナンは答えた。

イヴェナトは救世主と握手をしようとしたが、救世主はすでにどこかへ行ってしまっていた。神父はその後、未開の平原に向かって体を引きずるようにして夜の闇に消えていった。

ケルナンは海岸に戻り、漁師たちの群れの中に戻っていった。

- 「呪われた!呪われた!」と100人の憎しみの声が聞こえてきた。

- 「死んだ!」とブルターニュ人が答えた。

この答えの後に大きな沈黙が訪れたが、ケルナンが青年の耳元で囁く声は誰にも聞こえなかった。

- 「彼は救われました、アンリさん! それは私が懺悔するための善行です。」

訳注編集