Wikisource:サンドボックス

サンドボックス
Gili Meno West Coast.jpg

サンドボックスはウィキソースで編集の仕方を練習するためのページです。プレビューでも編集結果は確認できますが、サンドボックスでは編集した内容が実際にどう保存されるのか試すことができます。自由に書き込んでみてください。

サンドボックスに書き込まれた内容は、砂浜に書かれた文字が波で消えていくように、時間と共に消去されます。

なお、著作権上問題のある書き込みや、ネチケットに反する書き込みはここでもご遠慮ください。悪質な場合、特定版削除となる可能性があります。

サンドボックスをリセットする

山吹色編集

山吹色の英語訳についてお聞きしたいです。 山吹色の英語訳は、golden yellowが正しく、bright yellowでは間違えです。なぜなら、画像検索でbright yellowを調べて見たら、一般に、黄色に全く赤みがかっていない色=レモン色っぽい黄色が数多く出て来ました。bright yellowの定義は、bright=明るい、輝かしい、光の明るさを加えた鮮やかな色(明るさに関する修飾語、ブライトトーン、高輝度の色)という意味で、単にyellowだけだといろんな黄色があって紛らわしく、bright yellow=明るい黄色、輝かしい黄色=定義的には黄色に全く赤みがかっていないので、つまり、一般にレモン色っぽい黄色になり、これだと山吹色に近くない色になってしまい、山吹色が失われ、認識を欠くものとなり、色として正しく当てはまりませんでした。こういう大混乱、意味不明が生じるわけです。山吹色とは、「ちょっと赤みがかった黄色。オレンジっぽい黄色。黄金色のような黄色」のことです。

濃い黄色と書くと、濃い=明るさに関する修飾語が多く、黄色から明るさをわずかに低くした色かと思われ、おかしいと思います。

golden yellowは、goldは、色相ではやや赤みがかった黄色に当たるので、golden yellowも赤みの方に片寄った黄色に限定されるからです。画像検索でgolden yellowを調べて見たら、やや赤みがかった黄色=オレンジ色と黄色の中間色=山吹色と同じ色になっていました。ちなみにJIS慣用色名のゴールデンイエローは、色相では山吹色よりオレンジ色に近い印象です。ですので山吹色の英語訳は、golden yellowが正しいです。bright yellowではありません。

でも、全ての翻訳サイト[翻訳アプリ]では、山吹色の英語訳が、ほとんどbright yellowになってて、golden yellowがあまりヒットしません。同じように、全ての和英辞典でも、山吹色の英語訳は、bright yellowが中心に使われているのが圧倒的に多く、golden yellowが少ししかヒットしないので、明らかに変です。

書籍の和英辞典では、山吹色の英語訳は、以下の通りです。 「ライトハウス和英辞典」「スーパーアンカー和英辞典」「ルミナス和英辞典」では、「bright yellow,gold」。 「デイリーコンサイス和英辞典」「フェイバリット和英辞典」「アドバンストフェイバリット和英辞典」「パーソナル和英辞典」「ウィズダム和英辞典」「サンライズクエスト和英辞典」「エクシード和英辞典」では、「bright yellow」のみ。 「プログレッシブ和英中辞典」「ジーニアス和英辞典 第3版」「ラーナーズプログレッシブ和英辞典」「新クラウン和英辞典」「新和英大辞典」「新和英中辞典」「旺文社和英中辞典」「ニュープロシード和英辞典」「オーレックス和英辞典」では、bright[golden]yellow。「bright[golden]yellow」とは、「bright yellowとgolden yellow」の2種類の略です。

ここで初めて出てきたのは「gold」で、goldだけだと、山吹色に金属光沢を合わせた色で、yellowが付いていないので、反射によって色の鮮やかさが異なり、マンセル表色系では表現できず、山吹色やゴールデンイエローと比較すると少しでもくすんだ色(黄土色に近い色)になってしまいます。

インターネットの内蔵和英辞典では、山吹色の英語訳は、以下の通りです。 「Weblio辞書」では、「golden yellow,bright yellow」。ネーミング辞典では「bright yellow,golden yellow,marigold」。「eigonary(直す前)」「実用・現代用語和英辞典(直す前)」では「bright yellow」のみ。「英辞郎 on the WEB」では、「bright yellow」と「gold」。「WEBSARU和英辞書」「bab.la辞書」「Linguee辞書」では「bright golden yellow」。

ここでもう1つ出てきたのは「bright golden yellow」で、意味は、「bright[golden]yellow」とは異なり、単にgolden yellowにbrightを付けたという意味で、golden yellowと同様、これも山吹色に当てはまりますが、長すぎて分かりにくく、ヒットがあまり無い気がします。golden yellowだと分かりやすくなり、書籍の和英辞典や画像検索、色名一覧やJIS慣用色名、一部の英和辞典などにもよくヒットします。英和辞典では、例として、リーダーズ英和辞典にgolden yellowの見出しがあり、その日本語訳は「明るい黄色,鮮黄色;黄橙色,やまぶき色」と書かれております。

翻訳サイト[翻訳アプリ]では、山吹色の英語訳は、以下の通りです。 「Weblio[Infoseekマルチ]翻訳」では、bright golden yellow。 「Google翻訳」では、yamabuki color,bright yellow。 「Bing翻訳」「Excite翻訳」「フレッシュアイ翻訳」「Naver Papago翻訳(直す前)」「みらい翻訳」ではbright yellow(ただし、「Naver Papago翻訳」や「みらい翻訳」では文章にするとgolden yellowになる場合もある。つまり、「bright[golden]yellow」と同じ)。 Baidu翻訳(百度翻訳)では、golden yellow,bright yellow,bright golden yellow、yellowの4種類に切替可。

また、色鉛筆・クーピー・絵の具では、山吹色の英語訳は「chrome yellow」で、これだと山吹色よりはちょっとでも赤みが抜けていて、黄色にかなり近いです。chrome yellowの日本語訳は「黄鉛」。またchrome yellowは本物だと耐候性が悪く、変色しやすいので、山吹色の英語に当てはまらないような気がします。

色見本をまとめてみますと、こうなります。

  • 山吹色…
  • bright yellow…
  • ウェブカラーのyellow=#FFFF00…
  • golden yellow(画像検索の場合)…
  • golden yellow(JIS慣用色名)…
  • bright golden yellow…
  • chrome yellow…
  • yellow…
  • 黄橙色…

結局、統一されていないのが問題なので、golden yellowは山吹色の英訳に通じにくいため、なんとなく混乱してしまいます。できれば、どうか直ちに全ての和英辞典や全ての翻訳サイト[翻訳アプリ]、色鉛筆、クーピー、絵の具などで、山吹色の英訳を、golden yellowに訂正し(他の言語も同様)、bright yellowを廃止していただけませんか? もし「たぶん無理です」と言われたら、誤解を無くすには、この色は山吹色とはいわずに「ゴールデンイエロー」か「黄橙(色)」という別の呼び方でなければならない時期です。つまり、この色は正確には山吹色ではなく「ゴールデンイエロー(旧・山吹色)」でなければならないため、色名の呼び方が一つ減ってしまい、もう大変なことになります。直ちにbright yellowを廃止して、golden yellowに直してください!