Page:Naobinomitama4.pdf/8

このページは校正済みです

の物知人さへに、是をえさとらずて、かの道てふことある漢國をうらやみて、シヒてこゝにも道ありと、あらぬことゞもをいひつゝアラソふは、たとへば猿どもの人を見て、なきぞとわらふを、人のハヂて、おのれもはある物をといひて、こまかなるをしひてモトメイデて見せて、あらそふが如し、きが貴きをえしらぬシレモノのしわざにあらずや、

然るをやゝクダりてフミといふ物ワタリマヰキて、マナびよむ事ハジまりてノチ國のてぶりをならひて、やゝ萬のうへにまじへ用ひらるゝ御代になりてぞ、大御國の古オホ御てぶりをば、トリワケカミノ道とはなづけられたりける、そはかのトツクニミチにまがふがゆゑに、カミといひ、又かの名をりて、こゝにも道とはいふなりけり、

神の道としもいふユヱは、下につばらかにとく、

しかありて御代々々をるまゝに、いやますに、そのカラクニのてぶりをしたひまねぶこと、サカリになりもてゆきつゝ、つひに天の下シロシオホミワザもゝはらカラザマナリはてゝ、