Page:Naobinomitama4.pdf/5

このページは校正済みです

いふ物も、其ムネをきはむれば、たゞ人の國をうばゝむがためと、人に奪はるまじきかまへとの、二にはすぎずなもある、そも人の國を奪ひ取むとはかるには、よろづに心をくだき、身をくるしめつゝ、ヨキことのかぎりをして、モロビトをなづけたる故に、聖人はまことにヨキヒトめきて聞え、又そのつくりおきつる道のさまも、うるはしくよろづにたらひて、めでたくは見ゆめれども、まづオノレからその道にソムきて、君をほろぼし、國をうばへるものにしあれば、みないつはりにて、まことはよき人にあらず、いともいともアシき人なりけり、もとよりしかキタナき心もて作りて、人をあざむく道なるけにや、後人も、うはべこそたふとみしたがひがほにもてなすめれど、まことには一人もマモりつとむる人なければ、國のたすけとなることもなく、其名のみひろごりて、つひに世にオコナはるゝことなくて、聖人の道は、たゞいたづらに人をそしる世々のズサどもの、さへづりぐさとぞなれりける、然るに儒者の、たゞ六經などいふ書をのみとらへて、彼國をしも、道タヾしき國ぞと、いひのゝしるは、いたくたがへることなり、かく道といふことを作りてタヾすは、もと道の正しからぬが故のわざなるを、かへりてたけきことに思ひ