Page:Naobinomitama4.pdf/3

このページは校正済みです

カムながらヤスクニタヒラけくシロシしける大御國になもありければ、

書紀のナニハノナガラノミカドノミマキに、カムナガラトハイフカミノミチニシタガヒタマヒテオノヅカラカミノミチアルヲ也とあるを、よく思ふべし、神道にシタガふとは、天ヲサめ賜ふしわざは、たゞ神代より有こしまに、物し賜ひて、いさゝかもさかしらをクハへ給ふことなきをいふ、さてしか神代のまにオホらかにシロシせば、おのづから神の道はたらひて、ホカにもとむべきことなきを、オノヅカラとはいふなりけり、かれアキツミカミオホヤシマグニしろしめすと申すも、其御世々々の天皇のミヲサメ、やがて神のミヲサメなる意なり、萬葉集の歌などに、カムナガラシカとあるも、同じこゝろぞ、カミグニカラビトの申せりしも、ウベにぞ有ける、

オホミヨには、ミチといふコトアゲもさらになかりき、

フルコトに、あしはらのミヅホの國は、カムながらコトアゲせぬ國といへり、

はたゞ物にゆく道こそ有けれ、

ミチとは、此記にウマシミチと書る如く、ヤマヂヌヂなどのに、てふ言をソヘたるにて、たゞ物にゆく路ぞ、これをおきては、上代に、道といふものはなかりしぞかし、

物のことわりあるべきすべ、ヨロヅヲシへごとをしも、ナニの道くれの道といふこ