Page:Naobinomitama4.pdf/25

このページは校正済みです

又神の坐トコロなどにこそ、かつも此イミは物すめれ、なべては然る事さらになきは、火のケガレなどいふをば、オロカなることゝおもふ、なまさかしらなるカラゴゝロのひろごれるなり、かくてカミノミフミトキヲシふる世々のモノシリビトたちすら、たゞカラゴゝロの理をのみ、うるさきまで物して、此イミコトをしも、なほざりにすめるは、いかにぞや、

ほどにあるべきかぎりのわざをして、オダヒしくタヌシく世をわたらふほかなかりしかば、

かくあるほかに、ナニヲシヘごとをかもまたむ、抑みどりに物敎へ、又テビトヾモモノツクるすべ、其外よろづのコトナルワザなどを敎ふることは、上代にも有けむを、かの儒佛などのヲシヘゴトも、いひもてゆけば、これらとコトなることなきにたれども、ワキマふれば同じからざることぞかし、

今はた其道といひて、コトに敎ウケて、おこなふべきわざはありなむや、

然らば神の道は、からくにの老莊が意にひとしきかと、或人の疑ひへるに、答けらく、かの莊老がともは儒者のさかしらをうるさみて、オノヅカラなるをたふとめば、おのづからたることあり、されどかれらも、大御神の御國ならぬキタナキクニに生