Page:Naobinomitama4.pdf/23

このページは校正済みです

と云てマグハヒせぬことになも定まりぬる、されば今世にして、オカさむこそアシからめ、古は古の定まりにしあれば、アダシクニサダメノリとして、アゲツラふべきことにあらず、

いにしへの大御代には、しもがしもまで、たゞ天皇の大御心を心として、

天皇のオモホシメス御心のまにツカヘマツリて、オノが私心はつゆなかりき、

ひたぶるにオホミコトをかしこみゐやひまつろひて、おほみうつくしみのミカゲにかくろひて、おのもオヤガミイツキマツリつゝ

天皇のオホオヤカミミマヘイツキマツリがごとく、オミムラジヤソトモノヲ、天下のオホミタカラに至るまで、オノ祖神を祭るは常にて、又天皇のミカドのため天下のために、アマツカミクニツカミモロをも祭が如く、下なる人どもゝ、事にふれては、サチモトむと、ヨキ神にこひねぎ、マガをのがれむと、アシキ神をもナゴめ祭り、又たま身にツミケガレもあれば、ハラヒキヨむるなど、みな人のコヽロにして、かならず有べきわざなり、然るを心だにまことの道にかなひなば、など云めるすぢは、佛の敎へ儒のコヽロにこそ、さることもあらめ、神の道には、イタくそむけり、又アダシクニには、神を祭るにも、たゞ理をサキにして、さまアゲツラヒあり、