Page:Naobinomitama4.pdf/16

このページは校正済みです

らむ、王のみならず、おほかたタフトきいやしきスヂさだまらず、周といひし代までは、封建のサダメとかいひて、此ワキありしがごとくなれど、それも王のスヂかはれば、下までも共にかはりつれば、まことはワキなし、秦よりこなたは、いよゝ此道たゝず、みだりにしてイヤシヤツコムスメも、君のメデのまにタチマチキサキの位にのぼり、王のムスメをも、すぢなきヲノコにあはせて、ハヂともおもへらず、又キノフまでヤマガツなりし者も、ケフはにはかに國の政とるタカキツカサにもなりノボるたぐひ、凡てタカキイヤシき品さだまらず、トリケモノのありさまにコトならずなもありける、

そも此道は、いかなる道ぞとタヅぬるに、天地のおのづからなる道にもあらず、

をよくわきまへて、カラクニの老莊などがコヽロと、ひとつにな思ひまがへそ、

人の作れる道にもあらず、此道はしも、カシコきやタカミムス神のミタマによりて、

中にあらゆる事も物も、ミナコトに此大神のみたまより成れり、

カムロギイザナギノ大神イザナミノ大神の始めたまひて、

よのなかにあらゆる事も物も、此二柱大神よりはじまれり、