Page:Naobinomitama4.pdf/15

このページは校正済みです

アマツヒツギタカミクラは、

天皇のミツイデを日嗣と申すは、日神の御心を御心として、其ミシワザツギが故なり、又そのミクラを高御座と申すは、唯に高き由のみにあらず、日神の御座なるが故なり、日には、タカヒカルともタカヒともヒダカとも申すフルコトのあるを思へ、さて日神の御座を、ツギに受傳へ坐て、其御座にオホマシます天皇命にませば、日神にヒトシく坐ことウツナし、かゝれば、天津日神のおほみうつくしみをカヾフらむ者は、タレしか天皇命には、カシコヰヤタフトみて、ツカヘマツらざらむ、

あめつちのむた、ときはにかきはにウゴく世なきぞ、此道のアヤシクスシく、アダシクニの萬の道にすぐれて、タヾしきタカタフトシルシなりける、

漢國などは、道てふことはあれども、道はなきが故に、もとよりみだりなるが、世世にます亂れみだれてツヒにはカタヘの國人に國はことくうばはれはてぬ、は夷狄といひてイヤシめつゝ、人のごともおもへらざりしものなれども、いきほひつよくして、うばひ取つれば、せむすべなく天子といひて、アフるなるは、いともあさましきありさまならずや、かくてもズサはなほよき國とやおもふ