Page:Naobinomitama4.pdf/14

このページは校正済みです

く坐まさば、まつろひそとはノリたまはずあれば、く坐むもアシく坐むも、カタハラよりうかゞひはかり奉ることあたはず、天地のあるきはみ、月日のテラす限は、いく萬代をても、ウゴき坐ぬ大君に坐り、故フルコトにも、ソノヨの天皇をしも神と申して、マコトに神にし坐ませば、ヨキアシうへのアゲツラひをすてゝ、ひたぶるにカシコウヤママツロフぞ、まことの道には有ける、然るを中ごろの世のみだれに、此道にソムきてカシコくもオホミカドイムカひて、スメラミコトをなやまし奉れりし、北條義時泰時、又足利尊氏などが如きは、あなかしこ、天照日大御神のオホミカゲをもおもひはからざるキタナヤツコどもなりけるに、マガビノ神の心はあやしき物にて、世人のなびき從ひて、ウミノコの末まで、しばらくサカヲリしことよ、抑此世を御照し坐ます天津日神をば、必たふとみ奉るべきことをしれども、天皇を必カシこみ奉るべきことをば、しらぬヤツコもよにありけるは、カラブミゴゝロにまどひて彼國のみだりなるナラハシを、かしこきことにおもひて、正しき皇國の道をえしらず、今世を照しまします天津日神卽天照大御神にましますことをウケず、今の天皇、すなはち天照大御神の御子に坐ますことをワスれたるにこそ、