Page:Naobinomitama.pdf/9

このページはまだ校正されていません

おしはかりに作りかまへたる物なれば、うち聞には、ことわりフカげにきこゆめれども、カレカキツハナれて、外よりよく見れば、ナニばかりのこともなく、中〻にアサはかなることゞもなりかし。されどムカシも今も世人の、此カキツマヨヒイリて、イデハナれぬこそくちをしけれ。大御國のコトは、神代より傳へしまゝにして、いさゝかも人のさかしらをクハへざる故に、うはベはたゞアサと聞ゆれども、マコトにはそこひもなく、人のサトリハカラぬ、深きタヘなる理のこもれるを、其意をえしらぬは、かのカラクノブミカキツにまよひる故なり。をいではなれざらむほどは、たとひモヽトセチトセチカラをつくしてモノマナぶとも、道のためには、何のシルシなきいたづらわざならむかし。但し古書は、みなカラブミにうつして書たれば、彼國のことも、一わたりは知てあるべく、モジのことなどしらむためには、カラブミをも、いとまあらば學びつべし。ミクニダマシヒの定まりて、たゞよはぬうへにては、サマタゲはなきものぞ。

カレおのがミヽウケオコナふべき神道〻の敎などいひて、くさものすなるも、みなかの道のをしへごとをうらやみて、近き世にかまへ出たるわたくしごとなり。

ことしくヒメゴトなど云て、人えりしてヒソカに傳ふるタグヒなど、皆後世にイツハリツクれることぞ。凡てよきことは、いかにも世に廣まるこそよけれ。ひめかくして、あまねく人に知せず、オノワタクシモノにせむとするは、いとこゝろぎたなきわざなりかし。

あなかしこ、オホキミの天下しろしめす道を、シモシモとして、オノがわたくしの物とせむことよ。

下なるモノは、かにもかくにもたゞ上の御おもむけにシタガるこそ、道にはかなへれ。たとへ神の道のオコナひの、コトにあらむにても、を敎へ學びて、コトに行ひたらむは、上にしたがはぬ私事ならずや。

人はみな、ムスビノ神のミタマによりて、ウマれつるまに、身にあるべきかぎりのワザは、おのづから知てよくる物にしあれば、

ヨノナカイキとしいける物、鳥蟲に至るまでも、オノが身のほどに、必あるべきかぎりのわざは、ムスビノ神のみたまにヨリて、おのづからよく知てなすものなる中にも、人は殊にすぐれたる物とうまれつれば、又しかスグれたるほどにかなひて、知べきかぎりはしり、すべきかぎりはする物なるに、いかでか其をなほシヒることのあらむ。敎によらずては、えしらずえせぬものといはゞ、人は鳥蟲におとれりとやせむ。いはゆる仁義禮讓孝悌忠信のたぐひ、皆人の必あるべきわざなれば、あるべき限は、敎をからざれども、おのづからよく知てなすことなるに、かの聖人の道は、もと治まりがたき國を、しひてをさめむとして作れる物にて、人の必べきかぎりをスギて、なほきびしく敎へたてむとせるシヒゴトなれば、まことの道にかなはず。カレクチには人みなことしくイヒながら、まことにシカオコナふ人は、世〻にいと有