Page:Naobinomitama.pdf/8

このページはまだ校正されていません

りさまにコトならずなもありける。

そも此道は、いかなる道ぞとタヅぬるに、天地のおのづからなる道にもあらず、

をよくわきまへて、かのカラクニの老莊などがコヽロと、ひとつにな思ひまがへそ。

人の作れる道にあらず。此道はしも、カシコきやタカミムスビノ神のミタマによりて、

中にあらゆる事も物も、ミナコトに此大神のみたまより成れり。

カムロギイザナギノ大神イザナミノ大神の始めたまひて、

よのなかにあらゆる事も物も、此二柱大神よりはじまれり。

天照大御神のウケたまひたもちたまひ、傳へ賜ふ道なり。カレココヲモテ神の道とは申すぞかし。

道と申す名は、書紀のイハレノイケノベノ宮の御卷に、始めて見えたり。されどは只、神をいつき祭りたまふことをさして云るなり。さて難波長柄宮の御卷に、カムナガラトハシタガヒ玉ヒテオ ルヲ也とあるぞ、まさしく皇國の道を廣くさしていへる始なりける。さて其由は、上に引ていへるが如くなれば、其道といひて、ことなるオコナひのあるにあらず。さればたゞ神をいつき祭りたまふことをいはむも、いひもてゆけば一むねにあたれり。然るを、からぶみに、聖人設ケテ神道、といふ言あるを取て、コヽにもナヅけたりなどいふめるは、ことのこころしらぬみだりゴトなり。其故は、まづ神とさすもの、コヽカシコと始より同じからず。かの國にしては、いはゆる天地陰陽の、ハカリガタアヤシきをさしていふめれば、たゞムナシき理のみにして、たしかに其物あるにあらず。さて皇國の神は、今のヲツヽアメノシタシロシメス、天皇のミオヤに坐て、さらにかのムナシき理をいふ類にはあらず。さればかのカラブミなる神道は、ハカリガタクくあやしき道といふこゝろ、皇國の神道は、ミオヤノ神の、始め賜ひたもち賜ふ道といふことにて、其意いたくコトなるをや。

さて其道の意は、此フミをはじめ、もろイニシヘブミどもをよくアヂハひみれば、今もいとよくしらるゝを、世〻のものしりびとゞもの心も、みな禍津日神にまじこりて、たゞからぶみにのみマドひて、思ひとおもひいひといふことは、みなホトケカラとのコヽロにして、まことの道のこゝろをば、えさとらずなもある。

は道といふコトアゲなかりし故に、古書どもに、つゆばかりもミチしきコヽロコトバも見えず。カレトネノミコを始め奉て、世〻のモノシリビトども、道の意をえとらへず、たゞかのミチしきことこちたく云る、からブミコトのみ、心のソコにしみツキて、を天地のおのづからなる理と思る故に、すがるとは思はねども、おのづからそれにまつはれて、カナタへのみ流れゆくめり。さればアダシクニの道を、道のタスクとなるべき物と思ふも、卽心のかしこへウバはれつるなりけり。大かた漢國のコトは、かの陰陽乾坤などをはじめ、モロ皆、もと聖人どものオノサトリをもて、