Page:Naobinomitama.pdf/10

このページはまだ校正されていません

がたきを、天理のまゝなる道と思ふは、いたくたがへり。又其道にそむける心を、人慾といひてにくむも、こゝろえず。そもその人慾といふ物は、いづくよりいかなる故にていできつるぞ。それも然るべき理にてこそは、イデキたるべければ、人慾も卽天理ならずや。又モヽツギても、同ウヂどちマグハヒすることゆるさずといふサダメなど、かの國にしても、上代より然るにはあらず。周の代のさだめなり。かくきびしく定めたる故は、國のナラハシあしくして、オヤハラカラなどのアヒダにも、みだりなる事のみツネ多くて、ワキなく治まりがたかりし故なれば、かゝるサダメのきびしきは、かへりて國のハヂなるをや。すべてナニの上にも、サダメキビシきは、オカすもゝの多きがゆゑぞかし。さて其サダメサダメと立しかども、まことの道にあらず。人のコヽロにかなはぬことなる故に、したがふ人いとまれなり。ノチはさらにもいはず、はやく周の代のほどにすら、諸侯といふきはの者も、これを破れるが多ければ、ましてつぎつぎはしられたり。姉妹などにさへタハけしアトもある物をや。然るをズサどもの、昔よりかく世人の守りあへぬことをば忘れて、いたづらなるさだめのみをとらへて、たけきことにいひ思ひ、又皇國をしひてイヤしめむとして、ともすれば、古兄弟まぐはひせしことをいひ出て、トリケモノのふるまひぞとそしるを、コヽモノシリヒトたちも、是をばこゝろよからず、御國のあかぬことに思ひて、かにかくにいひまぎらはしつゝ、いまださだかにコトワトケることもなきは、かの聖人のさかしらを、かならずサルベキコトワリと思ひなづみて、なほ彼にへつらふ心あるがゆゑなり。もしへつらふこゝろしなくば、彼と同じからぬは、なにごとかあらむ。抑皇國の古は、たヾハラカラをのみキラひて、コトハライモセなどミアヒマシしことは、天皇を始め奉て、おほかたよのつねにして、イマノミヤコになりてのこなたまでも、すべてイムことなかりき。但しタフトイヤシきへだては、うるはしく有て、おのづからみだりならざりけり。これぞこのカムロギの定め賜へる、正しきマコトの道なりける。然るを後世には、かのから國のさだめを、いさゝかばかり守るげにて、コトハラなるをもイモセと云て、マグハヒせぬことになも定まりぬる。されば今世にして、オカさむこそアシからめ、古は古の定まりにしあれば、アダシクニサダメノリとして、アゲツラふべきことにあらず。

いにしへの大御代には、しもがしもまで、たゞ天皇の大御心を心として、

天皇のオモホシメス御心のまにツカヘマツリて、オノが私心はつゆなかりき。

ひたぶるにオホミコトをかしこみゐやびまつろひて、おほみうつくしみのミカゲにかくろひて、おのもおのもオヤガミイツキマツリつゝ、

天皇の、オホオヤガミミマヘイツキマツリがごとく、オミムラジヤソトモノヲ、天下のオホミタカラに至るまで、オノ祖神を祭るは常にて、又天皇の、ミカドのため天下のために、アマツカミクニツカミモロをも祭